日本人は長時間働いているのになぜ貧乏? 資金が少なくても積立はするべきか?

ここでは、以前の内容に対しての視聴者からのコメントに対する回答を紹介していきます。

今日されたコメントを見てみると、昨日のビデオに対してかなりの質問がありました。

日本人は長時間働いているのになぜ貧乏?

特に、時間の使い方と関係あるかわからないけど、日本人はかなり働いているのに貧乏なのはなんでだろうというものです。

これは、とっても良いコメントだと僕は思います。

日本人は生活水準は下ではないですけど、上ではないです。

GDPも一人あたりだいたい色々な国より下。韓国よりも下。

なのに、働く量を見てみると日本人はかなり働いています。

これはなぜ?このミステリーの答えは、、、

物価指数。物価指数と経済です。

経済が上がらなくて物価指数が上がらないというのが30年くらい続いているんです。

少しは上がっているけども、他の国と比べると全然上がっていない。

だからですよ!

だから、いくら働いても給料は上がらないんです。

そして、消費税は上がります。

全部金融問題だと僕は思っています。

まあ、この5年くらいは成長しているけども、25年間で見ると日本人としては成長していると思うと思いますが、比較的、比較的ですよ!

他の国と比べなくちゃいけない。他の国がぐんぐん上がっている時に、日本はちょっとだけしか上がっていない

そうすると、負けているんです。そうすると、ビジネスも取られるし、成長率も上がりにくくなる。

それは僕の意見ではとても重要だと思いました。

資金が少なくても積立はするべきか?

他の意見では、資金が少なくても積立はするべきか?

「もちろん! Yes!」

毎月1万円だけでもやってください。

毎月1万円だけでも、24年間くらいやれば。歴史的なアメリカ市場の成長率を見れば、1000万円を貯めることは可能ということを示しているので、ぜひ過去のビデオなどを見てください。

以上です。

おわりに

質問以前の本編の記事

英語動画

元動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です