アメリカ株暴落の次は日本株が暴落するのか?銀行株は大丈夫か?

はじめに

今週アメリカの株はものすごく下がりました。

NASDAQ – Chart

NASDAQはたった2日で6.35%下落しました。S&P500も4.4%下落しました。
それなのに日経平均はたったの1.1%しか落ちていません。TOPIXもたったの0.9%しか下がっていません。
もしかしたら、これから日本の株が下がるのか!?それと、日本の銀行株をどうするのかを解説したいと思います。

今日のテーマ

①なぜ元々銀行株を買っていたのか、元々の日経平均のチャートはどうだったのか?
②これから日本の株はアメリカ株と一緒に下がるのか?
③僕のオススメ

①なぜ元々銀行株を買っていたのか、元々の日経平均のチャートはどうだったのか?

まずは、元々の理由。日本の株をどう見ていていたのか?
日本だとTOPIXと日経平均が大きな2つの株式指数です。皆さん既に知っていると思いますが、日経平均は価格でウェイトが決められている株式指数です。だから、ソフトバンクとファーストリテイリングのウェイトが大きいです。
それに対してTOPIXの方が分散されているので幅広く見ることができます。TOPIXは銀行株が少しウェイトが大きいです。

TOPIX – Chart

2つともだいたい同じように動いているのですが、TOPIXを見ると僕がオススメをしたのはだいたい8月5日辺りにオススメをしました。そこから銀行株を買うように言いました。その理由が短期的にTOPIXと日経平均が全体的に上がっている傾向だったからです。
その中で僕がオススメをしていたのが銀行株です。

1615 – Chart

この銀行株をオススメした理由はチャートが美しく上がっていたからです。MACDもストキャスティクスもRSIも全てがよく上がっていました。
それと、長期的にもかなり過小評価されていました。

1615 – Chart

短期的なオススメですが、時々長期的な分析と合わせて考えるんです。
それと最も重要なのが日本の金利です。日本の10年債の金利が上がっていたんです。

JP10 – Chart

なので、これらが理由でした。
皆さんもご存知だと思いますが、日本の銀行が利益を作る大きな方法は短期でお金を借りて、長期でお金を貸しているんです。
ここの理由は短期で日銀からお金を借りて、長期でお客さんにお金を貸すんです。なので、ここの差で利益が変わるんです。短期の方の金利はほとんど変わらないで、長期の方で金利が上がって稼ぐことができるんです。
なので、日本の国債金利が上がっているということも理由の1つになっています。

②これから日本の株はアメリカ株と一緒に下がるのか?

これからどうなるのかを解説します。
皆さん、僕が分析をするときはだいたいトップダウンで分析するのが好きなんです。
トップダウンというのは、まず指数を見るんです。そしてセクターを見て、その後に時々個別株を見るんです。
そういうような分析を僕は教わってきました。

株式指数を見る

なので、指数から見ていきましょう。
日本の株式市場を見るときは僕はTOPIXを見る方が好きです。TOPIXの方が分散してあるので。

TOPIX – Chart

これを見るとチャートのパターン的には大きなパターンは見当たらないですね。
上の今いる1630辺りのラインを突破するかどうかが今までの抵抗レベルなのでポイントですが、まだ超えてはいないです。

1306 – Chart

1306(TOPIXのETF)を見てボリュームを見てみると、あまり特別ではありません。

TOPIX – Chart

MACDは少し下がっている傾向です。ただ、直前のところが虚偽シグナルだったので気に入らない。しかし、その前の大きな下落と上昇のところはスムーズだったので少しはこのパラメーター(8,18,6)は使えるかなという感じです。
皆さん!MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。あとは、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

TOPIX – Chart(ストキャスティクス)

正直ストキャスティクスはよくわからないです。

TOPIX – Chart(RSI)

RSIも50は超えていますが、特に傾向はあまりないです。

TOPIX – Chart(ボリンジャーバンド)

ボリンジャーバンドも見てみると、今はちょうどバンドの真ん中にいます。しかもバンドが少し縮んているので標準偏差が少ないということです。
ほとんどの分析をしましたが、あまり使える道具がないというのが僕の分析です。MACDだけは少しだけ使えます。
それが株式指数です。

銀行セクターを見る

次はセクターを見てみましょう。日本の銀行株のセクターを見ます。

1615 – Chart

これは野村が出しているTOPIX銀行のETFです。
まずすぐに気づくのが、4日に全然下がらなかったというのがまず目立つことです。

日経平均 – Chart

4日は日経平均は1.11%下がった日です。なのに、銀行株は何も動きませんでした。強いということです。
もう1つが安倍総理が辞任を発表した日が6営業日前ですがその日は大きな下落がありました。そこの日も銀行株は実は上がっているんです。

1615 – Chart

そして、この数日間で銀行株は上がっていたんです。
僕も前に言いました。強さを買う。弱さを売る。これが短期的な投資の戦略です重要なポイントです。
ここが先に目立つことで良い傾向だと思います。

1615 – Chart(MACD)

MACDを見ると上がっている傾向です。しかし、少し前の部分が虚偽シグナルがあります。だから、難しいかなと思います。

1615 – Chart(ストキャスティクス)

