中国は株価暴落?【香港優遇措置撤廃と関係あるか?】

こんにちは。

皆さん、高橋ダンです。

 

※このブログ投稿では、ダンさんの意思でこの構成になっていると思うので結論を先出しにしたりせずに、そのまま原文のままお楽しみいただく構成になっています。

 

はじめに 

中国の株式市場が暴落した!!!!

こういうメッセージをいっぱいもらいました。

中国の上海市場が昨日、4.4%くらい暴落しました。これからどうなるのか?これが続くのか?

特にダン!!!お前がおすすめしたFXIのポジション、これからどうすれば良いんだよ!教えろ!!!というメッセージがいっぱい来ているのでそれを説明します。

 

今日のトピック

①一体何が起こったのか、ニュースの読み方

②チャートの分析、これから暴落は続くのか

③ダンのおすすめ

 

①一体何が起こったのか、ニュースの読み方

まず、今日は何が起こったのか。そして、このニュース、皆さんに誤解してほしくないんです。

ニュースの読み方、記者の仕事とは

このニュースの読み方。ほとんど世界の人間はだいたいニュースを信じてしまいますね。

f:id:TakahitoNakashima:20200718005511p:plain

上海株式指数 – チャート

上海株式指数は4.4%昨日は下がりました。今日も0.6%くらい下がっています。

だいたいニュースを読むと色々なことが書いてあります。

アメリカと中国の摩擦の理由で株式市場が暴落した。とか書いてあります。HuaweiTikTok、中国の国家安全法とか色々な理由が書いてあります。

これ、ほとんど当たっていないと思う。間違っていると思う。これは、ほとんどこのニュースとかデータはかなり前から出ているものです。昨日の前からずっと出ています。国家安全法は何週間も前から出ている。TikTok,Huaweiとかもずっと出ています。これは、記者の人が理由を作らないといけないので、こういう風に書いていると思います。

僕は、メディアを批判しているわけではなく、彼らはこれが仕事なんです。理由を見つけないといけない。じゃないと記事を書けない。

でも、それが本当に理由かどうかっていうのは、皆さん誤解しないでください。

マーケットっていうのは簡単な売り圧力で下降する力が強くなるということ。

ほとんど昨日のニュースはほとんどOld News、古いニュースです。

データの見方、マーケット予測には注意をする必要がある

昨日は、新しい中国のデータがいっぱい出ましたね。もし、まだ見ていない方は昨日のニュースをぜひ見てみてください。

小売、工業指数、新規の住宅指数、GDP、色々なものが発表されました。データがいっぱい発表されました。

メディアの一番気を引くニュースはGDPです。GDPは実はマーケットの予測を上回って、3.2%上昇した。良いニュースだった。

これを見て、日本の皆さんは「中国のデータは信用できない!!どうでもいい。」とか言っているかもしれません。

そんなことはありません、ウォール街とか多くの投資機関は合っていると思っています。もちろん違うニュースもあると思いますが、だいたいの世界の金融機関はほとんどの人は使っています。信用していますこれが事実です

あなたの感情と事実をちょっと分けないといけないと思います。

偽かどうかは関係ないんです。ほとんどの投資機関はだいたい中国のデータを見て、信用して使っています。

だから、ここを見てよかったのになんで中国の株式指数が4.4%も暴落したの?

だから、皆さんに一番重要なことを説明したいと思います。

f:id:TakahitoNakashima:20200718010712p:plain

中国のGDPのニュース

ここの予測の部分の2.5%。この予測は経済学者が出している予測。投資機関じゃないですよ。

実際にお金を投資している人たちも予測を出しているかも知れないですけど、ほとんどのmarket consensusというのは経済学者、しかも、この予測を出しているのが何週間も前。

だから、Delayがあるんです。遅れているんです。

だから、ここで2.5%と予測が出ているけれども、僕の直感的に思うのは、たぶん予測は3.2%以上だった。

なので、3.2%と出て、少しマーケットはがっかりしたんだと思います。

ここが、一番のレッスンです。マーケットコンセンサスというのは普通無視していいです。

理由の1つ目としては、だいたい古い。

理由の2つ目としては、だいたい経済学者が出している。

実際、今日マーケットを動かしている人の予測と外れていることが多いんです。だから、皆さん覚えておいてください。

これが理由かどうかは僕もわからない。誰も理由を完璧にはわからない。

皆、予測ばかりしていて、記事を出しているだけです。

まとめ

たぶん、データがいっぱい出た日にマーケットが下がったということは、このどれかのデータの中で予測より下のものがあったんです。

それで、マーケットはがっかりして、大きな投資機関が売っていたというのが結論だと思います。

 

②チャートの分析、これから暴落は続くのか

続いて、チャートの分析。こっちの方が気になっているでしょう。実は、先程のポイントの方が僕は大事だと思いますけど。

f:id:TakahitoNakashima:20200718011323p:plain

SHCOMP – Chart

上海株式指数は中国の株式指数ですね。

そして、香港で一番大きな指数はHSCEI(Hang Seng Index)

f:id:TakahitoNakashima:20200718011507p:plain

HSCEI – Chart

で、2つのチャートを見てみると、2つともサポートレベルがあると思います。

これから下がりが続くかどうかを見る時には、過去のレジスタンスレベル。

f:id:TakahitoNakashima:20200718012005p:plain

SHCOMP – Chart サポートライン説明用

そして、ひとつ前の突破するときのレベルが3100くらい。

だから、そこを超えたらトレンドが変わるかもしれない。

また、MACDもそろそろ下を突き抜けそうになっている。

ちょっと待って下さい!!!

