日経平均はなぜ1日で戻った?これから日本株を買うのか?

はじめに

安倍総理が辞任した!このニュースは皆さん知っていますよね?
金曜日に日経平均は1.4%くらい下がりました。なのに、今日日経平均はかなり回復しました。

なので、金曜日の暴落をほとんど回復しています。
なぜこれが起こったのか?これから続くのかあなたのポートフォリオをどうするべきか、アップデートしたいと思います!

今日のテーマ

①なぜ今日、日経平均は回復したのか?
②チャートを分析して日経平均のチャートを見てみる。銀行株も。
③僕のオススメ

①なぜ今日、日経平均は回復したのか?

安倍総理が金曜日に辞任しました。歴代最大在任日数の総理大臣です。
それに伴って日経平均は暴落しましたが、なぜこれは回復をしたのか?
一体何が起こっているのか。
色々な理由があると思います。
1つ目は、後継者の噂が出ています。僕が見たところ、後継者になる確率が高いのは菅官房長官です。
なぜかというと、自民党の二階幹事長の推薦をもらったからです。
こういう理由から、菅官房長官が次の総理大臣になるかもしれないという情報が流れています。
今の所、菅官房長官は安倍総理がやっていたことを続ける。コロナ対策もリフレや金融緩和も続けるということで、安定な後継者なのでここの噂で日経平均は回復しているかもしれません。
2つ目は、海外のメディアを見たのですが、安倍総理への意見のニュースなども出ています。
ほとんどのメディアが中立的という感じや、関心を持っていないような感じを持っています。だから、安倍総理が辞任した事自体にはちゃんとした後継者がいれば株式市場や経済へのインパクトはあまりないかもしれないというような記事も出たりしています。
この2つの理由で日経平均は回復していると思っています。

②チャートを分析して日経平均のチャートを見てみる。銀行株も。

次にこの回復は続くのか?

日経平均の分析をする

まず最初は日経平均のチャートをみたいです。

日経平均 – Chart

日経平均は大きなレベルを超えるかどうかというポイントです。23,230のレベルは6月8日に突破しようとした抵抗レベルで8月13日にも抵抗レベルでした。そして、最近のところでも抵抗レベルになっています。
ここは薄いですが、6月のところからWのパターンになっているように見えます。薄いですが。
もし、この抵抗レベルを突破するとしたら24,000くらいまではいけると思います。

日経平均 – Chart

出来高の方も見てみると。今日はあまり出来高はないです。

日経平均 – Chart

MACDも見てみると。今の設定だと少し見にくいですね。なので、設定を変えて。マーケットで一番使われている(12,26,9)にしてみます。
皆さん、MACDの使い方をもし知らない場合はMACDのビデオを見て下さい。

日経平均 – Chart(MACD)

MACDの設定を変えた版で見てみるともう少しスムーズです。一応、買いのシグナルが来てちょうど売りっぽいシグナルだけどまだなっていない。
RSIも上がっているが、、、、50以上なのでまだ上がっているトレンドですね。
だから、あまり大きなトレンドはないです。
抵抗レベルを突破するかどうかが一番気になるポイントです。

銀行株の分析をする

次に、銀行株の分析をしたいと思います。
前からオススメしていました。それはMACDが理由でした。

1615(野村の銀行株のETF) – Chart

ちょうど交差をするところでオススメをしました。(過去のビデオはこちら
この辺りでアメリカの銀行株もオススメしています。そして、パッと上がって、その後にパッと下がりました。そして今はまた上がっています。すぐに気づくのはカップアンドハンドルというチャートパターンが見えることです。これはとてもきれいなチャートに見えます。
MACDを見てみると、前にエントリしたところは良かったんだけど、最近はごちゃごちゃしています。
RSIも見ていると、前にエントリしたところで50を突き抜けて上にいって、直前の下げの時に50を切っています。そして、また上がっています。だから、薄い上がりの傾向を続けています。

1615の組入銘柄を見ると。8316(三井住友)、8306(三菱UFJ)、8411(みずほ)が上位3銘柄です。
今回の1615の発生点は三井住友と三菱UFJです。
なぜ、みずほではない?

