日経平均は危険か マザーズ指数もやばい?

こんにちは!

皆さん、高橋ダンです。

※このブログ投稿では、ダンさんの意思でこの構成になっていると思うので結論を先出しにしたりせずに、そのまま原文のままお楽しみいただく構成になっています。

はじめに

日経平均について最近全然話していない。そのため、アップデートします。

今日のテーマ

日経平均に最近何が起こっているのか

②チャート分析、これからどう動くのか

③おすすめ

日経平均に最近何が起こっているのか

OK!早速始めましょう。

日経平均は最近どうなっているのか。

f:id:TakahitoNakashima:20200729003003p:plain
日経平均 – Chart

日経平均はコロナショックと同じ状況までほとんど回復しています。

TOPIXの方も見てみましょう。

f:id:TakahitoNakashima:20200729003211p:plain
TOPIX – Chart

TOPIXの方は7割くらいしか回復していない。だから、日経と比べてまだ回復していないということです。

そして、3番目に見せたいのはマザーズです。

f:id:TakahitoNakashima:20200729003346p:plain
マザーズ – Chart

マザーズは完全に違います。コロナショック前よりかなり上がっています。

一応レビューですが、日経平均のチャートはアメリカの株式市場のチャートとほとんど連動しています。歴史的にはこれは日経平均ドル円と相関が高かったんです。ドル円ビデオもぜひ見て下さい。

歴史的にはドル円が下がるとき、日経平均は下がっていました。この相関率がコロナで変わったんです。これがものすごく重要です。

相関率がドル円日経平均はすごく高かったですが、今は違います。ぜひ皆さん頭の中に入れて下さい。

今の時点では日経平均アメリカ市場と相関率が高いです。S&P500を見てみると。

f:id:TakahitoNakashima:20200729003941p:plain
S&P500 – Chart

今は回復していて、ちょっとこれからどうなるかよくわからない感じです。ちなみに6月11日辺りに1回ショックのようなものがありました。日経平均も同じようなショックがありました。

f:id:TakahitoNakashima:20200729004111p:plain
日経平均 – Chart

同じようにショックがあり、そこからは横ばいになっています。

この時の発生点はアメリカの金融でした。XLFを見ると。

f:id:TakahitoNakashima:20200729004229p:plain
XLF – Chart

大きく下がっています。なぜかというと、FRBの政策によってです。その政策ではイールドカーブ・コントロールをあまりしないことや、銀行に配当をあまり出さないように言ったことなどがありました。

それによってかなり下がり、アメリカのマーケットと日本のマーケットに影響がありました。

OK!これが、今日経平均に起こっていることです。

日経平均TOPIXアメリカの株式もあまり方向性が出ていない状態です。

②チャート分析、これからどう動くのか

チャートの分析をする時に質問があればぜひ過去のビデオを是非見て下さい。初心者の投資というカテゴリがあるので是非そこを見て下さい。

日経平均のチャートを見てみましょう。

f:id:TakahitoNakashima:20200729004712p:plain
日経平均 – Chart

まず、ここがダブルトップかを決めるのはまだ少し早いと思います。まだ、右端がそんなに下がっていないので、ここが22000を切ったらダブルトップと言えるかもしれません。
まだここはレンジの中にいると思います。レンジの中にいる時はボリンジャーバンドが使いやすい

そういう時は、だいたいこの範囲で動くという単純な分析で始めます。

MACDも見てみますが、とても見にくいです。

f:id:TakahitoNakashima:20200729004927p:plain
日経平均MACD

下がる傾向にも見えるんですが、行ったり来たりをところどころでしているので日経平均に使う適切な設定はこちらかもしれない。

f:id:TakahitoNakashima:20200729005042p:plain
MACD – 設定
f:id:TakahitoNakashima:20200729005121p:plain
日経平均MACD

ここを見ると、もう少しスムーズになっているように思えます。

ストキャスティクスも普通は14,3,3なのでこれを3倍にしました。そうしないとトレンドが見えなかったので。

f:id:TakahitoNakashima:20200729005242p:plain
日経平均ストキャスティクス42,9,9

ストキャスティクスは上がっているトレンドのようです。

MACDは下がるトレンドでストキャスティクスは上がるトレンドになっている。とても見にくいです。

なので、あまり僕はビデオをしていませんでした。

TOPIXも見てみましょう。

f:id:TakahitoNakashima:20200729005426p:plain
TOPIX – Chart

TOPIXはショックで落ちてたらもっと狭いレンジで動いています。そして、今50平均を突破するかなっていうところ。

f:id:TakahitoNakashima:20200729005544p:plain
TOPIX – Chart

MACDもこれは下がっている傾向だけど見にくい。ストキャスティクスも下がっている傾向だけど見にくい状況です。ボリンジャーバンドを見てもあまり役に立ちません。

最後にマザーズの方を見てみると、ここはもう少しチャートのパターンが見えます。

f:id:TakahitoNakashima:20200729005718p:plain
マザーズ – Chart

マザーズはヘッドアンドショルダーになりそう。MACDはスムーズで下がっている傾向。ストキャスティクスも下がっている傾向です。

こっちの方は下がる傾向がもう少し強いと思います。

これを聞いて最後に僕の意見。何回も言いますが、自己責任です。これは、短期的です。長期的ではありません。もしわからないことがあったら過去のビデオを見て下さい。

僕のオススメは、マザーズがトレンドが強いです。日経平均とかTOPIXはわからない。トレンドが見やすいのはドル円、貴金属。そちらに集中してお金を作ろうとしている。

今ひとつ考えているアイディアはTOPIXと日経は買いたくない、ただマザーズは売りたい。

だから、比率を見てみましょう。

f:id:TakahitoNakashima:20200729010149p:plain
日経 / マザーズ

ここの比率は面白いです。ここを見ると、逆ヘッドアンドショルダーです。良いチャートで短期的に上がりそうです。1週間とか3ヶ月かかるかはわかりませんが。

MACDストキャスティクスも上がっている。

f:id:TakahitoNakashima:20200729010329p:plain
TOPIX / マザーズ

日経 / マザーズTOPIX / マザーズで微妙に違いがあります。TOPIX / マザーズは50移動平均線をまだ突破していない。日経の方は突破している。

ここを見ると、TOPIX / マザーズの方が上がる可能性が高いと認識している。

マザーズを少し売りたい、そしてヘッジとしてTOPIXを買う。これは、先物でする。株ではやらない。

マザーズ先物を売る。TOPIX先物を買う。それを1対1でやる。じゃないとこのチャートは適切ではない。そして、ちょっと待ってみる。

もし、あなたが初心者で先物をやったことがない時にはこれは無視して下さい。

先物の世界はレバレッジを使ったりするので、危険になる時もあります。だから初心者であればただ勉強して下さい。

OK!皆さん。たぶん気づいていると思いますけど、英語バージョンの方が早く配信しています。なので、英語バージョンを登録してください。そして見てみて下さい。

おわりに

過去記事一覧

dantakahashifollow.hatenablog.jp

英語動画

www.youtube.com

元動画

www.youtube.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です