中国がアジアの金融センターになる!インドのコロナ新規感染者数が9万人を超えた【9.6 投資家向けニュース】

はじめに

世界のニュースについてのまとめ記事を配信いたします。

世界の株式市場

株式市場は日曜日には週に1回今月はどう動いているのか中期的な観点で見てみたいと思います。

一通り見てみると、まず気づくのがTOPIXが日経平均より今月は上がっているということです。この1年間では日経平均の方が上がっていますが、今月はこれまでとは違うことが起こっています。これはおそらく、銀行株の影響だと思います。
他に気づいてほしいのは、FTSE(イギリス)の株が他のヨーロッパ株は上がっているのに、今月はかなり下がっているということです。
他にはDOW JONESとNASDAQが今月はほぼ同じ上がり方をしています。この2つの年間のパフォーマンスの差はこれから縮まると思います。

経済ニュース

今週発表される経済ニュース

今週の経済ニュースは、アメリカではインフレと求人倍率が発表されます。
ヨーロッパではヨーロッパの中央銀行(ECB)の定例会合が予定されていて、ここでは何も変更がなく政策が維持されることが予想されています。しかし、もっと重要なのはこれからの新しい金融緩和があるのかないのかのヒントが出るかもしれないということです。
それ以外では中国の貿易収支とインフレ率が発表され、イギリスでは1ヶ月毎のGDPが発表され、インドでは工業指数が発表されます。
皆さんにはイギリスのGDPはぜひ見てほしいです。株式市場を見ると、ここ1年間ではイギリスは過小評価されています。だから、これから良いパフォーマンスが出るかもと少し想像をしています。

社会ニュース

世界のコロナ状況

世界のコロナ新規感染者数

今日は269,378人でした。昨日の最高記録の30万人からは下がりましたが、まだ第二波は終わっていないという認識です。

世界のコロナ新規死者数

今日の死者数も発表されて4,822人でした。なので一応ここは下向き傾向ですが、感染人数が上がるときは死者数も遅れて上がることが多いので注意する必要があると思います。

国別コロナ感染者数

国別に分析してみると、インドが9万人を突破しています。ここは大きなニュースです。インドの累計人数ももう少しでブラジルを突破してしまいます。
アメリカは42,095人、ブラジルは31,199人、アルゼンチンは9,924人、フランスは8,550人、コロンビアは8,394人です。
なので、ほとんどは安定を示していますがインドが素早く上がっています。

ヨーロッパではGAFAに対してより多くの税金を払うような意見が出ている

他のニュースは、ヨーロッパではGAFAに対してより多くの税金を払うような意見が出ているというニュースが出ています。コロナでかなり恩恵を受けているのでもっと税金を払うべきだということです。

Amazonで海外から来る植物の取引を禁止する

Amazonで海外から来る植物の取引を禁止するというニュースが発表されました。

ポートランドで100日以上抗議が続いている

それ以外では、ポートランドで100日以上抗議が続いているというニュースもあります。

ドイツのダイムラーがこれから中国に対する生産をもっと高める

それ以外は、ドイツのダイムラーがこれから中国に対する生産をもっと高めるというニュースがありました。ドイツ国内での設備投資より中国への設備投資をこれからもっと進めていくというような内容でした。

アメリカの大学では20%程度が授業の再開をしている

他には、アメリカの大学では20%程度が授業の再開をしているというニュースがありました。

中国がこれからのアジアの金融センターになるかもしれない

それ以外は、ウォール街の大きな投資銀行で中国に対してかなり拡大をしているというニュースがあります。今はアメリカがメインでロンドン、シンガポール、東京などで取引がありますが、これから香港やアリババのAnt Groupの取引も大きくなるから注目すべきということが書かれています。

まとめ

一番重要だと思うニュースは、今週出るヨーロッパでの定例会合は注視するべきだと思います。
それと、コロナでインドが9万人を突破したこと。あと1日で世界2位の累計の感染者数になってしまうということ。
そして、中国が次のウォール街のような金融の中心地になるということです。これは、なると思います。色々なところでイベントに行っていますが、中国の証券会社や投資銀行は大きなイベントにはどこにもいます。すごく拡大しているのは人民元建ての商品です。これが段々多くなっています。中国の人口も技術もあるので取引場も多くなると思います。ここからは中国は金融の中心地になると思います。なぜこれが重要かというと、経済は金融が基礎になるんです。金融でお金がどれだけ回るかによって経済の拡大のスピードが変わるんです。これは金額ではなく流動性の方が大事です。レイ・ダリオの本とかを読めばわかると思います。だから、アジアの中心地はシンガポールとかではなく上海になると思います。なるとしたらかなりのパワーを持つので、日本も競争をするべきだと思います。

質問コーナー

SoftbankのCallオプションについての質問が多かった

僕も皆さんと同じように記事を見ただけなので、実際にCallオプションがいつ期限切れになるのか、どの銘柄を実際に買っていたのかはわかりません。ただ、出来高を見るとエヌビディアとかAppleとかの技術の大手株が多いと思います。だいたい僕の経験では株を売るとしたら、株を売りながらオプションを買うんです。
僕が見た記事だとOut of the Call、Out of the moneyのCallオプションを買っていた。つまり、これはかなりの大きなギャンブル的なオプションです。株価を未来的にある価格で買う。ただ、その価格は今の価格よりはるかに上なんです。なので、とても過大評価されている価格で未来に買う。だから、オプションの額がとても小さい。なので、彼らはとても大きな数の株を売っていると思います。これは決して悪いことではないです。法律も破っていないので批判していないです。ただ、こういうことが起こったということです。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見て下さい!

おわりに

英語動画

元動画

チャンネル登録はこちら

このブログを作成しておいてこんなことを言うのもおかしいかもしれませんが、ダンさんの動画はぜひ1度はそれぞれ動画で見るべきです。息遣い、力を入れるポイントはやっぱり直接見ることによって得られることが多いと思います。
このブログは2度目、3度目に見るのは大変だろうということで文字で確認できるように作成しています。

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版する本

以下の本を出版されます。興味のある方はぜひお手に取って見て下さい!

高橋ダン著:世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

このブログについて

このブログは大きく2つのグループで構成されています。(それぞれのカテゴリをクリックすると記事一覧に飛びます)
ダンさんのYoutubeをフォローするための2つのカテゴリ
ニュースカテゴリ
投資情報カテゴリ

影武者自身が興味があることなどを発信する雑談カテゴリ
影武者通信カテゴリ

皆さんがお楽しみになれるように、色々なコンテンツを発信していきたいと思うのでよろしくお願いいたします。Twitterではブログ更新毎にメッセージを流しているので、Followよろしくおねがいします!

関連記事

暴落記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です