日本の銀行株が下落、 国債との繋がりは?

はじめに

日本の銀行株。昨日、ビデオでアメリカの銀行株をウォーレン・バフェットが売った話をして、どう思うのか。
そちらをアップデートしたいと思います。

今日のテーマ

①僕がなぜ銀行の株を買ったのか
②現在の状況の分析
③オススメ

①僕がなぜ銀行の株を買ったのか

1615 – Chart

僕が前にオススメしたのはチャートの形が原因です。(過去のビデオはこちらです)
以前買いのオススメを出したのはMACDが変わる時ですね。
オススメした後に、数日間で上がった。そして、金曜日に2.42%下がって色々な人が不安に思っているということです。
オススメした最初の理由はチャートを見ていて、TOPIXの銀行指数に基づいて作られたもので、3つのメガバンクにウェイトが大きいです。それと地方銀行も少し入っています。
このチャートはコロナが起きる前と比べて全然回復していないです。

1615 – Chart

なのに、TOPIXとか日経平均を比べるとほとんど回復しているんです。

TOPIX – Chart
日経平均 – Chart

なのに、銀行は上がっていないんです。だから、幅があるし、MACDも変わっていたので短期の投資でオススメをしました。
これがレビューです。

②現在の状況の分析

日本の国債のイールドとどう関係があるのかを説明したいです。
その前にチャートを見てみると。

1615 – Chart

MACDもストキャスティクスも上がってますね。なんで僕に聞いてるの?って半分冗談で聞きたいくらいです。
まだ何も変わっていない。RSIも50以下にいっていない。RSIのビデオもぜひ見てほしいのですが、40に急になにかあったから問題とか言うわけではなく流れを見てトレンドを見つけるものです。ここはまだトレンドは上がっている傾向と僕は見ます。
そしてもう少し面白いのは底に注目すると。

1615 – Chart

これは底が切り上がっているパターンなんです。これは良いパターンです。長期的なパターンですが、良いパターンになっています。
他にも元を見てみると。

8411(みずほ) – Chart

みずほ銀行の方はもっと良いチャートになっています。3点で支えられています。2点より3点の方が強いです。他のメガバンクも上がっているチャートになっています。なので、チャートとしては良い傾向だと思います。
それプラス、今日は説明したいことがあります。
皆さん知っていると思いますが、日本の国債です。日本の国債とは政府の借金です。今日話したいのは、日本国債のイールドがどう銀行と関係あるのかです。

日本国債 – Chart
日本国債のイールド – Chart

債権の価格と債権のイールドは逆方向に動きます。これがなんでかわからなかったら、債権のビデオを是非見て下さい。
今起こっていることは、日本国債が下がっているんです。これがなんで下がっているのかというと、アメリカの国債と一緒に動いているからだとおもいます。

アメリカ国債 – Chart

今見ているのは10年債です。一緒に動いています。
国債の価格が下がると、イールドが上がるんです。
それは、日本の銀行にとっては良いことなんです。なぜ良いのかと言うと。
日本の銀行は伝統的なやり方でお金を稼いでいます。伝統的なやり方とは短期的なお金を借りて、お客さんに長期的にお金を預けるんです。その差で利益を得ているんです。
日本はほとんど短期的なイールドも長期的なイールドも0なんです。そうなっているので日本の銀行は利益を作りにくい状況です。
日本国債のイールドが少し上がると、マージンが増えるため利益が作りやすくなるとマーケットは認識しています。アルゴリズムにもプログラムされています。
これが起こるとTOPIXのETFは上がりが始まるはずです。これが大きな理由の1つです。もちろん、裁定取引の理由もあると思います。
なので、僕が言いたいのは、国債のチャートも見るべきだと思います。これを見ると、まだ売りです。

日本国債 – Chart

もちろん、イールドはその逆になっています。

日本国債のイールド – Chart

そしてチャートも上がる方向になっています。

日本国債のイールド(長期) – Chart

日本国債のイールドはここ何年か量的緩和をしていたので一方通行で下がっていたんです。
それと一緒に、1615(銀行のETF)/ 1321(日経平均のETF)のチャートも下がっていたんです。

1615 / 1321

つまりこれは日経平均に比べて日本の銀行株がどういうパフォーマンスになるかを表しています。これはイールドの原因が大きいです。これは長期的な相関が高いです。

③オススメ

オススメはDo Nothing!です。
もし、前回のオススメのところで買っていたらそのままで良いです。そもそも利益は出ているはずなので文句を言うところではないと思います(笑)
利益を作っていて、待つべきだと思う。チャートの形が悪くないからです。1日で2.4%下がったからと言ってパニックすることはないと思います。
また、ここで買いたいということに関しては、僕だったらここではあまり買わないです。トレンドというのは初めに入った方が利益を作りやすいと思います。
もしここで買うとしたら、ヘッジとして1321(日経平均のETF)を空売りすると思います。

1321 – Chart

なぜかというと、今はボリンジャーバンドが狭くてボラティリティが低い時なんです。この狭い範囲の上部分を突破していると思うので平均回帰をするかもしれないので空売りをしながら、銀行を買うというのがおすすめです。
もし、初めに買っていたら何もするべきではないと思います。

今日も見てくれてありがとうございます。
ぜひ、英語動画も見て下さい。

おわりに

英語動画

元動画

「日本の銀行株が下落、 国債との繋がりは?」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です