金、銀、プラチナ、まだ買うのか?Youtube 07/09

こんにちは!

皆さん、高橋ダンです。

※このブログ投稿では、ダンさんの意思でこの構成になっていると思うので結論を先出しにしたりせずに、そのまま原文のままお楽しみいただく構成になっています。

元のYoutube動画はこちらです。

はじめに

金!銀!プラチナ!(なんか、ミュージックビデオみたいだね。自分も乗るところだった笑)

今すごく暴騰しています。

特に金が今1800ドルを突破しています。

僕はみんなに金を何回も何回もおすすめして、僕は2015年から金を買っています。

一切もひとつも売っていない。

5000ドルまでいくと思う。

このビデオを初めて見る人は、What’s!!!!? なんだこのCrazyなやつはって思うかもしれないけど。

過去の僕のビデオを見てください。

僕は、分析して計算をして、データをして、これはエモーショナル(感情)的ではなくちゃんと計算したものです。この数字5000ドル。

で、今のチャートを見るとこれからどうなるのか。

この動きはどういう意味なのか。

もしくは、あなたは少し売ってもいいのか。

銀とプラチナはどう思う?

これを全て、できるだけ15分に簡潔に収めたいと思うので、これからもよろしくお願いいたします。

自己紹介

新しい視聴者の皆さん。

僕は、ウォール街の人間。ヘッジファンドを立ち上げて、売却して、色々なところを周って東京に半年くらい前に戻ってきてYoutubeを立ち上げたばかり。

これからもよろしくお願いいたします。

ぜひ、チャンネル登録をよろしくおねがいします。

テーマ

今日の話題は4つです。

1.金がこれからどう動くか

2.銀がこれからどう動くか(金と比べて比率を見るとどう動いているのか)

3.プラチナもチャートを見てみる(金と比べてみる)

4.僕のおすすめ

その後に英語版の通訳もやるので、歯ブラシをしながらでもぜひ見てください。

OK!早速始めましょう。

1.金がこれからどう動くか

金のチャートが今どうなっているのか。

新しい視聴者の皆さん、もしくは金に詳しくない人。

金は、通貨でもあり、コモディティでもある特別な金融商品です。

ぜひ、僕の過去の動画を見てください。

一応、このビデオの動画の最後に載せておきますね。

過去のビデオ。僕もう何回も出しています。

金は僕は大好きです。

歴史的に何千年も金はお金として使われています。

通貨としても認識されています。人種、すべて、どこでも、歴史的に。

エジプト時代から、5000年くらい前から。

で、今の金融緩和を見ていると、金はとても上がる確率が高いと思います。

歴史を見ると、中央銀行がこの11年間、12年間やってる金融緩和を見ていると、これはマネーサプライが上がるとだいたい金は上がっています。

だいたいいつもって変な日本語だね笑

ほとんど!

確率的には歴史を見ると上がっています。

しかも、めちゃめちゃ上がります。

で、今のパターンのチャートで見ると、同じ風に動いています。

金のチャートを見ると。

まず、5年間で見てみると。

f:id:TakahitoNakashima:20200710003239p:plain

金は、一応ピークしたのは2011年。

だいたい$1900。

その後にダウンサイクルを始めていた。

僕は2011年のときずっと見ていて、買いたくてしょうがなかったんです。

歴史を読み始めていたから。

でもやっぱ、ウォール街で数年間始めていたのでバカではなかったので待っていたんです。数年間。

で、下がるのを待って、我慢して我慢して我慢して$1200くらい。

そこで買いまくって、そこから以来僕はずっと積立で買って僕は一切ひとつも売っていません。

なんでも色々買っています。

鉱山も、ETFも、現物もすべて全部、先物も色々な風に多様化して。

ダンのやり方はいつもそうです。

何がどうなるかわからないので。

で、僕はそういう風にずっと買ってきて、今はもう少し。

暴騰とは言いませんけど、上昇しています。

で、今$1820くらいです。

これは、先物の値段ですね。

金というのは現物の値段、先物の値段、先物の中でもシカゴの値段、ロンドンの値段、全部色々少し違うんですけど。

スポットプライスもあるんです、スポットっていうのは現時点の価格。

先物っていうのは一応、先物価格。

色々違うんですけど、だいたい違いはないです。

できれば皆さん、僕のおすすめは、一番大きなマーケット。

金はスポット現物ではなく、ロンドンの先物、特にGold Price Fixing Price。

GC1で見ているのもこれは、、、なんだろ。

XAUでスポットプライスで見てもいい。

とにかく、あんまり価格はそんなに変わりません。

OK.Anyways.

ここで、今の金の価格を見てみると、チャート的には。

Looks very niceだと思う。

今は、突破しています。

f:id:TakahitoNakashima:20200710004854p:plain
金 Looks very nice!

