銀行株が下落、大丈夫か!?四半期の末と9月末は日本株は下がりやすい?

はじめに

日本の銀行株!
2日間で6%くらい下がりました。

TOPIXB

これに対して色々な質問をもらっています。
それに対してどう思うか、これからどうするべきかを解説したいです。

今日のテーマ

①なぜ日本の銀行株が下がったのか?
②チャート分析
③僕の意見

①なぜ日本の銀行株が下がったのか?

これが今日のビデオで一番重要です。
なぜこんなに大きな急落があったのか?

TOPIXB

この理由に対しては色々なニュースが出ています。
日経新聞ではゆうちょ銀行が3兆円の減損をするというニュースがありました。ただ、僕の意見ではこれはほとんど影響がないと思う。
なぜなら、ゆうちょの株を見てみると。

7182

たしかに2.8%下がっていますが、ボリュームを見てみると大したことないんです。
アメリカの方で他のニュースが出ました。
FRBがアメリカの銀行に対して配当と自社株買いを年末まで停止を命じました。
これが理由なのか?
僕の意見ではこれも全然違うと思います。
なぜならこれは6月くらいから出ていたニュースです。その時は第3四半期の配当と自社株買いを停止する指令でした。
そして、それは年末までたぶん延期されると細かいところでは言われていました。なのでこれは古いニュースだと思います。
その証拠としてXLFも今日は何も影響を受けていません。

XLF

しかもここは6月の時に配当と自社株買いを停止する指令が発表されていますが、その時にはボリュームが上がって大きく下落しました。

XLF

この時はMACDも下がっていて、ストキャスティクスも下がっていました。
今回は関係ないと思います。

じゃあ、なんで銀行株はこんなに下がっているの?
僕の予測は2つです。
1つ目の予測は第3四半期が終わったことです。
9月の終わりはフローというのが多いんです。
フローというのはトレーディングフローのことで大きな投資機関は決算とかレポートを上げるのが四半期毎なんです。
四半期の終わりにポジションを発表しないといけないんです。そして、それに伴ってポジションをローテートしたり売買が多くなるんです。
なので、その理由で日本の銀行株を売っていたという影響もあるかもしれません。
2つ目の予測は配当です。
実はこれは日本の銀行株だけでなく日本のマーケット全体に影響があります。
配当は世界中でとても人気です。
例えば、三菱UFJ銀行はEX-DIVIDEND DATE(この日までに買えば配当がもらえる日)が9月29日だったんです。
これは毎年同じです。日本の株はだいたい、毎年9月の終わりで多いんです。
配当狙いの短期投資家がウォール街でもどこでもいるんです。

三菱UFJ

三菱UFJの配当利回りは6%になっています。そして、権利をもらえる日が9月29日になっているのでとても影響があります。
この銀行だけでなく、ソニーも9月29日でした。他には、TOYOTAも9月29日です。最近話題になっている通信株のNTTも9月29日でした。これだけでなく、DENSO、オリックス、武田薬品も9月29日です。
日本の多くの企業は9月の終わりに配当の権利がもらえるのが普通なんです。
なので、銀行だけでなく色々な株が売られました。

②チャート分析

チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

チャートの分析をする時には僕はTOPIXBのIndexを見るのが好きです。
皆さんにオススメしているのは1615ですが、同じです。連動しています。指数を見るべきだと思います。

TOPIXB

これを見るとMACDのは下がっています。

1615

1615を見てもたしかに下がっています。
ただ、このMACDは何回も外れています。なので、これが適切かどうかはわかりません。
今の日本株は日足より週足の方が見やすいかもしれないという説があります。
なので週足の方が日本株にとっては適切かなと思います。

TOPIX

前回見たのだと、TOPIXは日足より週足の方がスムーズでした。
なので、日本の銀行株に対しても同じことが言えるかもしれません。

TOPIXB

ここを見てみるとMACDはまだ上向き方向で横切っていません。

TOPIXB

RSIも上向き方向で横切るかもしれません。
ストキャスティクスも上がっています。

TOPIXB

ボリンジャーバンドを見てみると今は幅が少し狭くなっています。
なので今の所の標準偏差は低いです。ボラティリティは低いので急に動く可能性は低いです。

そして、もう1つ皆さんに見ることをオススメするのはアメリカの銀行株(XLF)と日本の銀行株を比べることです。
通常であれば日本の銀行との相関性は高いはずです。

TOPIXBとXLFの相関係数

ここを比べてみると今面白いんです。
この2,3週間くらいでかなり相関性が低くなっています。
ここを細かく見ると、最近XLFが暴落している時に日本株は全然動いていませんでした。
たぶん、配当を買っていた短期戦略の人が多かったからだと思います。
逆に今はTOPIXBが暴落しています。なので短期的には逆に動いていますね。

でも、これをもう少し長期的な目線で見てみると。

TOPIXB

例えば、今年のパフォーマンスを見てみると。
1月からXLFは22%下がり、TOPIXBは23%下がっています。
ほとんど長期的に見るとチャートは同じです。
なので、今起きていることは異例だと言えると思います。

ここを見ると、今日は日本の株式市場は下がっていたので明日(10月2日)たぶん問題なく回復すると思います。

日経平均の先物を見ると1%くらい上がっているし、DOW JONESの先物も上がっているのでたぶん上がると思います。

③僕の意見

僕のオススメ!あなたのお金をどうするべきか!
いつもの通り、投資は自己責任です。
僕のオススメはほとんどあなたのポートフォリオで長期的に積み立て投資を以下のように分散して行うことです。

そして残りの3割から1割の資産を短期で投資するんです。

僕のオススメはTOPIXBは週足のチャートが一番適切だと思います。

TOPIXB

MACDは上向き方向でRSIは切りそうでした。
これはアートですが、僕が思うにはまだ大丈夫だと思います。
だけど、念の為4分の1くらい売った方が良いかもしれません。
これはどこで買ったかにもよります。僕が最初にオススメした時は1615は114円だったんです。

1615

なのでこの時から買っていた人は3分の1くらい売っても良いかもしれないです。残りは持ちます。
トレンドは週足では変わっていないです。そしてXLFとの相関性も1週間くらい待てば元に戻ると思います。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください!

おわりに

英語動画

元動画

今日のニュース動画

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版する本

以下の本を出版されます。興味のある方はぜひお手に取って見て下さい!

高橋ダン著:世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

このブログについて

このブログは大きく2つのグループで構成されています。(それぞれのカテゴリをクリックすると記事一覧に飛びます)
ダンさんのYoutubeをフォローするための2つのカテゴリ(最近はニュースカテゴリはお休みさせていただきいています)
ニュースカテゴリ
投資情報カテゴリ

影武者自身が興味があることなどを発信する雑談カテゴリ
影武者通信カテゴリ

皆さんがお楽しみになれるように、色々なコンテンツを発信していきたいと思うのでよろしくお願いいたします。Twitterではブログ更新毎にメッセージを流しているので、Followよろしくおねがいします!

関連記事

暴落記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です