【投資家向けニュース】8/9 トランプが給付金を指令、TwitterとTikokが連合?

こんにちは。
皆さん、高橋ダンです!

はじめに

今日は8月9日、日本時間の15時20分です。
今日も皆さんに世界のニュースのまとめを紹介したいと思います。
いつもの通り世界の株式市場に目を通してから、経済ニュース、社会ニュース、政治ニュースを解説していきます。

株式市場

日曜日は株式市場は動いていませんが、今月の変動率などを分析するんです。

アメリカマーケット

DOW JONESは5.21%、S&P500は5.22%、NASDAQは3.71%、S&P/TSXは5.29%それぞれ上がっています。
NASDAQがパフォーマンスを下げています。これは、裁定取引の影響もあると思いますし、年間で見ると圧倒的にパフォーマンスが良いということもあります。だから、これは続くかなと思います。

ヨーロッパマーケット

Euro Stoxx 50は今月は1.32%下げていて、FTSE(イギリス)も1.04%下げています。DAX(ドイツ)は0.33%上げています。CAC(フランス)は1.63%下げて、IBEX(スペイン)も5.06%下げています。
スペインは大きく下げているので、注目した方が良いと思います。GDPが悪かった影響が大きいと僕は認識しています。

アジアマーケット

NIKKEIは0.18%上がり、TOPIXも0.75%上がっています。HANG SENG(香港)は4.65%下がり、CSI(中国)も0.95%下げています。ASX(オーストラリア)は1.45%上がり、MSCI(途上国)は1.98%上がっています。

まとめ

一通り見てみて、一番目立つのがスペイン。それと香港も下がっている。NASDAQが今年になって初めてS&P500とDOW JONESと比べて弱いというのが僕にとって目についたポイントです。

経済ニュース

次に、経済ニュース。日曜日なので何も発表されていません。
しかし、今週発表されるニュースを皆さんに紹介したいです。今週はGDPがイギリス、ロシア、マレーシア、香港、台湾、シンガポールで発表されます。GDPについてわからない方は過去のビデオを見て下さい。
それと、工業指数というものがアメリカ、中国、ヨーロッパ、イギリスで発表されます。
それと、小売がアメリカと中国で発表されます。
そして、雇用指数がイギリスとオーストラリアで発表され、インフレ指数がアメリカと中国とインドで発表され、中央銀行が定例会合をするのがメキシコとニュージーランドです。
なので、一番重要なのがGDPです。世界の予測に対して本当に当たっているかどうかでわかるんです。他にはアメリカの指数とインフレ指数が出るので、それが一番重要なニュースだと思います。

社会ニュース

世界のコロナ状況

日次コロナ新規感染者数

今日は、262,524人です。
そして、死者数を見てみると。

日次コロナ新規死者数

死者数は5,611人です。
チャートの形を見てみると、頂点が2つになっているように見えるのでもしかしたらピークは終わったかなって思います。
国別に分析してみると。

国別コロナ感染者

アメリカは54,199人、ブラジルは46,305人、インドは65,156人。これは、インドが最多の感染者数になる傾向が続くと思います。

レバノンの大統領が検査を受けている

他のニュースは、レバノンに関するニュースがありました。レバノンの大統領が今回の事件について何か外部から影響を受けていないのかの検査を受けています。これについては、責任を誰かに押し付けようとして逃げているような気がします。もちろん、政府の責任だと認識しています。

TwitterとTikTokが何かの連合を組むかもしれない

次のニュースは、TwitterとTikTokが何かの連合を組むかも知れないというニュースです。ビデオをTwitterの方でも流せるようにできるかもしれないという話が出ています。

トランプが給付金の法案に対する次善の策を用意している

その他のニュースは、トランプが国会で新しい給付金が通らなかった場合、0行政権を使って失業者に週$300の給付を行うというニュースが出ています。これは、選挙に対する行動としてとても重要なものだと思います。
それプラス、州のところでも毎週$100追加を要請しているということです。

国際連合が開かれてベイルートに対する支援策が議論される

他のニュースは、国際連合が開かれてベイルートに対する支援策を出すだろうというニュースも出ています。

コロナ以降天然資源への依存率が高まっている

その他には、コロナで天然資源への依存率が高まり木が多く切られているというニュースが出ています。

まとめ

今日いちばん重要なニュースは、トランプがサインした給付金の次善の策についてです。大統領選挙は経済が結果を定めるんです。トランプ政権はそれを分析していると思います。だから、給付金が必要と知っていると思います。これは良いことだと思います。
他の大きなニュースは、TwitterとTikTokが連合するかも知れないというニュースです。これは、とても大きなニュースです。もし実現したら日本のSNSにも大きな影響があると思います。

質問コーナー

イギリス・ポンドについて

イギリス・ポンドはユーロと同じような感じがしています。

トルコ・リラについて

チャートを見ると暴落しています。これは原因としてはベイルートの事件によってだと思います。もちろん、トルコの経済が問題ということはありますが、今の暴落はベイルートが原因だと思います。

USDTRY

今は、トルコリラは歴史最低の価格だと思いますね。18年の底を切ったのでこれはノータッチです。暴落しているナイフはタッチしないべきです。

今日も見てくれてありがとうございます。
そして、英語動画も見て下さい。英語は絶対に役に立ちます。

おわりに

英語動画

元動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です