日本のGDPが急落、インドネシア消費者指数の回復、日本の銀行融資が暴騰!ソフトバンクの取引に参加すべき?【9.8 投資家向けニュース】

はじめに

世界のニュースについてのまとめ記事を配信いたします。

世界の株式市場

昨日はアメリカ市場は閉まっていました。なのでヨーロッパから見ていきます。

一通り見ると、出来高はかなり少ないですが、ヨーロッパがかなり回復しています。特にFTSEは大きな上がりです。

経済ニュース

今日はかなりたくさん経済ニュースが出ていました。

日本の第二四半期のGDPが発表された

日本の第二四半期のGDPが発表され、7.9%の下がりでした。このニュースで誤解してほしくないのが、初回の予想が何週間か前に出ていました。今回は確定の数値ということです。予想が7.8%で確定後が7.9%だったので何もびっくりするようなニュースではないと思います。

オーストラリアでビジネスの信用指数が発表された

オーストラリアでビジネスの信用指数が発表され、マイナス8で、前月の-14からは改善されましたがまだ良くない結果です。

インドネシアで消費者態度指数が発表された

インドネシアで消費者態度指数が発表されました。86.9という数値で5ヶ月ぶりの高い数値になったということです。
この理由は面白く、自粛制度がほとんど緩和されてマスクをしていない人もたくさんいて、ジャカルタ中で普段通りに生活をしているようです。
そうすると、消費者態度指数が上がり、経済のためには良いということで政府が判断したようです。これがコロナに対してどうなのかはわかりません。

日本で経常収支が発表された

日本で経常収支が発表されました。
経常収支の計算方法は 輸出 – 輸入 + 純資産の増減 がだいたいの計算方法です。他にも色々な要素が入ってきますが、大きなものはこれです。
これは歴史的に日本は黒字なんです。
7月の数字で1468.3億の黒字でした。これは予測を下回りました。

日本の銀行の融資額が発表された

8月では6.7%前年比で上がりました。これはかなり大きな成長率で、歴史的にもとても高い成長率になりました。

日本の個人支出が発表された

7月は前年比で7.6%下がりました。これはコロナの影響ですが、かなり大きな下がりです。
皆さん、個人支出というのは日本のGDPの中で6割くらいを占めています。
その個人支出の中でも下がりが多かったのが、衣類、観光、住宅がよく下がったということです。

日本の賃金が発表された

7月の賃金の成長率は前年比でマイナス1.3%と発表されました。
対して大きなニュースではないですが、長期的なリマインドをしたいです。
日本の賃金は30年間ほぼ上昇が0なんです。

日本の賃金成長率 – TRADING ECONOMICSより引用

これは失われた30年の原因の1つです。インフレがない、物価が上がらないと賃金も上がらないということは皆さんに認識してほしいです。

社会ニュース

世界のコロナ状況

世界のコロナ新規感染者数

今日はめちゃめちゃ下がりました。197,689人です。
これを僕は全然信用しません。だいたい火曜日に見る数字はとても低くなります。アメリカ時間の月曜日の数値などはとても下がっています。

世界のコロナ新規死者数

死者数も3,846人でかなりの下落です。いっぺんに下落するわけ無いです。

世界のコロナ感染者数

国別に見てみると、アメリカは25,325人、インドは75,022人、ブラジルは10,188人でした。
一応、明日見てみましょう。明日はまた上がると思います。

中国のIPOマーケットがかなり上昇している

中国のIPOマーケットがかなり上昇しているというニュースがあります。これは色々な新しい会社が香港や上海でIPOをやり始めているということがあります。
これは、中国の政策の1つだと思います。今までアメリカだけで上場していたものもアメリカ、上海、香港の3つで上場するようにしてお金をもっと中国に持ってきたいんだと思います。

イギリスではEUの離脱協定に対して改善を行った

昨日報道されたと思いますが、イギリスの方ではEUの離脱協定に対して改善を行うというニュースがありました。
今日はマーケットが上がっていたのでマーケットに参加している人がどう考えているのかはわかりません。これを前から期待して、実際に発表されてショートカバーしているのかもしれません。これは1つの予測です。
今は、北アイルランドの関税制度を緩和したいと言っています。

他のニュースは、トランプやバイデンなどの話題があり、それはほとんどエンタメだと思います。

まとめ

僕の意見で今日いちばん重要なニュースは、まず1つは日本のGDPは確定の数が発表されただけなのでショックを受ける必要はないということです。
それと、インドネシアの消費者態度指数が5ヶ月ぶりの高さになっているのもすごいことです。
そして、日本の銀行融資額がかなり上がっていました。

日本の銀行融資額 – TRADING ECONOMICSより引用

10年で見てみると。かなりのスピードで上がっています。
僕は日本の金融緩和に関しては反対の立場ですが、コロナ禍における対応は賛成です。効果がちゃんと出ています。
アベノミクスに対しては成果が出ていないので反対ですが、今やっているものは賛成です。

質問コーナー

ソフトバンクの取引に参加するべきか?

今はノイズが多すぎるので参加はしない方が良いと思います。

おわりに

英語動画

元動画

チャンネル登録はこちら

このブログを作成しておいてこんなことを言うのもおかしいかもしれませんが、ダンさんの動画はぜひ1度はそれぞれ動画で見るべきです。息遣い、力を入れるポイントはやっぱり直接見ることによって得られることが多いと思います。
このブログは2度目、3度目に見るのは大変だろうということで文字で確認できるように作成しています。

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版する本

以下の本を出版されます。興味のある方はぜひお手に取って見て下さい!

高橋ダン著:世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

このブログについて

このブログは大きく2つのグループで構成されています。(それぞれのカテゴリをクリックすると記事一覧に飛びます)
ダンさんのYoutubeをフォローするための2つのカテゴリ
ニュースカテゴリ
投資情報カテゴリ

影武者自身が興味があることなどを発信する雑談カテゴリ
影武者通信カテゴリ

皆さんがお楽しみになれるように、色々なコンテンツを発信していきたいと思うのでよろしくお願いいたします。Twitterではブログ更新毎にメッセージを流しているので、Followよろしくおねがいします!

関連記事

暴落記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です