【投資家向けニュース】07/17、世界コロナ新規数25万人近く、欧州銀の発表?

こんにちは。

皆さん、高橋ダンです。

※このブログ投稿では、ダンさんの意思でこの構成になっていると思うので結論を先出しにしたりせずに、そのまま原文のままお楽しみいただく構成になっています。

はじめに

今日は7月17日。日本時間で13時20分です。

今日も皆さんに、世界ニュース国際ニュースを伝えたいと思います。

僕は、毎朝世界の新聞を10個くらいみているので、その中で日本であまり紹介されていないニュースを紹介しようと思います。

いつもの通り、あなたが金融とかに興味がなくても、ニュースを見る前に具体的に株式市場の数字を見てから、政治、経済、社会のニュースの今日の大きなニュースを伝えたいと思います。

株式市場

今日も早速始めたいと思います。まずは、株式市場の解説で始めます。

アメリカマーケット

f:id:TakahitoNakashima:20200717224549p:plain
Americas – Markets

これは、16日のデータです。

DOW JONESは0.5%、S&P500は、0.34%、NASDAQは0.73%、S&P/TSXは、0.24%それぞれ下がりました。

ヨーロッパマーケット

f:id:TakahitoNakashima:20200717224829p:plain
Europe, Middle East&Africa – Markets

Euro Stoxx 50は0.38%、FTSE(イギリス)0.67%、DAX(ドイツ)は0.43%、CAC(フランス)は0.46%、IBEX(スペイン)は0.17%、それぞれ下がっています。

そして、アメリカと同じ時間で開いているブラジルマーケットも1.22%下がっています。で、アジアにスウィッチすると。

アジアマーケット

f:id:TakahitoNakashima:20200717233148p:plain
Asia Pacific – Markets

これは、17日のマーケットです。

NIKKEIは0.32%、TOPIXは0.33%、それぞれ下がっています。HANG SENG(香港)は0.61%上がっていて、CSI(中国)は0.31%、ASX(オーストラリア)は0.12%、MSCI(途上国)は1.64%、それぞれ下がっています。

一応、もうひとつ大きなアジアの株式市場のインドは0.54%上がっています。なので、全体的な株式市場はあまり大きな動きはないです。

昨日、中国の3%くらい下がりましたが、今日は殆ど何もありません。

経済ニュース

次に、今日の経済ニュースの話をしたいと思います。今日はあまり大きな経済ニュースは報道されていないと思います。

アメリカの小売指数が上がっていた

アメリカでは小売の指数が発表されました。

6月の小売が7.5%上がっていました。でも、それよりもっと重要なデータは5月のデータが修正されて18.2%になった。皆さん、これは誤解しないでくださいよ。前月比で比べています。なので、5月の前月比は4月と比べてのものです。

4月はまだ自粛制度をしていたときなので、もちろん大きな上がりになると思うので、これは、そこまで大きなニュースではないと思います。

欧州銀行が定例会合を開いた

今日、一番大きなニュースは欧州銀行が定例会合を開いて、今の利子制度を0%のままに維持したというニュースでした。

ECB(欧州銀行)も、FRBも、日銀も世界の大きな銀行は維持のまま新しい発表をしていません。

3月、4月に動いて、5月にも少しだけ動いて、6月、7月ではWiting Seeという、何もしないというスタンスを取っています。

社会ニュース

今日の社会ニュースを次に解説したいと思います。

コロナ

f:id:TakahitoNakashima:20200717234341p:plain
日次新規感染者数 – コロナ

また、コロナウイルスがやばい状況です。

248,914人になってしまいました。世界中の人数。

f:id:TakahitoNakashima:20200717234454p:plain
日次死者数 – コロナ

そして、死者数はまだ伸びていませんが、これから絶対に上がると思います。

新規感染が上がると、死者数は数ヶ月後に上がるという認識です。

f:id:TakahitoNakashima:20200717234604p:plain
国別感染者数 – コロナ

そして、国別も見てみると、アメリカ、ブラジルインドが多い状況です。

そして、アメリカをよく見ると、7万人を突破しました。これは、歴史最大です。

ブラジルは少し安定していますが、これが合っているか疑っている人も多いと思います。

インドの方は僕が一番注目しています。インドは、35,468人です。インドはたった2週間くらい前には40%くらいでした。15000くらい。それが、2倍位になってしまった。なので、ここは懸念を持っています。

Netflixに副社長にTed Sarandosさんが任命された

他の今日のニュースを見ていると、あまり大きなニュースはありませんでした。

Netflixで新しい副社長がTed Sarandosという人が任命されたというニュース

アメリカの30年の住宅ローンの利回りが史上最低

それと、アメリカの30年の住宅ローンの利回りが歴史最低になった。2.98%になったというニュースです。3%以下なので、歴史最大です。とてもこれもビックニュースです。10年くらい前に初めて家を買った時は30年の利回りで4%ですごい(低い)と思っていた。その時はリーマンクラッシュの後だったので、利子も今と似ていたんです。でも、今はもっと低いので本当にすごい状況だと思います。

アメリカでTikTokを禁止するかどうか

他の社会ニュースは、アメリカと中国の争いで前はHuaweiのニュースが多かったですが、今度はTikTokを禁止するかどうかというニュースです。

アメリカで感染者数が7万人超えたというニュースは大きく取り上げられている

他のニュースは、アメリカの方で7万人以上というニュース。がすごい話題。これから、もっと話題に今週末になると思います。

ブラジルでどうしてコロナウイルスが広がってしまったのか

BBCでとてもおもしろいニュースがありました。ブラジルがどうしてコロナウイルスがここまで広がってしまったのかという記事です。

僕もこれが一応読んでみましたが、とても具体的に書いてあって。

ここまで広がったのは、自粛制度をやるのがすごく遅かったということでした。

その大きな理由として、大統領が「ただの風邪」とずっと言っていたことが挙げられていました。

そこで感染者人数がすごく上がって、マスクもあまりしていなく、コロナに対して意識が低かったのだと思いました。そして、僕はびっくりしました。

その他のニュース

他には、アメリカと中国の論戦の記事や、トランプの支持率が下がっていることなどが書かれていたりしました。

右の方のニュースも見ていると、あまりなく、ローカルなニュースばかりでした。暴力のニュースなど世界的とは言えないようなニュースが多かったです。

まとめ

今日の一番大きかったと思うニュースは、コロナの数字です。

この上がり方は第二波が止まらないような感じで、数字を見ていると東京とかも上がってきましたが比べ物にならないです。アメリカを見てみると

f:id:TakahitoNakashima:20200718000423p:plain
アメリカの州別感染者数 – コロナ

カリフォルニアとかフロリダとかテキサスだけで1万人以上毎日増えているんです。ものすごい数字なので恐ろしいです。

インドの方も本当に危ないと思います。インドは貧乏な国で衛生面とかが整っていないので波及しやすいと思います。だから、ここからインドがどうなっていくのかは、かなり心配もしています。

もう1つ大きなニュースでは、中国の株式市場です。昨日、僕が報告した後3,4%下がりました。

上海も香港も随分下がったので、これも後で説明すると思います。

僕のFXIの推薦がこれからどう思うかは、次のものを御覧ください。

英語版を紹介する前に、皆さんの質問に答えたいと思います。

質問コーナー

質問コーナーはこちらです(ニュースと分けた方が読みやすいと考え、分けています)

おわりに

英語版

www.youtube.com

元動画

www.youtube.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です