【投資は自己責任】今持っているXLFに対して最新状況を分析してみた

こんにちは。

高橋ダンの影武者ブログの筆者です。

はじめに

投資は自己責任!!なので、今自分が持っている商品の分析をしていこうと思います。

今回は、決算発表などで日本株や米株に関して悲鳴が所々で聞こえてきたので焦って自分の持っている商品を確認したのがきっかけです。

今ポジションを持っている金融商品

・XLF

ビットコイン

ビットコインは調子が良いのはよく見ているので、XLFの方に関して分析をしたいと思います。

今日のテーマ

①なぜXLFのポジションを持つことにしたのか

②今、ポジションを持った根拠はどうなっているのか

③まとめ

①なぜXLFのポジションを持つことにしたのか

細かく、背景を確認したい方はこちらをご確認下さい。

当時あったポイントとしては、以下の要素がありました。

NASDAQが2%下がったのに、DOW JONESが動いていなかった。

NASDAQ, DOW JONES, S&P500のコロナ後のチャートを見て、NASDAQだけ明らかにパフォーマンスが良かった。

NASDAQの2%下落の発生点はTech全体だった。

④S&P500 / NASDAQのチャートを見てMACDが交差するポイントだった(トレンド転換)

①~④をあわせて、これからS&P500とNASDAQのパフォーマンスの差が縮まっていくのではないかと推測。

⑤S&P500をセクター別に確認し、明らかにXLFだけパフォーマンスが良くなかった。

⑥XLFのチャートはMACDが交差するポイントで上昇するタイミングに見えた。

このような背景があり、XLFを購入するということをしています。

そのため、これらの根拠が崩れている場合には注意をしたいと考えています。

②今、ポジションを持った根拠はどうなっているのか

株式市場のパフォーマンス

f:id:TakahitoNakashima:20200731044052p:plain
株式市場全体

NASDAQとDOW JONESの1ヶ月のパフォーマンスを比較すると3%程の開きがあります。ポジションを持つと決めた時は6.5%くらいの開きがありました。

S&P500とNASDAQのパフォーマンス差は0.5%程度になっています。当時は、4.5%程開きがありました。

うーーーん、差はたしかに縮まっているが、これだけではまだなんとも言えませんね。

S&P500 / NASDAQ の比率チャートは今どうなっているのか

f:id:TakahitoNakashima:20200731044451p:plain
S&P500 / NASDAQ – チャート

入ったのが7月14日なので、交差したところからまだトレンドは変わっていないように見えます。真ん中に見えるチャートがMACDで一番下にあるのがストキャスティクスです。

XLFのチャートはどうなっているのか

f:id:TakahitoNakashima:20200731044935p:plain
XLF – チャート

XLFのチャートは少し様子がおかしいです。14日に交差して以来初めてもう一度交差しそうになっています。

ストキャスティクスに関しては問題なさそうです。

③まとめ

今回に結論としては、S&P500 / NASDAQのパフォーマンス差が縮まっていくことはしばらく続きそう。

しかし、XLFがS&P500のパフォーマンスを引き上げる主役ではなかったかもしれない。そんな懸念を少し抱きました。

このまま、XLFのパフォーマンスが低調な場合MACDの交差は確実に来るように思えます、そのためテクニカル的に短期のXLFの取引を終了することが懸命な判断となる可能性があると思います。

おわりに

過去記事一覧

dantakahashifollow.hatenablog.jp

エントリのきっかけの記事

dantakahashifollow.hatenablog.jp

前回の分析

dantakahashifollow.hatenablog.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です