FX ユーロドル、チャンスが来た!

こんにちは。
皆さん、高橋ダンです。

はじめに

ユーロ・ドル、やっとチャンスが来たかも知れない。これに対してアップデートをしたいと思います。

今日のテーマ

①この1週間で何が起こったのか
②今のチャート分析、マーケットのポジション分析
③オススメ

①この1週間で何が起こったのか

皆さんも多分知っているかも知れませんが、FXの世界はドルを中心として動いています。
そのドルを見るためには、DXYを見るのが適切です。

DXY – Chart

DXYはアメリカドルが分子で、分母にバスケット(ユーロ、円、スイスフラン、スウェーデンクローナ、スイスフラン)が入っています。このバスケットを僕は一番最初に見ています。
これを見ると、コロナショックの時に最初に下がった。これは普通ですね、金融緩和をしたので。そして、いきなり上がった。これはびっくりです。なぜかというとドル不足の世界になったからだと思います。そこが戻ってからフラッグパターンのチャートになり、そこからフラッグが折れてしまってフラッグより下にドルが下がり始めました。
初めの頃は、FXに関してはポジションを持ちませんでした。なぜかというと、何が起こっているのかわからなかったからです。
株式市場が落ちている時に、ドルが上がるなんてあまり見たことがなかったんです。そして、パターンが見えなかったのでライオン戦略として何もしませんでした。
フラッグを切ってパターンが出てきたのが7月20日辺りです。そこからドル円をやっと見始めました。ドル円はずっとタッチしていませんでした。そして、売っても良いかなって思ったのが、青い線を抜けたときです。

USDJPY – Chart

そして、順調に落ちていったのですがその後急激に上がったので半分切って様子を見ようということをしました。
ここで、ヘッジもオススメしました。ドルを売っているので、ドルユーロを買う、ドルオージードルを買うということです。ドルユーロを買うということはユーロドルを売るということと同じです。
というのが今までの状況です。

②今のチャート分析、マーケットのポジション分析

今、どうなっているのか。皆さんに解説したいと思います。
まずは、DXYを見てみましょう。

DXY – Chart

DXYは直近のところでダブルボトムができているように見えます。
次にMACDは、突き抜けていることは突き抜けている。

DXY – Chart(昔のMACDを見る)

過去のMACDを見てみると、虚偽シグナルという外れたシグナルが2,3回あります。

DXY – Chart(昔のストキャスティクスを見る)

ストキャスティクスの方を見てみると、虚偽シグナルは1回です。なので、MACDよりストキャスティクスの方が少しDXYでは優先的に見るべきです。
そして、ストキャスティクスを見ると。

DXY – Chart

上がっている傾向です。これはMACDと同じですね。なのでとてもスムーズですね。
この上がり方もMACDの方がスムーズに突き抜けていなかったけども、ストキャスティクスの方がスムーズに突き抜けています。
そして、RSIを見てみると。

DXY – Chart(RSI)

過小評価のところから回復をしているということを示しています。
ただ、過去を見てみるとまだまだ下がれますね。

DXY – Chart(長期的に見る)

2017年と2018年を見ると、まだまだ下げれるように見えます。
ただ、これは週足なのでもう少し長期的なところです。
次にドル円を見てみましょう。

USDJPY – Chart

ドル円は前の時と同じような感じです。売っていたのを僕は切っています。まだ切っていなかったら切るのがおすすめです。
このMACDもスムーズではないけど、上の方向へいっている。

DXY – Chart(ストキャスティクスを見る)

ストキャスティクスもそんなにスムーズじゃないけど、上の方へいっている。
なんかとても取引をしにくい。難しいと思います。
そして、次にチャートを見るのはドルユーロです。ユーロドルでもドルユーロでもどちらでも良いですが、僕はドルを分子にして全部見たいと思っているからこちらで見ています。

USDEUR – Chart

こちらはMACDがもう少しスムーズだね。DXYとかドル円と比べると。

USDEUR – Chart

もう少し長期的に見ると、MACDもストキャスティクスもちょっと前は全然当たっていないです。ここの世界はしょうがないという感じかもしれません。
今は、良いトレンドを見せていると思います。

③オススメ

これを見てどう思うか。
皆さん!投資は?自己責任ですね。もちろん自己責任です
今日するのは短期のおすすめです。

長期の方は上のグラフのように振り分けて毎月毎月積み立てていくんです。資産の7割~9割を長期に入れる。短期は3割~1割。皆さん、自分で積み立ててください。政府になんか期待しないで下さい。どうなるかわからないから。
今日は短期なので、3割~1割の部分です。
先週のビデオで既にユーロのポジションを取りましたね。先週のビデオはぜひ見て下さい。
だから、先週ヘッジとして持ったポジションをもっと追加するということです。ドルユーロが上がるということはユーロドルが下がるということと同じ意味合いです。
なので、それが僕のオススメで、ちょっとずつやるということです。特にFXの世界はマージンとかレバレッジがしやすいので。
よく聞かれるのが、どこまで目指すのか?ということ。僕はどこまで目指すのかを決めることは超傲慢だと思う。
どこの誰様がどこまでいくのかわかるの?
ただ、方向が変わったことを理解するのにこれだけ苦労するので、どこまでいくかはわからないよ。
トレンドが変わったらその波に乗る。波がいつ終わるかのは全然誰もわかりません。なので、今のところは見て、波に乗るというのが僕の認識です。
皆さん、もう1回言いますけど、FXの世界はマージンが高い。証券会社をどこで作るかなんて僕に聞かないで下さい。まだ僕が日本で口座を作った経験はないので。
ですが、レバレッジは気をつけてください。これは落とし穴です。お金を取るための落とし穴です。ギャンブルをしてしまうのはとても浅い考えで、そういう考えでは長期的に資産形成はできないです。

あ、思い出したことがある。

EUR – ポジショニング

ポジショニングは歴史的な高さなんです。これが面白いと思うポイントでもあります。

今日も皆さんありがとうございます。
日本の皆さんに暑いねとか言われますが、そんなに暑くないです。皆さん、シンガポールに行って下さい!シンガポールの暑さと湿度に耐えられたら大丈夫です。
そして、ぜひ英語動画も見て下さい。

おわりに

英語動画

元動画

「FX ユーロドル、チャンスが来た!」に2件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です