米住宅指数が歴史最大!ミシェル・オバマはトランプを口撃【8.18 投資家向けニュース】

はじめに

今日は8月18日、日本時間の14時20分です。
今日も世界のニュースを皆さんに紹介したいです。
いつもの通り、世界の株式市場がどう動いているのかを見てから、経済ニュース、社会ニュース、政治ニュースの順番に見ていきたいと思います。

株式市場

アメリカマーケット

DOW JONESは0.31%下がっていて、S&P500は0.27%上がり、NASDAQは1%上がり、S&P/TSXは0.86%上がっています。

ヨーロッパマーケット

Euro Stoxx 50はほとんど動いておらず、FTSE(イギリス)は0.61%上がっています。DAX(ドイツ)は0.15%上がり、CAC(フランス)は0.18%上がっています。IBEX(スペイン)は0.9%下がっています。スペインがいつも弱いですね。

アジアマーケット

NIKKEIは0.28%下がり、TOPIXは0.11%下がり、HANG SENG(香港)とCSI(中国)はほとんど動いていません。ASX(オーストラリア)は1%上がり、MSCI(途上国)は0.32%上がっています。

まとめ

一通り見ると、これは夏枯れです。出来高はどこの株式市場も少なかったので世界的なニュースは株式市場にはないと認識しています。

経済ニュース

アメリカの住宅指数が発表、歴史最大!

アメリカの住宅指数が発表されました。78と1998年以来の歴史最大になっています。僕はここにすごくびっくりしました。アメリカの住宅だけでなく、不動産とか株式が回復しているのは認識していますが、歴史最大レベルに戻ってしまいました。
アメリカの住宅マーケットにとってすごく浅い景気後退だったということが言えると思います。

住宅指数

オーストラリアの中央銀行が定例会合の議事録を発表

他の大きなデータは、オーストラリアの中央銀行が定例会合の議事録を共有しました。この議事録では新しい追加緩和は必要ないということが記されていたということです。

日本の短観が発表

他には、日本の短観が発表されました。これは少し回復しましたがマイナス33なので歴史的に見るとまだ低いです。

日本 – 短観

日本の方を見ていると、先進国と比べて回復のスピードが遅いです。なのでこれは注視してほしいことです。

社会ニュース

世界のコロナ状況

世界のコロナ新規感染者数

コロナの新規感染者数が20万人以下でした。これは久しぶりです。1ヶ月以上前の数字です。
今日発表されたのは198,459人です。これは大きな急落です。

世界のコロナ新規死者数

死者数の方も見てみると、4,297人です。
国別に分析してみると。

国別コロナ感染者数

アメリカは40,612人、ブラジルは23,038人、インドは54,288人、ペルーも5,547人、コロンビアも8,328人です。どこもとても大きく下がっています。コロナに対して歴史的な日かなと思っています。

中国とオーストラリアに貿易摩擦がある

他のニュースは、中国がオーストラリアから輸入されるワインについて調査をするというニュースが出ています。貿易摩擦は中国とアメリカ、中国とインドだけでなくオーストラリアとも起きているということのようです。

OracleもTikTokを買収しようとしている

他には、OracleもTikTokを買収しようと動いているというニュースも出ています。今はこれは色々な会社が買おうとしています。

アメリカのS&P500がもう少しで歴史最大価格に

他のニュースは、アメリカのS&P500という一番重要と見られている指数が後少しで歴史最大価格を突破するというニュースが出ています。これは大きな出来事です。

ミシェル・オバマが演説をしてトランプを攻撃!

政治ニュースでは、ミシェル・オバマが演説をしたというニュースがあります。トランプに対してかなり言っていたようです。彼女は大人気なので彼女のスピーチは大きな影響があると思います。

まとめ

今日の僕の意見で一番重要だと思うところは、アメリカの住宅指数のニュースを注目して下さい。Nahb Housing Indexというんです。こんなに早く回復したというのは大きなニュースです。これが回復したということはDOW JONESもS&P500も回復すると思います。
他には、コロナの感染者数が20万人を下回ったというのも大きなニュースです。色々な国で一緒に下がっているのがすごいと思います。第二波が終わっていると言いたいです。
他には、ミシェル・オバマのスピーチも重要です。

質問コーナー

消費税に対してのサプライチェーンについて

昨日の記事では全てのところで課税されていると言っていましたが、還付などが多くてアメリカと同じように消費者が主に負担するようになっているようです。
記事の中では間違っていました。けど、他のところは分析としては合っていると思います。

ドルについて

ドルはまた底に近くなっている。ユーロドルは大丈夫なのか。
今のところは判断するのはまだ早いです。チャートを見て今度また分析しようと思いますが、まだ僕は同じスタンスを取っています。

S&P500が史上最高値になる時にどうなるのか

これは世界的にニュースになります。この時の分析は重要になるかなと思っています。(記事はこちらです)

おわりに

英語動画

元動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です