【投資家向けニュース】07/19 インド感染者人数がヤバい!

こんにちは。

皆さん、高橋ダンです。

※このブログ投稿では、ダンさんの意思でこの構成になっていると思うので結論を先出しにしたりせずに、そのまま原文のままお楽しみいただく構成になっています。

はじめに

今日は、7月19日。今は、日本時間の午後14時半です。

今日も国際ニュースの解説をしたいと思います。

いつもの通り、僕は毎朝起きて、7個から10個からメディアを見て、そこで特に日本であまり報道されていないニュースを紹介していきたいと思っています。

今日もまず、株式市場。今日は、日曜日だから何も開いていない!けども。週に1度はもう少し中期的な観点でレビューとして毎週やっています。

そこから、経済ニュース、社会ニュース、政治ニュース。それをやった後に皆さんからの質問に答えていきたいと思います。

株式市場

今日の株式市場。もちろん、日曜日だから何も開いていません。

アメリカマーケット

f:id:TakahitoNakashima:20200719152101p:plain
Americas – Markets

だけど、週に1度は今月どうなっているのか僕は見ています。毎日毎日見ていると、時々今月のパフォーマンスを忘れてしまうときがあります。

なので、こういう時に振り返りをするのがとても大切なんです。

短期・中期・長期を全部見えるようにしておくのが重要だと思います。

DOW JONESは今月7月では3%上がっています。

S&P500は、4.1%、NASDAQ(技術)は5.6%、S&P/TSX(カナダ)は4.2%、それぞれ上がっています。

ヨーロッパマーケット

f:id:TakahitoNakashima:20200719152602p:plain
Europe, Middle East&Africa – Markets

ヨーロッパマーケットは、Euro Stoxx 50は2.95%上がっています。FTSE(イギリス)はほとんど動いていません。DAX(ドイツ)は4.8%上がっていて、CAC(フランス)は1.8%上がっていて、IBEX(スペイン)は0.35%上がっています。

アメリカとヨーロッパはほとんど上がっているのに、イギリスだけはほとんど動いていないのは面白いですね。

アジアマーケット

f:id:TakahitoNakashima:20200719153358p:plain
Asia Pacific – Markets

NIKKEIは1%上がっています。TOPIXは0.6%下がっています。HANG SENG(香港)は1.8%、CSI(中国)10.9%、ASX(オーストラリア)は1.5%、MSCI(途上国)は3.3%それぞれ上がっています。

中国は10.9%上がっているので、短期では下がっていますが、今月で見ると大きな上がりです。

まとめ

全体を見ると、7月はだんだん安定してきていると見ることができると思います。

経済ニュース

次に、経済ニュースを解説したいと思います。

経済ニュースも日曜日だからほとんどないです。しかし、今週発表されるニュース、大きく注目されるニュースをお伝えしたいと思います。

今週は、アメリカの決算があり特にテクノロジー系の会社で決算があります。(IBM, Microsoft, Tesla, Twitter

それと、PMIも今週発表されます。PMIはとても重要です。(アメリカ、イギリス、ユーロ、日本、オーストラリア)

それと、中央銀行の定例会合もあります。(中国、ロシア、トルコ、南アフリカ

それ以外は、あまり大きなポイントはないと思います。ヨーロッパの消費態度指数と日本の貿易収支、インフレ率。日本のインフレに関しては、日銀のビデオを見てください。それと、韓国のGDP

GDPはあまり重要じゃないですね、注目されすぎていると思います。

社会ニュース

OK! 次に社会ニュースを紹介したいと思います。

世界のコロナ状況

f:id:TakahitoNakashima:20200719160040p:plain
日次新規感染者数 – コロナ

224,361人です。だから、数日前の歴史最大の25万人くらいからは少し下がっています。

なので、少し安定感がありますが第二波は完全に続いています。

f:id:TakahitoNakashima:20200719160220p:plain
日次死者数 – コロナ

そして、死者数の方は皆さんコメントありがとうございます。

皆さんのコメントを読むと、今の新しい新規感染者は第一波の時より若い世代が多い。

そのため、死亡率も低いため、死者数はあまり増えていないということですね。

f:id:TakahitoNakashima:20200719160406p:plain
国別感染者数 – コロナ

そして、国別に分析をしていくと、 アメリカは6万程度に戻り、ブラジルも落ち着いて2万6千人くらいになっています。

今日のビッグニュースはインドだと思います。1ヶ月くらい前は1万人くらいでした。すごく上がっています。これは、ほとんど海外新聞も上がっていませんが、一番のニュースだと思います。

他の社会ニュースはあまりないです。

経済は次にどうなるかわからない

Jamie DimonさんがJPモルガンの社長だが、その人が経済は次にどうなるか誰もわからないと警鐘を鳴らしたというようなニュースがありました。たった1つの発言でこうやって記事が出るということは彼はかなりアメリカでは影響力があると言うことができると思います。

DisneyがFacebookへの広告費を減らす

Facebookに対しての広告費の支出をディズニーが減らすというニュース

Facebookへのボイコットはよく進んでいます。

アメリカで助成金を巡ってトラブルが起きている

アメリカの中小企業支援組織がそこで助成金を求めた人が中小企業じゃなかったり、虚偽申告していた人が出てきたというニュースです。

色々なアメリカ人の友達が言っていました。1日で予算がなくなってしまったので、申告のチェックが緩んでいた制度でした。ここから、訴訟とかトラブルが色々起こると思います。

EUの支援策がまだ決まらない

EUの政治のリーダーシップがごちゃごちゃで、€750bnの支援のファンドの政策の内容がまだ確定できていないというニュースです。

EUは国がいくつもあるので、うまくいっていないと僕は認識しています。

オーストラリアの感染者数が上がっている

それ以外のニュースは、コロナのニュースが多いです。オーストラリアのメルボルンは今感染者数が上がっているため、マスクが必須になっているというニュースがあったりします。

アメリカの知事とトランプがやりあっている

右の方のニュースでは、アメリカの知事がトランプさんとぶつかっているという話です。日本だとこういうことはあまりない特殊な国ですが、他の国だとよくあることなんです。

まとめ

僕が今日一番大きなニュースだと思って、日本でもあまり報道されていないニュースは、インドのニュースです。

インドは4万人近く。ここから、かなり政治的にも影響が出ると思う。たぶん、支援策とかも出すと思います。

しかし、それを期待して株を投資するのは難しいと思います。インドの株を持っていたら、短期的には少し注意しないといけないかもしれません。長期的では気にしなくて大丈夫だと思います。

最後に皆さんの質問に答えたいと思います。

質問コーナー

質問コーナーはこちらです(ニュースと分けた方が読みやすいと考え、分けています)

dantakahashifollow.hatenablog.jp

おわりに

英語動画

www.youtube.com

元動画

www.youtube.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です