コロナの新規感染者数が過去最大、日本の物価指数がマイナス、円高がFXトレンドに?【9.18 投資家向けニュース】

はじめに

世界のニュースについてのまとめ記事を配信いたします。

世界の株式市場

一通り見ると、今日もNASDAQがかなり下がっています。そしてDOW JONESがほとんど動いていません。この傾向は何週間も続いていますね。
もう1つ気づいてほしいのは、アジア市場がアメリカ市場との相関性が低いです。これが面白いことです。S&P500が下がっている時にTOPIXが上がっているのは異例です。今はローテーションが起こっているということだと思います。

経済ニュース

イギリスで小売セールスの指標が発表され、予測を少し上回る

イギリスで小売セールスの指標が発表されました。4ヶ月連続で上昇になりました。予測が0.7%の上昇で実際が0.8%の上昇だったので予測を少し上回りました。

日本の消費者物価指数がマイナスに!

日本で消費者物価指数が発表されました。生鮮食品を除く指数が前年比で0.4%下落しています。生鮮食品を入れた指数が前年比で0.2%の上がりということになっています。
どっちを見ても歴史的に低いと思います。
内訳を見てほしいのですが、内訳を見るとEducation(教育)が一番下がっているんです。これは僕の意見では良いことだと思います。コロナの影響でオンライン授業などが進んでいてここの物価指数が下がっていると思います。
ただ、長期的には決して良いこととは言えません。

日本のインフレ率推移 – TRADING ECONOMICSより引用

30年間程インフレ率が0%近くという状態が続いているのは日本の最大の問題だと思います。

円高になっている

円高がかなり今続いています。

ドル円 – TRADING ECONOMICSより引用

社会ニュース

世界のコロナ状況

世界のコロナ新規感染者数

今日は314,752人でした。これは過去最大レベルを突破してしまったので残念だと思います。

世界のコロナ新規死者数

死者数は5,579人でした。

国別コロナ感染者数

国別に分析してみると、インドが96,793人、アメリカが46,295人、ブラジルが35,757人、アルゼンチンが12,701人、スペインが11,291人、フランスが10,593人でした。
ここで急に上がっているのがスペインとフランスとアルゼンチンです。別々の国で一気に上がっているので懸念を持つべきです。
逆にアメリカとブラジルは安定を示しています。

スペインで2つの大きな銀行が合併する

スペインで発表されたのは、CaixaBankとBankiaという2つの大きな銀行が合併するということが発表されたというニュースがあります。

TikTokとOracleの取引が通るかどうかについて疑問が残る

TikTokとOracleの取引が通るかどうかについて疑問が残るというニュースがあります。アメリカにとって利益のあることだと思うので通ると思っています。

ホワイトカラーの仕事で競争の激しさが増している

ホワイトカラーの仕事がオンラインになっているので、競争の激しさが高まっているというニュースがあります。

スノーフレークのCEOはハットトリックになる

スノーフレークのIPOによってスノーフレークのCEOは3つ目のIPO成功(ハットトリック)になるというニュースがあります。

アメリカの大学ランキングが発表された

2021年のアメリカの大学ランキングが発表されたニュースもあります。

オイルの時代が終わった?

エコノミストでは、オイルの時代が終わった?という記事がありました。ここからの20年から30年は大きく変わると思います。今は85%石油に依存しています。そして、ソーラーと風力が5%しか今はないですが、25年後には25%まで増加する見込みであると書かれています。
特に日本に知ってほしいのは中国とか他の国がソーラーと風力の発電についてすごく力を入れています

ヨーロッパでコロナに対しての懸念が高まっている

BBCではヨーロッパがコロナに対して懸念が高まっているというニュースがあります。

大統領選挙に関する右、左の報道はいつも通り

FOX NEWSとPOLITICOはエンタメです。

まとめ

今日の一番重要だと思うニュースは、コロナだと思います。また最高レベルを超えてしまいました。アルゼンチンとかスペインとかフランスが伸びています。
もう1つは、日本の物価指数に関してです。コロナとかGoToトラベルの影響とかがあると言われていますが、下がり始めていたのはコロナの前からなので、消費税の影響があると思います。

質問コーナー

FRBが発表したのは本当に約束なのか?

たしかにこれはフォワードガイダンスです。ただ、僕の認識ではマーケットがそれを約束と認識してしまうんです。
FRBは議事録やフォワードガイダンスを変えることはできますが、変えすぎると信用レベルが下がってしまいます。それが下がるのが大きな懸念でリスクだと思います。だから、タイムスタンプを付ける必要がなかったと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見て下さい!


ポチッと応援頂けると励みになります!


金融・投資ランキング

おわりに

英語動画

元動画

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版する本

以下の本を出版されます。興味のある方はぜひお手に取って見て下さい!

高橋ダン著:世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

このブログについて

このブログは大きく2つのグループで構成されています。(それぞれのカテゴリをクリックすると記事一覧に飛びます)
ダンさんのYoutubeをフォローするための2つのカテゴリ
ニュースカテゴリ
投資情報カテゴリ

影武者自身が興味があることなどを発信する雑談カテゴリ
影武者通信カテゴリ

皆さんがお楽しみになれるように、色々なコンテンツを発信していきたいと思うのでよろしくお願いいたします。Twitterではブログ更新毎にメッセージを流しているので、Followよろしくおねがいします!

関連記事

暴落記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です