金と銀が暴騰!これからどうすればいい?

はじめに

金、銀がめちゃくちゃ上がっている。僕が前に出したビデオで短期的に金と銀を買った方が良いよって言ったところから、特に銀はたった一週間くらいで20%以上上がっています。すごいです。僕もびっくりしました。

これに対してたくさん質問が来ました、「買えばいいの?」「売ればいいの?」「どうしたらいいの?」って。

なので、これに対してアップデートしたいと思います。

今日のテーマ

①買った理由、短期と長期を分ける

②チャートを分析する

③おすすめ

①買った理由、短期と長期を分ける

僕は、過去何回も金、銀をおすすめしていますね。金が200ドルくらいの時からずっと見ていました。1900ドルまで上がった時に「くそー、持ってない」と思いました。その時に今度下がったら買うと決断しました。そして金が1100くらいまでいった時に買い始めました。そこから、僕は長期的に積立をしています。

皆さんに誤解してほしくないポイントがあります。

f:id:TakahitoNakashima:20200710024951p:plain

お金を投資する時は、長期と短期を分けて下さい。

長期は引退するまでタッチしないお金。本当に緊急の場合だけ引き出すかもしれませんが、長期は老後資金です。この長期の中に貴金属を入れる。

僕のおすすめでは、資産の7割~9割を長期で運用する。ETFが良いと思いますが、ETFじゃなくても、NISAなどの制度を利用して自動的に積み立てるなら投資信託をやっても良いと思う。

後の、1~3割を短期でやる。僕は、短期でおすすめしたんです。それはなぜかというと、チャートが美しかったから。そしてその中でも銀を特に強くおすすめしました。(該当の過去の記事はこちらです)

長期的な強い抵抗レベルをブレイクしていたんです。抵抗レベルが強いほどもっとブレイクアウトする勢いが強いんです。なぜ、貴金属が好きか。簡単な理由はこちらです。

f:id:TakahitoNakashima:20200722231456p:plain
金÷米ドルのマネーサプライのチャート

金と銀はお金です。金と銀は歴史的にはお金の供給(マネーサプライ)との相関率が高いんです。今の金÷米ドルのマネーサプライのチャートを見ると、金は歴史的にまだとても低いんです。

まだ、何倍も上がることが可能なんです。金融緩和が続いているなら。日本は20年以上やっているけど、アメリカは10年以上やっている。貴金属はすごく上がると思いますので、長期的にずっと持つつもりです。

そして、短期的に銀をおすすめしました。なぜかというと、チャートのブレイクアウトがすごくきれいだったからです。

f:id:TakahitoNakashima:20200722232208p:plain
銀のチャート

この抵抗ラインをブレイクすると、すごく大きなブレイクアウトになるはずなんです。だから、僕はおすすめしました。

今の所、この2週間くらいで20%上がりました。これだけじゃなく、プラチナも金も上がっていて、貴金属全体は上がっています。

②チャートを分析する

ここからチャートの分析をします。

いつも僕が言っているのは何ですか?いろいろな商品を見る時、何を見るって僕は言う?

発生点!発生点はどこなのかを見つけようとする。

f:id:TakahitoNakashima:20200722232602p:plain
プラチナのチャート

プラチナのチャートはボリュームを見てみると、そんなに特別ではない。

f:id:TakahitoNakashima:20200722232654p:plain
銀のチャート

銀の方はボリュームが随分上がっている。コロナショックと同じくらいになっている。

f:id:TakahitoNakashima:20200722232757p:plain
金のチャート

金の方はあまり特別じゃない。

今は、僕は全部先物を見ました。ETFも見てみましょう。僕がおすすめしたPPLT。

f:id:TakahitoNakashima:20200722232908p:plain
PPLT – Chart

ボリュームが随分上がっています。

f:id:TakahitoNakashima:20200722233008p:plain
SLV – Chart

銀のETFのSLVも見てみましょう。これは、何ヶ月振りかのすごいボリューム。

f:id:TakahitoNakashima:20200722233113p:plain
GLD – Chart

それと、GLD(金)のチャートを見てみると。ボリュームはあまり変わっていない。

こうやってみると、発生点はたぶん銀だと思います。

なので、貴金属を分析するのはたぶん銀を見た方が良い。

だから、銀を見てみましょう。チャートは先物でもETFでもどちらでも良いです。

f:id:TakahitoNakashima:20200722233255p:plain
銀 – チャート(分析用)

まず、MACDを見て、OK!上がっています。ストキャスティクスも上がっています。そして、ボリュームが強い。

これまでダンが言っていた分析が全部良い方向を向いています。

ただ、次の分析です。今は25移動平均線から20%以上離れています。

f:id:TakahitoNakashima:20200722233507p:plain
銀 – チャート(過去分析)

