【投資家向けニュース】 07/11 コロナのワクチンできるか? 米新規感染者数7万人突破

こんにちは!

皆さん、高橋ダンです!

※このブログ投稿では、ダンさんの意思でこの構成になっていると思うので結論を先出しにしたりせずに、そのまま原文のままお楽しみいただく構成になっています。

はじめに

今日は7月11日、日本時間の13時半です!

昨日は、7月10日でした。納豆の日でした。僕も全然しらなくて視聴者の皆さんが教えてくれた。ありがとうございます。僕もいっぱい食べていました。

今日も国際ニュースを解説したいと思います!

海外の新聞を読んで、日本であまり報道されていないニュースに焦点をあてて紹介していきたいと思います。

いつもの通り、あなたが金融に興味を持っていなくても一応それぞれのニュースは株式市場に影響があります。

そのため、株式市場を見てから、それぞれのニュースを解説していきます。

株式市場

早速始めていきましょう。

今日のニュースは一体、何が起こったのか!

アメリカマーケット

株式市場を見てみると、これはアメリカ時間の10日。

f:id:TakahitoNakashima:20200711152721p:plain
Americas – Markets

納豆の日のDOW JONESは1.44%上がりました。

S&Pはは1.04%、NASDAQは0.66%、NYSEは1.2%、TSXは0.9%それぞれ上がりました。

ヨーロッパマーケット

f:id:TakahitoNakashima:20200711152930p:plain
Europe, Middle East & Africa – Markets

Stoxx 50は1.07%、FTSE(UK)は0.7%、DAXは1.15%、CACは1.01%、IBEXは1.16%、それぞれ上がっています。

なので、ヨーロッパとアメリカを見るとかなり大きな回復です。

特にアジアが10日の時間ではほとんど下がっていたんです。

回復した理由は色々あるんですけど、コロナに対するワクチンが開発されたという噂が大きな理由だと思います。

アジアマーケット

f:id:TakahitoNakashima:20200711153202p:plain
Asia Pacific – Markets

NIKKEIが1.06%,TOPIXが1.42%、HANG SENG(香港)が1.84%、CSI(中国)が1.81%、ASX(オーストラリア)が0.61%、MSCIが1.02%、それぞれ下がっています。

株式市場情報まとめ

なので、たぶん大きなニュースが出ない限り、アジアは月曜日に開く時に回復すると思います。

アジアはだいたいヨーロッパとアメリカをフォローするんです。

アメリカを見てみると、今日はNASDAQがDOW JONESより比較的に見ると弱かったです。

これは、僕の昨日のビデオを見てください。

NASDAQが上がりにくくなるかというと、ボリンジャーバンドの理由だと思います。

そして、もしよければTwitterに登録してください。時々チャートを挙げています。また、インスタグラムとかも面白い画像を出しています。なので、もし興味があればFollowしてください。

この株式市場を分析してから、経済ニュースに入っていこうと思います。

経済ニュース

株式市場の回復のニュース、その要因は

経済ニュースのフォーカスは今日の場合ほとんど株式市場の回復にありました。

なぜ回復したかというと、大きな理由は

Gileadという大きな薬メーカーがコロナウイルスのワクチンを発表した。

そして、これはコロナの死亡率を62%下げるという成果が発表されました。

それとまた別の会社、BioNTechという会社もワクチンを年末までには許可される予想ということが発表されました。

なので、それを受けて世界の株価は回復しました。

それ以外の経済ニュースはあまりありませんでした。

その他のニュース

挙げるとすれば、

US Producer Prices Unexpectedly Fall in June.(アメリカの企業物価指数が予測以上に下がった)というのがありました。

社会ニュース

社会ニュースにこれからいこうと思います。

コロナのニュース

f:id:TakahitoNakashima:20200711154816p:plain
日次新規感染者数 – コロナ

驚くべくことにまた歴史上最大の数字が出ています。

236,918人です。

またまた、このデータを見ると、

f:id:TakahitoNakashima:20200711154944p:plain
日次死亡者数 – コロナ

アメリカが7万人を初めて超えました。

おそらく、アメリカが今は寝ていると思いますが、起きた時に海外のニュースがこれに対して色々書くと思います。いっぱい報道されると思います。

ブラジルの方は安定しています。自粛制度が冬の間でやりやすくなったと認識しています。

インドも注視した方が良いと思います。インドも徐々に感染者人数が上がっているので注目した方が良いと思います。

アメリカは何を考えているのか、なんで経済再開が進んでいるのかが全然わかりません。昨日言った「けしからん」という言葉をもう一回言いたいと思います。

本当に「けしからん!」

中国とアメリカの関係性のニュース

他のニュースを見ると、アメリカと中国の関係性は少し良くない。貿易協定もあまり良くないということをニュースが報じています

僕は、このニュースはマーケットにそれほど影響はないと思う。

Old News、古いニュースだと思う。

シンガポールのニュース

シンガポールの選挙がありました。そして、与党が勝ちました。これは、シンガポールでは80年間くらいの間ずっと与党が勝っているんです。

しかし、大きなニュースは国会の90議席中の10議席が野党にいってしまったというので、これは歴史的に初めてです。これは、コロナの影響だと思います。

もしかしたら、日本にもコロナが政治的に影響を与えるかもしれません。

Roser Stoneのニュース

次のニュースはこれがなんでニュースになっているかはわかりませんが、機密情報を公開した犯罪したRoser Stoneが追禁されたというニュースです。

これは、完全に予測されたものだったはずです。

American AirlinesがBoeingの注文をキャンセルしたニュース

American AirlinesがBoeingの注文をキャンセルするというニュースも出ました。

なので、航空会社も本当に大丈夫なのかどうか。

ただ、皆さん誤解しないでください。Boeingの株価を見ると今日は3%上がっていました。なのでBoeingの株価たち、投資家たちは完璧気にしていません。なので、あなたも気にしないべきだと思います。

ポーランド大統領選挙のニュース

他の社会ニュース、これもほとんど日本では報道されていないと思います。

僕はポーランドの血も少し入っているんです。なので、ポーランドの大統領選挙も今行われているんです。ポーランドの大統領選挙が日曜日に行われるんです。与党の方は結構保守的(ナショナリスト)移民が大嫌い。たぶん、これはDudaさんが勝つということです。

その辺りが大体一番大きな社会ニュースですね。

ニュースのまとめ

今日のニュースに対しての僕の意見は、コロナに対してのアメリカが初めて7万人を超えてしまった。これは、日本のニュースでもどこでも爆発的に報道されると思います。

土曜日とかに記事が爆発されるんです。なぜかというと、記事が一番読まれるのは週末なので。一応、皆さんもそこは心の準備をしておいてください。

後は、コロナの治療薬を出すかどうか。ただ、こういう発表はたくさんしているんです。本当にできるかどうか、事実が出るまで僕は少しだけ疑問を持ちながら楽観的に見たいと思います。

その間には、そういう理由とかなんでも新しい理由は出てきますが、すぐに上がったり下がったりしてしまう。だから、トレンドは見にくい。

今、トレンドが見やすいのはアメリカドルですね。これはTweetしたので、Twitterの方ももし興味があれば見てください。

おわりに

質問コーナー

最後に皆さんからの質問に回答していきたいともいます。

続きはこちら(質問は質問でまとめる方針で進めさせて頂いております)

dantakahashifollow.hatenablog.jp

英語版

そして、英語版も見てください。無駄にはなりません。ぜひ見てください。

www.youtube.com

今回の元動画

こちらが元動画になっています。

www.youtube.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です