8411(みずほ)- Chart

みずほが3つの中では短期的に一番良いパフォーマンスになっています。今は6月の初め辺りまで価格が回復しています。

8306(三菱UFJ) – Chart

三菱UFJを見ると、6月初め辺りまでは全然戻っていなく、青い線の抵抗レベルをテストしています。健康的な強いチャートに見えます。
もっと強く見えるのは、三井住友です。

8316(三井住友) – Chart

こちらの方が何回も抵抗レベルにテストして跳ね返されています。そういうものの方が強い抵抗レベルなんです。
なので、3つの銀行の中で一番強いシグナルを出しているのは三井住友銀行だと思います。
なので、ここが一番おもしろく見えます。出来高も大きくなっています。
そして、もっとおもしろいのは、銀行の個別株と1615は金曜日に上がっていたんです!
金曜日にマーケットは暴落していた。ですが、TOPIXの銀行は上がっていたんです。
下がっているマーケットで上がっているセクターは強いです。我々短期的に投資をする時には、強いものを買う、弱いものを売るというのがルールです。
なので、ここはとても強い傾向を見せていると思います。
最後に、日本の銀行を分析する時には日本の10年の国債利回りを見てみたいです。

日本国債 – 10年利回り

ここも抵抗レベルを突破しました。ここが上がると、日本の銀行はビジネスモデル的に利益を作りやすいんです。
なので、ここを全部見ると日本の銀行は上がり続けるような気がします。

③僕のオススメ

皆さん、投資は自己責任です。
今日のオススメは短期的なオススメです。長期的は僕のオススメでは下の図のように分散して1年以上を積み立て投資でやることです。

今日のオススメは日本株についてです。
まずは、1615を最初にオススメした時から持っていた人は喜んでいると思います。ここはそのまま売る必要はないと思います。
カップアンドハンドルは強い傾向です。MACDは怪しいですが、僕の意見ではチャートのパターンの方がもっと重要だと思います。
カップアンドハンドルだけでなく、逆のピラミッドのようにも見えます。

1615 – Chart

そして、もっと好きなのは三菱UFJと三井住友でブレイクアウトがあることです。これがあると好きです。10年利回りも抵抗レベルをブレイクアウトしていました。
ブレイクアウトというのはとても強いです。皆さん、金を先月にオススメし始めたのは大きなブレイクアウトが出たからです。こういうブレイクアウトパターンは波に乗りたいです。
MACDも重要だが、ブレイクアウトパターンの方が重要です。
まだ、売る必要はないですが、ここでもっと買うかどうかは難しいです。
もし、ここで買うとしたら僕だったら1615を買って、ヘッジとして1321の日経平均のETFを空売りします。
TOPIXではなく、日経平均のETFです。なぜかというと、今は日経平均に対して銀行株が強いからです。だから、ヘッジをするとしたら日経平均でやります。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見て下さい!日本語チャンネルも英語ちゃんねるもチャンネル登録して下さい!(下にリンクがあります)

おわりに

英語動画

元動画

チャンネル登録はこちら

このブログを作成しておいてこんなことを言うのもおかしいかもしれませんが、ダンさんの動画はぜひ1度はそれぞれ動画で見るべきです。息遣い、力を入れるポイントはやっぱり直接見ることによって得られることが多いと思います。
このブログは2度目、3度目に見るのは大変だろうということで文字で確認できるように作成しています。

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版する本

以下の本を出版されます。興味のある方はぜひお手に取って見て下さい!

高橋ダン著:世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

このブログについて

このブログは大きく2つのグループで構成されています。(それぞれのカテゴリをクリックすると記事一覧に飛びます)
ダンさんのYoutubeをフォローするための2つのカテゴリ
ニュースカテゴリ
投資情報カテゴリ

影武者自身が興味があることなどを発信する雑談カテゴリ
影武者通信カテゴリ

皆さんがお楽しみになれるように、色々なコンテンツを発信していきたいと思うのでよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です