ゴールドとシルバーが急落!これからどうする?

こんにちは。
皆さん、高橋ダンです。

はじめに

金と銀。急落しています。かなり下がっています。これについて解説します。

金 – Chart

金はここ何日間かで8.3%下落しています。銀のほうがもっと激しく、たった2日くらいで17%くらい下がっています。
どうなっているの!?皆さんに解説したいと思います。

今日のテーマ

①前に何を言ったのかのレビュー
②今の状況のアップデート
③オススメ

①前に何を言ったのかのレビュー

金はずっとオススメしています。金はお金のサプライ(供給量)と一緒に計るべきものです。そして、今世界で最も流通しているお金は米ドルです。なので、米ドルとの割合で金の価格を計るのが正しいやり方だと思います。それを見てみると。

GOLD / 米ドル

歴史的にはまだまだすごく低いんです。たしかに金の価格はすごく上がっています。なのに、なぜこのチャートは下がっている?なぜかというと。米ドルのサプライの方がずっと上がっているから。
それだけでなく、金と銀の比率を見てみると。

金 / 銀

銀は今すごく低いんです。金に比べて。だから、銀もすごくおすすめ。
プラチナも見てみると。

金 / プラチナ

プラチナも今すごく低いんです。
だから、長期的なおすすめではコモディティの部分で金・銀・プラチナを入れる。

この下に書いてある割合が重要。もしコモディティが50%とかになっていたら、リバランスしなくちゃいけないと前にも言いましたね。
これは、7割から9割の資産に長期に入れます。残りの3割から1割を短期に入れます。

金 – Chart

僕は前にこの青い線を超えた時に金を買えと言いました。理由はチャートです。
そして、先週あたりに金を全部売るといいました。理由はRSIでした。(RSIの記事はこちらで。金の記事はこちらです。)
銀も同じように短期的に売りました。
長期ではまだ持っています。短期では全部売った。プラチナは短期的にまだ持っている。これが今の時点です。

②今の状況のアップデート

今までがレビューです。これからは今起こっていることを分析しましょう。
今日はもちろん短期も見ますが、長期の分析の仕方も教えます。貴金属は長期的がメインフォーカスなのでここも教えたいと思います。
まず、短期的にこのチャートをよーーーく見てみて下さい。

金 – Chart

次、銀のチャートを見せます。

銀 – Chart

ちょっとだけ何か違いますね。この暴落。気づきますか?

答えにいきますね。金の方がピークしたのが8月6日。銀の方はちょっと違って、8月10日です。2日くらいピークが遅れていたんです。
ここは非常に重要です。こういうところで発生点を掴める。発生点を掴めれば分析ができると思います。
金がこの暴落の発生点みたい。上がる時は銀の方が発生点だと思っていたけど。暴落は暴騰の発生点と違うことが多いんです。いつもじゃないけど。
暴落の発生点は金みたいです。他に気づいたことは、他のコモディティはちょっと下がったくらいで全然下がっていないです。オイルも歴史的には金との相関はポジティブなはずだが、今回は全然落ちていないです。
金が下がったのに、オイルが下がらないのは興味深いです。
随分暴落している範囲が少ないのが面白いです。こういう細かいところも見て下さい。ここにヒントがあると思います。

金 – Chart

チャートに戻ると、MACDもストキャスティクスもRSIも全部下がる方向です。

銀 – Chart

銀の方も下がる方向に一方通行です。
短期で下がっているのは明らかです。しかし長期でも分析してみたいです。

金のポジション

CFTCの金のポジションです。最近は何ヶ月も続いているNet Longの人が多いですね。ポジションがピークした後に下がった。これは2011年あたりととても似ていますね。その時はまずポジションがピークしたんです。その後落ちていった。今も同じです。これはよくある傾向なんです。
このポジションはかなり正確なんです。ポジションが歴史的に低かった2018年の秋、2016年の冬。これを見てみましょう。

金 – 長期チャート

2018年の秋は指の辺りです。そして、2016年の冬もボトムっぽいです。だから、かなり良いシグナルだと思います。
今のポジションはかなり高いのでここからまだ下がれる可能性はあると思います。僕から見ると、今のところはアグレッシブに金を買う必要はあまりないです。ポジションが100くらいまでいってからアグレッシブに買い始めても良いと思います。これが長期的な分析ですね。

③オススメ

最後に、僕のオススメ。投資は自己責任です。
僕の意見では、短期では全然買う必要はないです。暴落しているナイフで買う必要ないと思います。
逆に、空売りを少ししても良いかもしれない。特に銀では細かいところですが、20移動平均をまだ割っていないので銀は少しショートしても良いと思います。
残っている少しのロングのプラチナはおわりです。トレンドは終わった
長期ではどうするのか。ほとんど何も変えません。下の比率さえ固定すれば、リバランスをすれば問題ないです。
リバランスは2つのやり方がある。資金を新しく入れるやり方と持っているものを売って他のところへ配分するやり方です。どちらでも良いです。

長期的には今のまま積み立てます。感情的になりません。
リベンジという言葉をたまに聞きますが、そういうのはダメです。マーケットに感情を持ち込んじゃダメです。合理的に考えなければいけません。

皆さん、今日も見てくれてありがとうございます!
英語動画も是非見て下さい。

おわりに

英語動画

元動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です