ストキャスティクスも上がっている傾向ですが、ここも少し前の部分でぐちゃぐちゃしています。

1615 – Chart(RSI)

なので、RSIが一番綺麗だと思います。
これは次の底が前回の底より高くなってきているので良いパターンに見えます。
RSIとMACDを見ると良い傾向です。
そして、一番好きなのはマーケットが下がっている時に上がっていることです。
その次に個別も一応見たいです。

個別株を見る

1615の構成銘柄でウェイトが大きい3つは8316(三井住友)、8306(三菱UFJ)、8411(みずほ)です。

8316 – Chart

まず三井住友がおもしろいです。なぜなら、6月のレベルまで回復していないのもう少し回復する可能性があると思います。

8316 – Chart

そして、金曜日にTOPIXと日経平均が下がっている時に三井住友と三菱UFJ は上がっていました。
なんていう強さなんでしょう。

8411 – Chart

そして、この日はみずほは下がっていました。
これは前にも言いましたが、みずほは6月のレベルを超えているんです。なので、これからもっと上がるというスペースは三井住友と三菱UFJの方があるという話は前もしていましたし、今もそういう傾向があるみたいです。
もしかしたら銀行株の中でローテーションが起こっているのかもしれません。
そして、最後に分析したいのは日本の国債のイールドです。

JP10 – Chart

このMACDはなんだろ。よく使えません。またチャートの形もMの形なので良くないです。
今はそんなに強い傾向を見せていないです。RSIも50の周りで遊んでいるのでよくわからないです。
時々分析して何もわからないのが投資です。この10年債のイールドは強い傾向を示していないということです。

③僕のオススメ

あなたの資産の運用でどうするべきか。このオススメは僕個人のオススメなので投資は自己責任で行って下さい。

今日は短期でオススメをします。
いつもの通り、長期の積み立ては7割から9割を以下のように分散をしてください。長期投資の仕方については過去のビデオを見て下さい。

まずは皆さん、何も慌てることはないと思います。
よく言われるのはマーケットが暴落した時に長期はどうしたらいいの!?ということです。
あなたが引退するまで、20歳でも60歳でも上のポートフォリオのまま続けて下さい。もし60歳代だったら赤い部分の割合が大きいかもしれません。もし20歳代だったら緑の部分の割合を大きいかもしれません。黄色の部分は20歳でも60歳でもそんなに変わらないと思います。
マーケットは下がっていますが、これは継続して下さい
もう1つ言いたいのは、短期でどうするかです。
銀行株は僕の意見では全然売る必要はないと思います。マーケットが下がっている時に銀行株は上がっていたんです。強いんです。
我々は短期で強さを買うんです。弱さを捨てるんです。極端な表現ですが、投資では適切だと思います。
ですけど、一応マーケット自体が下がっている傾向を少し示しているんです。これはアートで僕の意見ですよ。

VIX – Chart

それプラス昨日のビデオもぜひ見てほしいのですが、ボラティリティが上がっているんです。なぜかというと、ソフトバンクがめちゃめちゃCallオプションを買っていたんです。
とにかく、ボラティリティがとても高いんです。こういう時にはヘッジを入れるべきです。
ボラティリティが高く、方向がどっちに行くのかがわからない時には、ヘッジが適切だと思います。
だから、銀行株を買う時には、1306を空売りして良いと思います。
なぜこれが好きかというと、1615 / 1306の比率を見てみると。

1615 / 1306 – Chart

このチャートはWのパターンになっています。勝つWです。
また、カップアンドハンドルにもなっていて、RSIも上がっています。
だから、僕が最初にオススメした時から持っていて含み益が出ていたら1615は買ったままで、ヘッジで1306を空売りすると思います。
もし、今から買うのであれば1615を買って、ヘッジとして1306を売ります
どういう比率でするのかは皆さん自分で決めて下さい。

今日も見てくれてありがとうございました。
ぜひ英語動画も見て下さい!

おわりに

英語動画

元動画

チャンネル登録はこちら

このブログを作成しておいてこんなことを言うのもおかしいかもしれませんが、ダンさんの動画はぜひ1度はそれぞれ動画で見るべきです。息遣い、力を入れるポイントはやっぱり直接見ることによって得られることが多いと思います。
このブログは2度目、3度目に見るのは大変だろうということで文字で確認できるように作成しています。

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版する本

以下の本を出版されます。興味のある方はぜひお手に取って見て下さい!

高橋ダン著:世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

このブログについて

このブログは大きく2つのグループで構成されています。(それぞれのカテゴリをクリックすると記事一覧に飛びます)
ダンさんのYoutubeをフォローするための2つのカテゴリ
ニュースカテゴリ
投資情報カテゴリ

影武者自身が興味があることなどを発信する雑談カテゴリ
影武者通信カテゴリ

皆さんがお楽しみになれるように、色々なコンテンツを発信していきたいと思うのでよろしくお願いいたします。Twitterではブログ更新毎にメッセージを流しているので、Followよろしくおねがいします!

関連記事

暴落記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です