これを歴史的に見ると、20%以上離れたのはコロナショックの時くらい。その時は一応回復した。

だから、25移動平均線からどれくらい離れているか、どれくらいの期間離れているかもとても重要なんです。

移動平均というのは時々磁石みたいに戻るんです。今は随分離れている。だから、ちょっと考えたいです。

もう少し発生点を分析したいです。今日はほとんどの貴金属が上がっています。アルミニウム、亜鉛、銅などなど色々上がっています。

これだけではなく、オイルも随分上がっていました。

これを見ると、もしかしたら発生点はアメリカドルかもしれない。

僕も昔言っていましたね。アメリカドルとコモディティ(商品)は大体逆変動するんです。

なぜかというと、ほとんどの商品はアメリカドル建てなんです。なので、歴史的にドルと逆変動する確率が高い。

f:id:TakahitoNakashima:20200722233933p:plain
DXY – チャート

そして、今の米ドルのバスケットのチャートを見てみると、フラッグパターンを抜けて下向きにいっています。

MACDもストキャスティクスもトレンドが強いです。

でも、どこまで下がるか。今はやっとフラッグパターンの底のところまで来ました。

f:id:TakahitoNakashima:20200722234115p:plain
DXY – チャート(フラッグと現在地)

で、ここはサポートレベルかも知れない。ここからもっと下がる可能性ももちろんあります。ですが、ここはサポートレベルとして尊重するべきだと思う。

なので、ここの2つのポイントを見ると米ドルはここからさらには下がりにくいかも知れない。

f:id:TakahitoNakashima:20200722233507p:plain

プラス、銀は短期的な移動平均から少し離れている。そうすると、短期的にこの数日間で安定があるかもしれないと僕は思う。

③おすすめ

これを見て、僕のおすすめは何か。皆さん、投資は全部自己責任です。僕はただ独りの人間、ただ1つの意見。最後は自分で判断して下さい。僕だけを頼りにしないでください。もしかしたら僕も間違っているかも。

僕のおすすめは銀の方は長期と中期に分けないといけない。

f:id:TakahitoNakashima:20200710024951p:plain

もし、今回の暴騰でコモディティが5割とかに膨らんでいたら、リバランスしないといけないかもしれません。つまり、もっとお金を赤と緑にした方が良い。比率を元通りの比率にするため。それとも、黄色の部分を売って、赤と緑に振り分けるかも知れない。

これは、皆判断して下さい。リバランスのビデオも見て下さい。

僕のおすすめは短期的な銀を半分か3分の2くらい売ってもいいかもしれない。

f:id:TakahitoNakashima:20200722235320p:plain
金銀比率 – チャート

金と銀の比率は随分コロナウイルス前の状況まで戻ってしまいました。なので、これから銀がもっと金をアウトパフォームするのは難しいかも知れない。

f:id:TakahitoNakashima:20200722235446p:plain
金プラチナ比率 – チャート

金とプラチナの比率はまだ面白いかもしれない。

あなたが、SLVを僕のおすすめ通りに買っていたら随分利益が出ていると思う。今、半分か3分の2売る、もしPPLTを持っているとしたらそれはそのまま

もし、短期的に何もしていなかったら、少しだけPPLTだけ買っても良いかもしれない。

後は、手遅れだと思う。これが短期的なおすすめです。何回も何回も言いますよ。長期と短期は別です。

短期では銀は利益確定した方が良いと思います。全部一気にはやらない。投資っていうのはいっぺんにやらないんです。いっぺんに全部買わない、いっぺんに全部売らない

極端に動くとあなたの感情も動いてしまいます。これがマインドコントロールの重要なところです。投資でよく習うのは、恐怖と貪欲。恐れてもならないし、欲張りになってもならない。このコントロールをするんです。ここをコントロールして少しずつ進むんです。

銀、短期的にもう少し上がるかも知れない。誰もわかりません。利益確定する。欲張りにならない。もっと上がるかもって後悔しない。

恐れには2つあります。お金をなくす恐れとチャンスを逃す恐れです。

心理学の本だとチャンスを逃す恐れの方が損をする恐れよりもっと大きいんです。ここをちゃんと認識して下さい。後でもっとちゃんとチャンスはある。損をしない方が重要です。

だから、ここをもっと認識して。僕はこれがおすすめです。

皆さん見ていただいてありがとうございます。ぜひ、チャンネル登録お願いします。できれば、他の人にもおすすめしてくだされば嬉しいです。

そして、ぜひ英語のビデオも見て下さい。

おわりに

英語動画

元動画

「金と銀が暴騰!これからどうすればいい?」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です