この青線のところを突破して、その突破するのも範囲のところを突破している。

これもどうやってトレンドラインを引くかどうか、視聴者の誰かが聞いていたんだけど。

これは本当にアート。

テキストブックとか色々あるんだけど。

これは、本当に経験と直感。

僕は20年間やって、一応、僕がこのラインがいいと思って引いた。

でも、完璧まっすぐじゃないね。

ちょっと、スランプがある。

でも、It’s ok. nothing is perfect.

市場は perfect じゃないの、It’s fine.

なので、一応この範囲を何回か何回か抵抗して、突破して今1800。

とってもいい傾向になっています。MACDも上がっている。

ボリューム的にそんなに大きくない。

なので、別にここから爆発的に上がるとは全然思っていません。

徐々にこれから上がるような感じがするかなって僕はこのチャートを見て認識をしています。

ここのチャートを見ると。

f:id:TakahitoNakashima:20200710005735p:plain
GLD

たぶん、GLD(Gold)もここから徐々に上がり続けて、予測するのはとてもむずかしいけれども、短期的には下がるということは何も示していないと思います。

2.銀がこれからどう動くか

OK! 次に、Silverです。

銀も同じく先物を見ます。SI1ですね。

銀というのも色々な見方があります。

XAGというのがスポットプライスの見方なんです。XAGUSD。

OK.Silver Priceを見てみると。

このチャートは金とちょっと違いますね。

f:id:TakahitoNakashima:20200710015113p:plain
Silver

この範囲が始まったのは実は2月21日からの抵抗ラインなんです。

少し中期的、長期的な抵抗レベルなんです。

さっきの金は短期的な抵抗レベル。

なので、もっと抵抗レベルが強いです。

時間的に抵抗が長引くともっと強いレベルになります。

なので、ここを突破するともっと強い突破です。

金のチャートよりもっと強いです。

こういう細かいところにも皆さんぜひ気づいてください。

もう一つ気づいてほしいのは、銀はコロナウイルスのときにかなり暴落しました。

金も下がりましたが、銀ほどではない。

で、これがなった理由は僕の意見では、金と銀の比率です。

金と銀の比率、これはヘッジファンドの世界。

それと金融機関の世界に詳しい人からの意見ですね。

僕も実際に金の大きなプレイヤーとかを知っています。

名前は言えませんが、意見もありますし、僕の経験でもありますし。

この、金 ÷ 銀の時、ここがコロナウイルスのとき、暴騰したんです。

f:id:TakahitoNakashima:20200710015752p:plain
金÷銀

これは、なぜかというと。

だいたいの一般人は「金がとても需要があった。」と多分思っていますよね?

違います。それは間違っていると思う。

僕の経験だとコロナウイルスのショックの時、これはだいたい、すごい痛みが出る時は。

みんなが持っているポジションが追証される可能性がとても高いんです。

で、金と銀の比率のトレードは世界中のヘッジファンドが、投資機関がみんな持っています。It’s no secret! なんにも秘密じゃないんです。

みんな知っています。

で、僕がなぜここがおもしろいと思うかというと。

この暴騰したところには強制決済された人がいっぱいいます。

ここでずっと、金と銀の比率を持っていた人たち、つまりこの人達は銀が金よりもっと上がると賭けていたんです。

金を売って、銀を買うという短期的なトレードをしていたんです。

で、それをしていて、コロナのショックのとき、追証で強制決済されて、そのポジションを手放さないといけなかったんです。

で、そこで強制的にその人達は現金が必要なのでそのポジションを切らないと行けない状況になって。

金を買い、銀を売った。

なので、ここの比率が爆発的に上がったと思う。

すごいpain(痛み)が出る時、破産する人とかがいっぱいいる時に、相手とか、、(取引の世界では相手、敵とは言わない)がみんな困ってポジションを手放す時に、こういう時に攻撃するんです。

こういう時に見て、いっぱい持っていたのを手放した時に、ライオンは入るんです。

こういう時に攻撃するんです。

相手が弱い時に。

ごめんなさい、これは投資の考えです。人の考えでも社会の考えでもなく倫理の考えでもなく、投資だけです。

投資の考えだと、相手が弱い時にめちゃめちゃ攻撃するべき。

なので、ここを見ると。(暴騰してから、戻っていくまでの流れ)

僕の認識だと、強制決済されて、またポジションを元に戻している人たち。

だから、トレンドは強いですよ。

今、これは下がっているということは、銀の方が金よりもっと強く上がっているということ。

で、これは僕は続くと思います。

長期的な比率を見ると、このチャートはまだまだ下がれると思います。

このチャート、何十年と見ていますが、平均的はだいたい50くらいなんです。

f:id:TakahitoNakashima:20200710021442p:plain
金÷銀 zoom out

だから、50くらいまでいけると思います。

つまり、今は100なので、銀は(これは、ただの説だしなるとは思いませんが)今の金の価格だけでも、2倍くらいまで上がることができると思います。一応ですね。

でも、まあ、なるとは思いません。

一応、僕の計算では金が今のまま上がって、5000くらいまでいくと50に戻っていく可能性は高いと思います。

これは、何年もかかると思います。

10年も、20年もわかりません。

そうすると、銀も100近くまで行く可能性はあると思います。

なので、僕もずっともつつもりです。

Alright!