昨日もMACDに関して説明しましたね。

ここの設定をいじるとかなり変わります。

f:id:TakahitoNakashima:20200718012208p:plain

MACDの設定

我々が一番分析したいのは、上海ではなく香港です。

なぜかというと、僕がおすすめしたのはFXIですね。FXIというのは香港の株式指数が元になっているんです。中国と香港の株式指数は会社は似ているけど違うんです。

FXIはETFなので、FXIよりも元になっている方を見た方が頼りになると思います。

そして、その元を分析する時にVolume的に分析したくなく、配当とかも入れたくないんだったら、僕は指数(HSCEI)を見ます。先物とかでもなくて。

f:id:TakahitoNakashima:20200718012618p:plain

HSCEI – Chart

なので、指数を見るために今のMACDを見ると、マウスの場所に虚偽シグナルがありました。

何回も何回も突き抜けているような時は、あまり頼りにならないと思います。

僕も設定をいじってみた。けど、これをどういじっても、行ったり来たりしていて頼りにできなかった。いじる時に比率をいじっちゃだめだよ。

だから、MACDは使えないと結論付けました。

そして、Stock Casticsを使ってみた。こちらも設定をいろいろいじってみた。一番良く使われている設定はこれです。

f:id:TakahitoNakashima:20200718013015p:plain

Stock – 設定

これだと波が多すぎるんです。僕が見たのは、だいたい3倍にした数値。最初、2倍もみてみたんだけど、2倍でもよくわからなかった。

f:id:TakahitoNakashima:20200718013142p:plain

Stock – 設定(3倍)

3倍にしてみると、パーフェクトではないけど、スムーズかなと感じた。

f:id:TakahitoNakashima:20200718013258p:plain

HSCEI – Chart

皆さん。テクニカル分析は決してパーフェクトではない。だからこそ、アート。だからこそ、利点があるんです。アルゴリズムもパーフェクトではないんです。

だから、利点がまだ残っていると思います。

これを見ると、今は売るところに近い。まだ、完全に交わってはいませんが、売るところになっている気がする。

なので、結論から出すと、これが交わるところまで下がって、HSCEIが10000まで下がった場合、これは短期のダウントレンドが本当に始まっていると僕は認識します

 

③ダンのおすすめ

これを見て、ダンのおすすめは何?

お前、FXIをおすすめして、何を考えているんだよ!お前、よくもこんな今暴落しているものをおすすめして。何を考えているんだよバカヤロウ!とかって思っているかもしれません。これは、自分に言っているだけですが(笑)

僕がFXIをおすすめしたのは、7月2日でした。

f:id:TakahitoNakashima:20200718014058p:plain

FXI – Chart

その時のプライスは41でした。そして、その後すぐに半分売りなさいというように言いました。

なぜかというと、これほど早く上がって、半分を売るということを言いましたね。

だから、もし僕の言うとおりにしていたら、まだ残りの半分も利益が出ているはずです。

もし、僕のおすすめを全然見ていなくて、上がったところで買ってしまっていたら、皆さんこれからは時間的にももっと近い時間で僕のおすすめを見てください。

で、ここで含み損が出ている場合、僕のおすすめははっきり言って関係ないんです。

あなたの残高とチャートの分析は関係ないんです。

僕の残高とも関係ないんです。僕は、今のポジションだともう25%を売ると思う。

なぜかというと、MACDはたしかに使えないけど、まだ下がりにはなっていない。

f:id:TakahitoNakashima:20200718014611p:plain

FXI – Chart

だから、まだ少し残しておいて良くない!?と思って、25%売っておくと思います。

これは、短期な戦略です。投資の戦略ではほとんどの部分は長期にするべきです。

f:id:TakahitoNakashima:20200710024951p:plain

皆さん、思い出してください。

これを僕は何十回も言っていますね。

で、短期の方に3割から1割を入れる。なぜなら、それをするとsharp ratio(この全体の利益を上げる考え方の動画も文字にした方が良さそうな気がしますね)は少し高くなる。

パフォーマンスがとても高くなります。

なので、僕の今のおすすめは残りの25%を売るというおすすめをします。

25%を売って、ポジションを持っておく。まだ、チャンスはいっぱいあります。

今のところはJETS,BTC,FXI,XLFを短期ではロングとして持っています。

そして、ショートとしてQQQを持っています。

これで6つくらい持っていて小さなポートフォリオになっています。だから、FXIのポジションもその中の1つとしてトレンドが変わりそうかもしれないので少し売る。

利益を確定したから、そんなに後悔しない。

これが、短期の規律です。過去のことをそんなに後悔しないで、未来を見る。

 

今日も皆さん、動画を見てくれてありがとうございます。

ぜひ僕のチャンネル登録をよろしくおねがいします。

そして、英語版の方も見てください。あなたの時間の無駄にはなりません。ただ毎日ちゃんと見ていれば英語がわかるようになります。

あとは、TwitterとかもFollowしてほしいし、本ももし良ければ手にとってみてください。

 

日本は早く本当に早く梅雨が終わってほしいと思います。

OK! みなさん、ありがとうございました。

 

おわりに

英語動画

www.youtube.com

元動画

www.youtube.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です