【投資家向けニュース】07/27 米共和党の新支援策 インド新規感染数5万突破 レバレッジはどれくらいにすべき?

こんにちは!

皆さん、高橋ダンです。

※このブログ投稿では、ダンさんの意思でこの構成になっていると思うので結論を先出しにしたりせずに、そのまま原文のままお楽しみいただく構成になっています。

はじめに

今日は7月27日。今は日本時間の12時半です。

いつものように国際ニュースの紹介をしたいと思います。

まずは株式市場の解説からスタートして、経済ニュース、政治ニュース、社会ニュースを見ていきます。客観的に株式市場の数字を見るところから始めるのがポイントです。

株式市場

早速始めましょう。今日の株式市場で何が起こっているのか

アメリカもヨーロッパも市場はまだ開いていません。

アジアマーケット

f:id:TakahitoNakashima:20200727190519p:plain
Asia Pacific – Markets

NIKKEIは0.54%下がっていて、TOPIXは0.5%下がっています。HANG SENG(香港)は0.18%上がっていて、CSI(中国)は0.41%上がり、ASX(オーストラリア)は0.2%上がっています。MSCI(途上国)は0.81%下がっています。

一応、アメリカの方もまだマーケットは開いていませんが、先物というものがあるんです。

f:id:TakahitoNakashima:20200727190750p:plain
アメリカ市場 – 先物

先物を見てみると、DOW JONESは0.36%、S&P500は0.51%、NASDAQは0.78%上がっています。なので、アメリカ市場は上がった状態でスタートするということです。

経済ニュース

今週は最も重要な1週間

続いて経済ニュースです。昨日も言いましたが、今週は最も重要な1週間です。

特に経済ニュースです。GDPアメリカ・ヨーロッパ・香港・台湾で発表されます。それと、FRBの定例会合が発表されます。GDPの予測が合っているのか、FRBがどんな政策をするのかがとても重要だと思います。

他にはTech系の会社が決算発表をします。なので、注視して下さい。

他のニュースは、今日はほとんどなかったですね。

中国の第1四半期の工業指数が発表された

第一四半期の情報がところどころで発表されていますが、遅れているのであまり意味がないと思います。

中国の工業指数は第1四半期に12.8%下がっています。これも予測より低かったので少しマーケットはがっかりしていたかもしれません。ただ、第一四半期のデータで遅れているのであまり重要だとは思いません。

社会ニュース

世界のコロナ状況

f:id:TakahitoNakashima:20200727191334p:plain
日次新規感染者数 – コロナ

今日の新規感染者数は216,347人でした。なので、22万人以下になったということです。だいたい1週間前は25万人を毎日のように見ていたのでGood Newsだと思います。

死亡者数もみてみます。

f:id:TakahitoNakashima:20200727191500p:plain
日次死亡者数 – コロナ

こちらも今日は4000人くらいでかなり減っています。

そして、分析してみると。

f:id:TakahitoNakashima:20200727191614p:plain
国別感染者数 – コロナ

アメリカはかなり下がっていて良いニュースだと認識しています。ブラジルの方は今日2万人程度ですが、データが合っているかどうかは少し疑問です。インドは5万人を突破しました。これは大きなニュースです。

アメリカの新しい経済政策について

他の今日のニュースは、アメリカの共和党が新しい経済政策を提案するというニュースがあります。そして、その中で給付金の制度が提案され、1人12万円から13万円くらいになると思います。

たぶんこれは共和党でも民主党でも通る案だと思います。

金融商品の高騰を懸念している投資家が多い

それ以外のニュースは、多くの投資家が色々な金融商品が暴騰していることを懸念しているというようなニュースもありました。

こういうニュースを僕は見ると、まだ買っていなく嫉妬している投資家が多いのかなと感じます。だから、高くなっているけど買わないといけない投資家が多いのかなと思います。

欧州の銀行は現金を多く用意している

他のニュースは、欧州の銀行は現金を多く用意しているというニュースもあります。

それ以外はあまり新しいニュースはありません。

中国が成都にあるアメリカ領事館を閉鎖した

中国が成都にあるアメリカの領事館を閉鎖した。これは、完全に予測されていたので大きなニュースではないと思います。前の中国のビデオをぜひ見てみて下さい。

アメリカで学校の再開について議論が巻き起こっている

それ以外は、アメリカの方では学校を再開することに対して多くの議論が起こっています。

まとめ

今日の一番大きなニュースはコロナウイルスの新規感染者数が21万人くらいに減ったことだと思います。

それと、共和党の新しい経済政策が通るとしたら日本もコピーしようとすると思います。日本の政策は欧州かアメリカがやってからそれをコピーすることが多いんです。

安倍政権の支持も下がっているので、新しい提案があるのではないかと予想しています。

質問コーナー

レバレッジはどれくらい使うべきか

昨日のビデオに対して、レバレッジをどれくらい使うのか?

これはとても重要な質問だと思います。僕はレバレッジを使わない方が良いと言いました。が、商品によって違うんです。

どのFXの商品かによってボラティリティが全然違うんです。例えば、ドル・スイスフランとかは全然動きません。ただ、ロシアルーブルとか途上国の通貨だと変動率がすごくあります。

だから、変動率によってレバレッジの調整をした方が良いと思います。ただ、あなたが初心者だったらレバレッジを使わないでください。0です。お金を失いやすいんです。

ヘッジはするべきか

その他の質問はヘッジをするのかという質問です。

FXはショートではないです、空売りじゃないです。売るか買うかです。

なので、ドル円を売るということにしたら、ヘッジにするとしたらドル・オーストラリアドルとかドル・シンガポールドルとかがヘッジとしては良いかも知れない。

ただ、僕だったらヘッジをするよりポジションを少なくてしてヘッジをあまり使わないというようにするかもしれません。もし、ヘッジをするとしたらあまり動かないものを買うのがおすすめだと思います。

以上です。今日も見てくれてありがとうございました。

ぜひ、英語のビデオも見て下さい。

おわりに

過去記事一覧

dantakahashifollow.hatenablog.jp

英語動画

www.youtube.com

元動画

www.youtube.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です