3.プラチナもチャートを見てみる

次にプラチナです。

プラチナは随分違うチャートです、プラチナはベースメタル(工業メタル)の世界。

なので、銅とか鉛とか亜鉛とかと一緒に動くほうが時々多いです。

でも、一応銀とも一緒に動いている。ホワイトメタルと言われるんです。

ホワイトとか白とか金属の色たちの種類なんです。

ここのチャートを見ると、まだ抵抗レベルを突破するようには全然見えません。

f:id:TakahitoNakashima:20200710022311p:plain
PL1

MACD も Stock Chases も上がっている。

でも、チャート的には何も特別ではないです。

しかも、PPLT。このETFは小さなETFなのでそんなに見てもあまり大きなことを示してくれるとは思いませんけど、これを見ても何も示していない。

Silverほど面白いことを示していない。

今まで3つ話した中で僕が一番面白いと思うのは銀です。

抵抗レベルがやはり、強いので。

中期、長期の抵抗レベルを突破するとなれば、そこを尊重して買う。(Buy the strong)

これがウォール街の考え方なんですよね。

プラチナを見るとそこまで強くない。

けど、一応、プラチナも今は一緒に上がっている傾向だと思うので、これも買い続けても良いと思います。

金÷プラチナを見ても面白いんです。

さっき、見せたのは金÷銀ですね。

金÷銀を見ると、先程も説明したけど強制決済で上がっている。

で、今だんだん回復している。

ただ、プラチナの方はまだ回復していないんです。

f:id:TakahitoNakashima:20200710022903p:plain
金÷プラチナ
f:id:TakahitoNakashima:20200710022903p:plain
金÷プラチナ

これがまた面白いんです。

投資家として何十年とやっていると、パターンを読むことができるようになってくるんです。

このパターンだと、銀と同じようにいく可能性が僕はあると思うんです。

わからない、どれくらいかかるかは。

これは中期的、長期的に何週間かかかるかもしれないけど。

こっちも回復する可能性があると思います。

回復するということは、プラチナの方がゴールドよりもっと強く上がるということ。

なので、ここも一応、認識してください。

Alright!

4.僕のおすすめ

これを全部聞いて、最後僕のおすすめは何か。

「べらべら話して、、、早く教えろよ」

視聴者が言っていなくても自分で聞こえる笑

僕のおすすめ、前にこのチャートを見せました。

f:id:TakahitoNakashima:20200710023357p:plain
長期積立投資

長期積立にあなたは7割から9割した方が良い。

後は、短期的にです。

長期的に僕のおすすめはコモディティを買い続けます。

僕はコモディティちょこちょこちょこちょこ色々なのを持っています。

僕はその中でも金、銀、プラチナ、ビットコイン(現物)を持っています。

金銀プラチナは、ETF先物も鉱山もちょこちょこ持っています。

でも僕は、何十年もやっている経験を持っている人なので、あなたが初心者だったらETFがおすすめだと思います。

でもこれは、長期的にもやってもいいと思いますし、短期的だけでも買っても良いと思います。

ただ、ちゃんと別々に考えてください。

短期というのは、1ヶ月以内にポジションを取るマインドセット、その秩序です。

できるだけ、あなたが金が大好き。
I love gold, I love silver…. Emotional!

感情的になっちゃう。

短期のポジションを長期に移してしまう。

これはトラップ。

これは秩序の問題、頭の中に叩き込んで置いてください。

このお金は短期、このお金は長期。

長期で毎月積み立てをする、短期でポジションを切るっていうのをちゃんと最初から決めてください。

ごめんなさい、少し厳しく言うけど。

厳しく言わないとみなさん、そういうお金の動きは厳しいのでそう教えるしかないです。

OK!

ありがとうございます。

ぜひ、皆さん、英語バージョンも損にはならないので、見てください。

損にはなりません、毎日歯ブラシでも夕食の支度でもなんでもしながら。

英語が聞けるようになれば、いつかは役に立つかもしれません。

ありがとうございます。

皆さん、今日もHave a Great Day!

「金、銀、プラチナ、まだ買うのか?Youtube 07/09」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です