日経平均が暴騰?銀行株はチャンスか?

こんにちは。
皆さん、高橋ダンです。

はじめに

日本の株!日経平均が上がってるよ、どうなってるの?という質問が多く来たので日本の株についてアップデートしたいと思います。
特に、日経平均だけでなく、TOPIX、マザーズ。そして、日本の銀行の株について話したいと思うのでよろしくお願いいたします。

今日のテーマ

①先週僕が考えていたことのレビュー
②現在の状況の分析
③オススメ

①先週僕が考えていたことのレビュー

前のビデオで言っていたことは何か。
今回のは短期です。復習になりますが、投資というのは7割から9割を長期に投資をするべきで、このように分散するべきだと思います。

長期は僕の定義では1年以上。短期は1年以内です。
今日話す全ては短期です。では、先週言っていたことをおさらいしましょう。
まずは、日経平均についてです。

日経平均 – Chart

先週紹介したのは、この辺りでこの時には日経平均ちょっとやばいよ!!と言いました。そして、同時にマザーズもやばいよと思って紹介しました。
そこから、数日間下がって「ダン、良かったね。当たったね」ってコメントが来た後にバーって上がりました。これが市場ですね。短期間でどう変わるかはわからない。
その時になぜやばいかと思ったのは、MACDです。

日経平均 – MACD

今も同じような方向ですが、MACDが下の向きを向いていました。もしわからない人がいたら、MACDの説明のビデオを見て下さい。そして、ストキャスティクスも下がっている方向でした。さらに、ダブルトップのチャートパターンにも見えた。
だから、前回は危ないと思っていました。
日経平均だけでなく、TOPIXの方はもっとチャートが危なく見えました。

TOPIX – Chart

TOPIXだとダブルトップの右の山が左の山よりもっと低くなっているのでやばく見えました。
そして、その時一番やばく見えたのはマザーズでした。

マザーズ – Chart

これは、真ん中に頭があって、肩が両側にあるヘッドアンドショルダーズというパターンに当てはまるようで一番やばいと思っていた。
そして、僕の意見ではTOPIXを買い、マザーズを売るというオススメをした。なぜかというと、TOPIX / マザーズの比率が低くなっていると思ったからです。

TOPIX / マザーズ

比べてみると、TOPIX は安く見えたというのが、先週の分析でした。

②現在の状況の分析

OK!それを認識して、これから今の状態はどう思うのかアップデートしたいと思います。
分析をする時はどこから始めるか。発生点を探すところからですね。日本の中の発生点を探すところから始めましょう。
発生点を最初に探すのに適しているのは日経の先物です。日経の先物は非常に大きいです。これは、日本時間でもアメリカ時間でも出来高が大きいです。
TOPIXも大きいのですが、アメリカ時間だと少し少なくなります。
なので、日経のチャートを見てみましょう。

日経先物 – Chart

チャートを見るとほとんど先週と同じですね。4日ほど前に下がった時に出来高が上がっていました。なので、下がった時僕も当たっていた!と思ったんだけど、急に上がった。
けど、ボリュームがとても小さい。夏枯れなので全然信用できないと僕は思っています。

日経先物 – Chart(MACD)

MACDの方を見ても下がっている傾向です。
そして、ストキャスティクスの方もだいたい下がる傾向です。

日経先物 – Chart(ストキャスティクス)

なので、日経平均は下がっている傾向を示しています。
次にTOPIXを見てみましょう。

TOPIX – Chart

TOPIXも下がっている傾向ですね。特に大きな変化は先週と比べてないですね。
マザーズも見てみましょう。

マザーズ – Chart

マザーズは変化がありましたね。MACDが変わりました。突き抜けている。ストキャスティクスはまだ変わっていないけど、突き抜ける直前かも知れないです。チャート自体を見ると、ヘッドアンドショルダーの最後の肩が試されている。抵抗レベルですね。ここを突破したら、このヘッドアンドショルダーは虚偽シグナルということになります。時々トレーディングシグナルは外れるんです。
今の所当たっているかどうかは不明確です。

日経平均、TOPIX、マザーズのまとめ

ここを見ると、日経平均は短期的に下がっている傾向。TOPIXも短期的に下がっている傾向。マザーズは少しこれから上がるような傾向を示している。
ただ、夏枯れで出来高が小さいので信用できないという直感があります。

③オススメ

最後に、オススメを見ていきましょう。
TOPIX / マザーズを見てみると。。。。

TOPIX / マザーズ

これもチャートが変わっています。上がっている傾向だったのが下がっている傾向に変わりました。

TOPIX / マザーズ

ストキャスティクスも下がっている傾向になりました。
チャートが変わったということはあなたも僕も変わらないといけません。これが一番良い考え方です。
これは、短期的には変わったと認識しています。

そして、オススメを見ていきましょう。
オススメを説明する前に、何回も言っていますが、短期と長期は分けて下さい。

長期は7割から9割で積立。短期はトレンドを見る。
今日話すのは短期についてです。そして、皆さんこれは自己責任です。聞きたくなかったら聞かなくて良いです。
僕の意見では、まずは秩序としてトレンドが変わったのであなたも僕も変わる。切る。最低は半分切る。
僕はいっぺんに全部はやらないです。チャートを見ると、3分の2は切ります。しょうがない。MACDが変わった。トレンドが変わったから。
本当に難しいですが、言い訳しない。チャートはチャート。感情は無視して下さい。
後の3分の1は数日間待ってみます。経験的に一気にやるのは良くない。
他には、短期的には日本の銀行のETFがおもしろくなってきたなって思います。
僕は日本の銀行について昔めちゃめちゃ勉強したんです。日本の銀行は特に決算の発表を見てみると、利益が一番大きな部分が短期的にお金を借りて、長期的に売る部分なんです。そのマージンの差が大きいほど利益を出しやすい。小さくなると利益を出しにくい。そして、そのマージンに影響が一番あるのは日銀です。なぜかというと、利率を決めているから。
今はどこの国の銀行もマージンが少なくて困っていますが、特に日本の銀行は20年以上量的緩和が続いていてマージンが少ない状態が続いているので困っています。
だから、PBが1以下の場合がすごく多いんです。
チャートを見てみると。

日本の銀行のETF

これは別に長期的には何も変わっていないです。量的緩和が続く限り、全体的な株式指数に対してパフォーマンスは良くないと思う。
短期的に見ると、ストキャスティクスとMACDは嘘をつかないので、ストキャスティクスは突き抜けている。MACDはまだ突き抜けていないけど、これから突き抜ける可能性が大きいと思う。
だから、短期的に少し買っても良いと思う。けど、本当にちょっとだけ。
なぜ?
マーケット全体のトレンドがまだ見えてないからです。今はトレンドが見えないお金を作りにくい時です。
少し買いますが、弾薬を残しておきます。
これが僕のおすすめです。

皆さん、見てくれてありがとうございます!
もちろん、英語動画も見て下さい。数分だけでも見てみて下さい。
Have a Great Day!

おわりに

英語動画

元動画

「日経平均が暴騰?銀行株はチャンスか?」に2件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です