【投資家向けニュース】8/8 アメリカ失業率の発表、どう考える?

こんにちは。
皆さん、高橋ダンです。

今日は8月8日、日本時間の15時です。
今日も皆さんに国際ニュース、日本であまり報道されていないニュースを紹介したいです。
いつもの通りに最初に世界の株式市場に目を通して、経済ニュース、社会ニュース、政治ニュースを見ていきたいです。

株式市場

アメリカマーケット

DOW JONESは0.17%上がり、S&P500は0.06%上がり、NASDAQは0.87%下がり、S&P/TSXは0.21%下がっています。

ヨーロッパマーケット

Euro Stoxx 50は0.38%、FTSE(イギリス)は0.09%、DAX(ドイツ)は0.66%、CAC(フランス)は0.09%それぞれ上がり、IBEX(スペイン)だけ0.11%下がっています。

アジアマーケット

NIKKEIは0.39%、TOPIXは0.2%、HANG SENG(香港)は1.6%、CSI(中国)は1.15%、ASX(オーストラリア)は0.62%、MSCI(途上国)は1.15%それぞれ下がっています。

まとめ

アジア時間ではアメリカの失業率が発表されていなかったので、アメリカ・ヨーロッパとアジアでは別々に動いていて、アメリカとヨーロッパは同じように動いている(ほとんど動いていない)と認識しています。

経済ニュース

今日最も大きなデータはアメリカの失業率と雇用人数です。

アメリカの雇用人数が発表されて大幅に予測を上回った

7月の雇用人数は176万人でした。これは、マーケットの予測よりかなり上回りました。予測は160万人だったのでかなり良いデータと認識しています。

アメリカの失業率が発表されて、こちらもマーケットの予測を上回った

雇用人数とともに発表されたのが、失業率です。7月の失業率は10.2%と発表されました。マーケットの予測が10.5%だったので、これもまた良いニュースだと認識しています。

ドイツの貿易収支も発表されたが、それほど重要ではない

それ以外の今日の経済ニュースはあまりありませんでした。ドイツの貿易収支とか発表されているんですけど、それほど重要じゃないですね。昔と比べてドイツのパワーバランスは下がっているので。中国とかの情報は重要ですが、ドイツの情報はあまり重要ではないです。

社会ニュース

世界のコロナ状況

世界のコロナ新規感染者数

今日は283,009人です。
そして、死者数は。

日次コロナ新規死者数

世界の死者数は6,448人です。
そして、国別に分析してみると。

国別コロナ感染者数

アメリカが63,246人、ブラジルが49,502人、インドが61,455人。なので、今日はアメリカが一番多いですね。インドより少し上でした。インドがアメリカと同じような状況になっていて、ブラジルは上がったり下がったり本当によくわからない状況です。
インドの方は上がっている認識で、アメリカは中期的には下がっています。

ロシア、中国、イランはアメリカ大統領選挙にどちらに勝ってほしいか

他のニュースは、まず疑問なのはCNBCがどうしてこんなセンシティブなレポートをもらったのかです。合っているかもわかりませんが、ロシアと中国とイランはバイデン氏とトランプ氏のどちらに勝ってもらいたいかというニュースです。
それによると、ロシアはトランプに勝ってほしくて、中国とイランはバイデンを支持しているということでした。合っているかわかりませんが、エンターテインメントとしてこういうニュースも読んでいます。

アメリカの共和党と民主党がいつもの通り戦っている

他のニュースはあまりないです。アメリカの共和党と民主党がいつもの通り戦っているというニュースはありました。良いことです。2党が戦って議論をする。これは、日本ではあまりないことですね。議論はしているけど、パワーはほとんど1党なので。
今、何を議論しているのかと言うと共和党の新しい給付金の提案についてです。それが提案されているのですが、議論していてほとんど進んでいない。トランプは行政の決定だけで支給しようとしているが、アメリカの憲法ではできることはそれほどありません。

レバノンのニュースもたくさん出ている

それ以外のニュースは、レバノンのニュースもいっぱい出ています。これは恐ろしい出来事ですが、これから目覚める時も歴史的にあります。
これはもしかしたら、楽観的に見るとしたら長期的な節目になるかもしれないと思っています。

アメリカの共和党と民主党の争いについては多くの記事が取り上げている

それ以外は、アメリカの共和党と民主党の争いが多いですね。
民主党は財政健全化のために否定していると言っています。けど、本当は給付金の法案が可決されてしまうと、トランプに対する支持が高まってしまうのでそれをしたくないという気持ちもあると僕も思っています。
法律を具体的に見ているわけではないので、法律のどこかに変な部分もあるのかもしれません。

まとめ

今日の一番重要なニュースは間違いなく、アメリカの雇用人数、失業率が発表されたことです。雇用人数の176万人はとても大きいです。しかし、皆さんレビューですが、4月になくした雇用は2000万人以上です。

アメリカの雇用人数

なので、3月と4月で失った2200万人くらいの全てが回復していないので、雇用人数の回復にはまだまだ時間がかかると思います。
それと失業率を見てみると。

アメリカの失業率

失業率の10.2%はとても良かったのですが、コロナの前の数字を見るとまだ全然戻っていません。

アメリカの失業率長期推移

アメリカの長期的な失業率の平均は5%くらいなのでそこまでもまだ戻っていないということなので、まだまだ回復までは時間がかかると思っています。

質問コーナー

XLF/QQQについてどう思っているか

これは、今度ビデオに出しますが、正直言うと、ちょっと前に少しカットして残りで様子を見ているという状況です。(影武者が独自で分析したものと同じような判断をダンさんもしていたようです。そこについては、記事を出しているのでもし良ければ見てみて下さい。)

XLF/QQQ

今のレベルは僕がオススメしたレベルからほとんど動いていません。なので、損もしていないし、利益も出ていないので様子を見ています。
これは、少し浅い分析なのでちゃんとした分析を月曜日とかに出そうと思います。

皆さん、今日も見てくれてありがとうございます。
日本が暑いね、暑いねと皆さん言っていますが、シンガポールとかと比べるとそんなに暑くないです。ただ、日本は冬との温度差が大きいので暑く感じるかもしれません。今の気候は東南アジアに戻ってきたような感じです。
Have a Great Day!

おわりに

英語動画

元動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です