トランプの大統領選への税務記録の影響は? QQQのヘッジについて

※このブログ投稿では、ダンさんの意思でこの構成になっていると思うので結論を先出しにしたりせずに、そのまま原文のままお楽しみいただく構成になっています。最後に筆者の3行まとめだけ追加させていただきました。

ここでは、以前の内容に対しての視聴者からのコメントに対する回答を紹介していきます。

dantakahashifollow.hatenablog.jp

まずは、テレビ東京に出演した時に応援ありがとうございました。

何回も何回も言いますけど、ありがとうや応援に対して何回も何回も感謝します。

まだ見ていませんでしたら、その辺りもTwitterPostしたのでぜひ見てください。

他の質問に対して、

トランプの税務記録の大統領選、株式市場への影響について

トランプの税務記録が発表されるのは、最高裁判所によると年末(大統領選挙が終わった後)に発表すること、なので選挙と関係ないじゃん!というものです。

これは、いい質問だと思います。

ただ、僕が言いたいのは今度は最高裁判所がこういう司令が出ているので大統領選挙でのバイデンさんとのディベートの中でよく使われる武器になると思います。

これは、4年前のヒラリー・クリントンも武器として使っていましたが、今回は最高裁判所で判決が出ているのでかなり大きな武器になります。

この武器に対して、リベラル(左)の方のメディアがどう報道するかについては株式市場への影響はあると思います。というのが僕の意見です。

QQQのヘッジについて

ヘッジをよく使うのは短期的です。

QQQをNASDAQの指数のヘッジとして使っているか。

QQQを売っていたのは、ただ一番上がっていたから。

一番上がっている株式指数。世界でも一番上がっている株式指数なのでヘッジをしました。ヘッジなので保険ですね。

実際、これはただの保険。本当に下がるかどうかは関係ない。ヘッジのビデオを見てください。

ただ、完璧に外れですね。

f:id:TakahitoNakashima:20200711163138p:plain
QQQ

でも、今の時点ではボリンジャーバンドに対してはかなり突破している状況。これはAmazonの影響ですね。だから、これは良いヘッジになるかもしれません。

だいたい、歴史的に見ると、ボリンジャーバンドを突破したところから安定が始まるんです。

今日の株式市場のニュースでも言ったように、DOW JONESより、NASDAQの方が少しパフォーマンスが弱くなっている。

なので、ここに対して比較的なパフォーマンス。他のものより低いパフォーマンスが出る可能性があるので良いヘッジだと思います。

今まではここ1ヶ月間、2ヶ月間あまり良いヘッジではないです。僕は正直に言います。

ヘッジはヘッジで、他のポジションと比べたら良いヘッジではなかった。

QQQはあまり良いヘッジではなかった。アメリカの株式市場に対して随分上がっているので。

でも、ここからはもっとヘッジとして良くなると思っているので僕はヘッジを進めています。

英語版も絶対に皆さんの役に立つと思うので見てください。

www.youtube.com

今回の元動画はこちらです。後半の章になります。

www.youtube.com

ここまで見ていただいてありがとうございました。

今後ともがんばっていくので、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です