【投資家向けニュース】8/11 シンガポール経済暴落、コロナ第2波終わるかも、裁定取引の影響か?

こんにちは。
皆さん、高橋ダンです!

はじめに

今日は8月11日、日本時間の13時です。
今日も皆さんに世界のニュースを解説したいと思います。
いつもの通り、株式市場に目を通し、経済ニュース、社会ニュース、政治ニュースを解説していきます。

株式市場

アメリカマーケット

DOW JONESは1.3%、S&P500は0.27%それぞれ上がり、NASDAQは0.39%下がっています。S&P/TSXは0.37%上がっています。

ヨーロッパマーケット

Euro Stoxx 50は0.22%、FTSE(イギリス)は0.31%、DAX(ドイツ)は0.1%、CAC(フランス)は0.41%、IBEX(スペイン)は1.49%それぞれ上がっています。

アジアマーケット

NIKKEIは1.7%、TOPIXは2.21%、HANG SENG(香港)は2.24%、CSI(中国)は0.66%、ASX(オーストラリア)は1.04%それぞれ上がり、MSCI(途上国)は殆ど動いていません。

まとめ

これを見て、NASDAQがまた下がっています。なのに、DOW JONESは上がっています。ぜひ、昨日のビデオを見て下さい。インサイダーの話ですが、このことについても話しました。裁定取引の影響だと思います。年率のパフォーマンスを比べると大きな差があるので、この差はもう少し縮むと思います。
もう1つ重要なのは、スペインです。スペインも今年かなり下がっていますが、今日は上がったのは面白いかなと思いました。

経済ニュース

シンガポールのGDPが減少した

シンガポールのGDPが42.9%第2四半期で減少したということが発表されました。皆さん、ここで注目してほしいことは2つです。1つ目は、これは発表されたのは3週間くらい前です。概算が発表されていました。
そして、この予測が発表されてから今日確定値が発表されたということなので、全然新しいニュースではないです。
そして、数字の計算方法は決まっていないんです。今回は前四半期との比べです。1四半期はすごく上がっていたので、2四半期でコロナのインパクトで下がった分が数字が大きくなったように見える。
だから、これでパニックになる必要は全然ないです。

日本の経常収支が発表された

日本の経常収支が発表されました。これも少しだけ下がったということですね。日本の経常収支は今ちょっとだけのプラスなのでマイナスにいった場合は、円が安全通貨ではなくなることがあるかもしれないので注意した方が良いと思います。日本は歴史的に戦後ほぼずっと経常収支がプラスなんです。

日本の経常収支

社会ニュース

世界のコロナ状況

世界のコロナ新規感染者数

今日は216,297人が発表されました。これはとても良いニュースです。チャートを見ると頭が3つです。どんなチャートでもチャートはチャートなので、データが合っていれば分析できます。分析すると下がっていると思います。だから、第二波は終わっていると思います。これは大きな出来事です。合っているかわからないですが、僕の意見です。

日次コロナ新規死者数

死者数の方も同じようなチャートになっています。
今日は4,558人になっています。これもまた下がっているように見えます。
国別に分析してみると。

国別新規感染者数

アメリカが49,800人、ブラジルが21,888人、インドが53,016人、コロンビアが10,142人です。コロンビアは皆さん注目して下さい。
こういうことが起きているということを認識して下さい。
アメリカは5万人を切っているので良いニュース、ブラジルも2万人程度なので良いニュース、インドはびっくりしました。毎日上がっていたのが5万人に下がったので良いニュースです。

レバノンの総理と閣僚が辞任した

他のニュースは、レバノンの総理と閣僚が辞任したというニュースがあります。これは当たり前だと思います。これは良いニュースだと思う、新しいスタートが切れる。ここから良い方向に取り組めるような節目になると思います。

ホワイトハウスの外で誰かが銃を打っていた

他には、ホワイトハウスの外で誰かが銃を打っていたというニュースもあります。これは、たまにあることでそんなに大きなニュースではありません。

ベラルーシで大統領選挙に対する抗議が行われている

その他には、ベラルーシで大統領選挙が行われていた事に関するニュースです。与党が勝ったということに関して虚偽選挙と抗議をしている人がいるということです。独裁の国なのでこういうことが起こっているということです。

シアトルではまだ抗議が続いている

他には、シアトルではまだ抗議が続いているというニュースがあります。

トランプの新しい給付金の制度に対する記事も出ている

他には、トランプが新しく300ドルを配るという制度が本当に行われるかどうかについての記事も出ています。州によってはかなりの現金不足でできないという主張もあるし、共和党と民主党がいつもぶつかり合っていて、どうするのかなどが書かれています。

まとめ

一番重要なニュースは、コロナの第二波が終わっているように見えることです。急にまた伸びるかもしれないですが、今のところは終わっているように見えます。
もう1つはシンガポールのGDPについてです。これは大きく色々なところで報道されるかも知れませんが、誤解しないで下さい。これは、既に起こったニュースです。そして、計算の仕方が変です。
3つ目は、NASDAQが下がっているのに、DOW JONESが上がっているというのはなんで起こっているのか。これは過去のビデオを見て下さい。

質問コーナー

自社株の売りについて

これは、歴史的にそんなに重要なことではないです。ただ、アメリカのメディアだけでなく、日本のメディアも大きなニュースにしているだけです。
皆さんに恐怖させるためにつけたタイトルではないです。

XLF/QQQを長期の積立でできるかどうか

できるかもしれませんが、投資に入る前には入る理由が必要です。
長期というのは全然違います。老後資金。
僕がオススメしたのは、短期です。短期でやる。なので、ルールをちゃんと守る。トレンドが続く限りやる。
もし、トレンドが変わったら、短期的にポジションを辞めます。
短期と長期はそれを守って下さい。

XLF / QQQ – Chart

今日も皆さん、見てくれてありがとうございます。
英語動画もぜひ見て下さい!

おわりに

英語動画

元動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です