まもなく株価大暴落か? 超ヤバい裏話【内部関係者1000人が自社株売却】日経平均とマイクロソフトとアップルとアマゾン

こんにちは。
皆さん、高橋ダンです!

はじめに

インサイダー。何だこれは?色々なニュースが最近出ています。特に自社株を社長などが売っている。もしかしたら、アメリカ株のピークなのか。あなたの株を売れば良いのか。一体どうなっているのか。これに対して解説をしたいと思います。

今日のテーマ

①自社株売却のニュースは一体何なのか
②チャートの分析
③意見と解説

①ニュースは一体何なのか

アメリカで色々なマネジメント層が自社株を売っているというニュースがあります。Black Rock、モルガン・スタンレー、Amazon、モデルナ等のCEOが売っています。これは、懸念するべきなのか?
1つ面白いニュースが出ていました。ここでは、自社株買いの比率が自社株売りの比率と比べて20年ぶりの低さになっているという情報が出ています。今はアメリカ株では20年で一番自社株購入が低いということです。
これを見てパニックにならずにちゃんと分析した方が良いと思います。
これは、ニュースの中にグラフがありますが、そこを見ると特別に低いわけではないです。外れ値ではないんですね。この5年間、10年間見てみれば、危機の時を除けば平均が0.4くらいですね。だから、そんなに平均から遠くないんです。
なので、これは僕から見るとかなり誤解していることだと思う。CNBCはマーケティング的に刺激をするために記事にしていると思う。
僕の意見ではこれはそんなに大きな出来事ではないと思う。
各会社の売却額を見てみると、モルガン・スタンレーのCEOが8億円、Black RockのCEOが24億円など。我々個人的にとっては大きな金額ですが、会社の時価総額から見るととても低い比率です。
僕の意見ではこれは、無視しても良いと思います。

②チャートの分析

実際にアメリカの株式の分析をしてみたいと思います。なぜ、ピーク、ピーク、ピークって言っている人が多くいるのか。
チャートを分析したいと思います。分析をするのは短期の分析です。
日足のチャートを見ながら皆さんに解説したいと思います。

SPX – Chart

今回見るのは、SPX(S&P500)のチャートになります。ウォール街の人たちもよく見ているチャートです。
ここのMACDを見ると、上がる傾向です。もし、MACDがわからなかったらMACDのビデオを見て下さい。
RSIも50以上で、ストキャスティクスも読みにくいけど上がる傾向になっています。
そして、一応出来高の方も見てみます。出来高を見る時は僕はETFを見ます。なぜかというと、インデックスはリバランスとか色々なものが入ってくるので、ETFを見るともう少しきれいに実際の需要と供給のバランスが見ることができると思います。

SPY – Chart

これを見ると、出来高はまだまだ低いのでトレンドは見にくいです。
そして、S&P500についてもう少し面白いところは、今$3341辺りで頃名前のピークが$3390くらいなんですね。なので、あと2%以上の上がりを見せたらコロナの前の値段を突破します。それをしたらかなり話題になります。
なので、それを待つべきだと思います。マーケットの流れは夏枯れなので磁石的にその数値に戻りたい気がします。
NASDAQの方を見てみると。金曜日にはS&P500もDOW JONESもほとんど動いていなかったのに、NASDAQだけは1%も下がったんです。
しかも、今年のパフォーマンスを見てみると、NASDAQは38%も上がっています。DOW JONESはたったの4%です。S&P500は14%。

かなりの差があります。これは、コロナウイルスの影響ですね。Techの会社は利益が上がっていますがかなりの差が出ています。なので、直感的にはNASDAQの方が低いパフォーマンスを示すようになると思います。DOW JONESとかS&P500に比べて。なぜかというと、差が大きいから。ローテーションさせるんです。
そして、先程の自社株買いが減っている記事をよく見ると、売られているのはTeckで金融などは買われています。
アメリカ市場は夏枯れですが、上がっている傾向だと思います。
一応、ボラティリティの方も見てみると。

VIX – Chart

VIXの方もトレンドがとても見にくいんですね。
そういう時は時々VVIX。ボラティリティのボラティリティを見るんです。

VVIX – Chart

VVIXを見ると。もう少しきれいに見えるので、下がっている。
下がっているトレンドの時はマーケットは上がりやすい。これは、下がっているのでアメリカ市場は少しずつ上がっていくんじゃないかなと思います。
ボリンジャーバンドの上の方でもあるので、アメリカ市場は3%とか一気に上るのではなく、徐々に徐々に上がっていくんだと思います。そして、歴史的な最大値を突破するんだと思う。なぜかというと、アルゴがいっぱいあるから。ショートがあって、それを突破して、ショートカバーが入って$3400を超えていくんだと思います。

③意見と解説

最後に僕の意見です。皆さん、投資は自己責任です。最後は自分の判断で自信を持って決めて下さい。

また、これをお見せしますが、皆さんには長期と短期両方やることをオススメしています。
長期は7割から9割の資産を上のグラフのように分散させるんです。残りの3割から1割は短期です。
今日話すのは、短期です。
短期的な僕のオススメでは、アメリカ株は上がっている傾向です。
そして、面白いのは金曜日はアメリカ株はほとんど上がっていませんでしたが、XLFは2%も上がりました。これは強い上昇です。

XLF – Chart

短期で投資する時は強いのを買う。弱いのを売る。それがやり方です。今はXLFは強い。もし持ったままだったらまだ持っておくべき、まだ買っていないんだったら今からでも大丈夫だと思います。
で、ヘッジするとしたらQQQだと思います。QQQもそんなに弱いわけではないですね。

QQQ – Chart

なので、XLFを買って、QQQを売るということの割合を昔からオススメしていたんです。
今のオススメとしては、

XLF / QQQ – Chart

XLFとQQQの割合を少し変えます。XLFをQQQのショートしている金額の2倍から3倍買うんです。それを続けて、もう少し様子を見てみるというのが今の所のおすすめです。

今日も皆さん、見てくれてありがとうございます。
そして、英語動画も見て下さい。

おわりに

英語動画

元動画

「まもなく株価大暴落か? 超ヤバい裏話【内部関係者1000人が自社株売却】日経平均とマイクロソフトとアップルとアマゾン」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です