【投資家向けニュース】8/10 中国食料物価が上昇、コロナが終わり始めた?

こんにちは。
皆さん、高橋ダンです!

はじめに

今日は8月10日、日本時間の15時半です。
今日も国際ニュースの解説をしたいと思います。
いつもの通りに株式市場に目を通して、それから経済ニュース、社会ニュース、政治ニュースを解説します。

株式市場

アメリカもヨーロッパもまだ市場は開いていません。

アジアマーケット

日本は山の日なので、株式市場は閉まっています。
HANG SENG(香港)は0.36%下がっていて、CSI(中国)は0.05%下がっています。ASX(オーストラリア)は1.83%上がっています。

他のところも見てみたのですが、インドの方も開いていて、0.82%上がっています。
なので、開いている株式市場はだいたい上がっているという認識です。

経済ニュース

中国の消費物価指数が発表された

経済ニュースで発表されたのは、中国のインフレ指数が発表されました。インフレは2つの物価指数があります。消費物価指数と企業(生産者)物価指数です。消費物価指数の方が発表されました。(だいだいこちらの方が経済学者は注目しています)
中国の年率消費物価指数は2.7%と発表されました。マーケット予測の2.6%を少し上回ったということです。
内訳を見てみると、食料に関する物価がよく上がりました。

中国の企業物価指数が発表された

もう1つの企業物価指数も中国で発表されました。これは、2.4%で年率換算で上がりました。これは前年比で比べられています。マーケット予測の2.5%を下回りました。

それ以外はほとんど経済ニュースはありませんでした。

社会ニュース

世界のコロナ状況

世界のコロナ新規感染者数

新規の感染者数は少し落ち着いて、良いニュースです。今日は、219,598人が発表されました。なので、かなりの下落です。
もし、チャートがあってMACDがあったら下に突き抜けていると思います。
なので、ヘッドアンドショルダーのパターンなのでピークしていて下がっている傾向が始まっているかも知れないという推測をしています。

世界のコロナ新規死者数

死者数は4,798人が発表されました。こちらも3つのピークで下がっている傾向に僕の目からは見えます。

国別コロナ感染者数

国別に分析してみると。アメリカが47,849人、ブラジルが22,213人、インドが62,117人。もう1つ興味深いのが、コロンビア。

国別コロナ感染者数下位

コロンビアが1万人を突破しました。ここでも感染が起こっているということを認識すると良いと思います。
インドも6万人を超えています。数日間連続なので、世界で新規感染者数が一番高い国という状況が続いているということです。

次に、他の今日の社会ニュースを見てみると。

ドバイの不動産価格が強い

ドバイの不動産の価格が強いというニュースが出ています。コロナでのインパクトがほとんどないんです。世界中の物価はコロナの影響で下がっていないんですね。だから、経済は下がっていますが、それぞれの国の政策でスピード感を持って対応しているので家主は売らなくてはいけないという気持ちはあまりなくて、物価はあまり下がっていないというのが世界の傾向だと思います。

TikTokについては話題になっている

他のニュースは、TikTokについてのニュースです。TikTokを誰が買収するかということは非常に重要なことです。マイクロソフトが今の所一番ですが、Twitterも狙っていて色々なところが狙っています。TikTokは強いビジネスです。ソーシャルメディアはとてもパワーがあるものです。

ミレニアム世代は金銭的に困っている

アメリカのミレニアム世代はこの10年間でコロナを含めて一番金銭的に困っているというニュースです。中央銀行が発表しているものでこういうデータがあったのでとても驚いています。なので、我々はリーマン危機も経験して、コロナ危機も経験して借金を持っていて困っている人が多い。こういう理由で僕もあまりお金を使わないんです。困っている人をたくさん知っているから。だから、ミニマリストの生活をしています。

世界中で1兆円以上の取引がたくさん起こっている

世界中で1兆円以上の取引がたくさん起こっているというニュースです。なので、これは経済がかなり復活しているというサインだと思います。

香港でJimmy Laiさんが国家安全法に基づいて逮捕された

他には、香港のJimmy Laiという人が逮捕されたというニュースです。これは話題になると思います。彼は国家安全法に基づいて逮捕されたということだと思います。

その他の話題

バイデンさんが副大統領として誰を選ぶのかという話題やアメリカ国籍を捨てる人が増えているということも話題になっています。

まとめ

今日一番大きいと思うニュースは、まずコロナです。大きな下がりがありました。さらに、その下がりは3つのピークを付けた後に大きく下がりました。チャートオタクの僕としては、これを見ると売りだと思います。だから、もしかしたら第二波は終わる傾向にあるかもしれません。
他に大きなニュースは、中国の物価指数が上がったというニュースがありました。ただ、10%以上じゃないと歴史的に大きな数字ではないのであまり大きなインパクトはないと思います。
一応、ミレニアム世代には金銭的に悪化している人の割合がとても大きいことを理解してほしいと思います。
それがだいたい今日のニュースです。

質問コーナー

RSIはどういう商品に対して適切か

まずは、昨日のRSIのビデオを見て下さい。僕の意見からするとどの商品でも適切だと思います。これはオイルでも為替でも株でも債権でも、金融商品じゃなくてもチャートがあればRSIは適切に使えると思います。

今日も見てくれてありがとうございます。
ぜひ、英語動画も見て下さい。

おわりに

英語動画

元動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です