航空株、JAL & ANAの暴落は続くか? アメリカ航空株は買いか?

はじめに

JAL、ANA!
航空株はコロナから大暴落しています!

9201

日本航空(9201)のチャートを見ると42%下がっています。

9202

全日空(9202)を見てもほぼ同じような感じになっています。コロナの前から見ると37%くらいの大暴落をしました。

この2つの株に関しては決算の見通しを最近発表していました。
それを発表してから、今買う時なのか?それとも暴落が続くのか?
ここを解説したいと思います。

今日のテーマ

①ファンダメンタルはどうなのか?
②チャート分析
③僕の意見

①ファンダメンタルはどうなのか?

ANAに関してのニュース

まずは、最近出たニュースに関する部分です。
ANAは今期の見通しを5300億円の赤字としました。
マーケットの予測は2900億円だったのでかなり下回っていました。
ANAは数日後に決算発表があるのですが、日本の会社は最初に見通しを出すのが好きなんです。
この見通しをし始めた理由は先に見通しを出すとマーケットがクラッシュしないで安定感があるからでした。
なので、決算の発表の前に見通しが出ました。
そして、先ほどのニュースで注目してほしいのは、Go To トラベルだけでなく政府から色々な支援が出ています。
そして、僕が知っている限りだとANAは1.3兆円の手元資金を持っています。
なので、莫大な損を出していて、マーケットの予測より下でしたが今は劣後ローンとか僕の聞いたことのない負債なのに資産に入れて良いというようなローンがあったりしていて、今のところは資本金の比率から見ると大きなリスクはないと思います。

JALに関してのニュース

JALの方のニュースも見てみると。
日経新聞で25日に報道されたものだと7月から9月期で850億円の赤字ということでした。
これはマーケットの予測は715億円の赤字だったのでそれを下回っていました。
なので、こちらも状況は良くないということです。

ANAとJALは破綻するか?これからどうなる?

ただ、2つの会社で重要なことは破綻するかしないかということです。
実はJALの歴史を見ると2010年に1回倒産したみたいですね。
これがもう1回あるのか?
特に、ANAに関しては色々な噂があるようです。しかし、僕から見るとこれはないと思います。
2つの航空会社の有利子負債と自己資本比率を見てみると、ANAは有利子負債は1兆3589億円で、自己資本比率は33.9%。
JALは有利子負債が5046億円で自己資本比率は45.9%となっています。
自己資本比率は10%を切ると破綻しやすい状況ですが、どちらもそういう状況ではないです。
これから株をもっと発行しないといけない状況だったり、借金を多くしないといけない状況だとは思いますが、政府が支援をすると思います。

アメリカの航空株について

これはアメリカの航空株も同じようなことが起こっています。
アメリカの決算を見ても、デルタとかアメリカンとかユナイテッドとかを見るとほとんど全部が赤字で、アメリカン航空の方では1000億円くらいの新しい株を発行しないといけない状況です。そして、これは時価総額の15%くらいの金額に当たるようなものです。
これに関してはANAもやるかやらないかというのが不明確な時期になっています。

僕がここで言いたかったのは、決算の日はまだですが見通しという形でほとんどファンダメンタル情報は出ているということです。

②チャート分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

チャート分析外観

2番目のチャート分析は重要ですよ。1番目のファンダメンタルの決算発表は予測と実際の発表の差が一番重要で、倒産するかしないかについては自己資本比率を見るんです。
その2つを見て、後はほとんど見ないです。
ほとんどの情報はチャートに入っているのでチャートを見るんです。

ANAのチャート分析

まずは最初にANAから始めましょう。

9202

ANAのチャートを見てみると、見通しの予測が出たところでギャップダウンがありました。

9202

ボリュームを見てみると、特別ではないです。

9202

そして、MACDを見ると青い方がオレンジを突破しようとしていますが、スムーズではないのでグレーな感じです。

9202

RSIも同じようなことを示しています。まだ50を突破していないのでわかりにくい状態です。
ボリンジャーバンドも見てみると、今はちょうど真ん中辺りに位置していて特別ではないです。

だから、ANAのチャートを見ても何も傾向を示していないと思います。

JALのチャート分析

次にJALを見てみましょう。

9201

ボリュームはあまり特別ではありません。

9201

MACDを見てみるとANAよりスムーズに上がっている傾向になっています。

9201

RSIを見ると、スムーズだしちょうど50を突破した辺りです。
ボリンジャーバンドを見ると、これはANAと全然違って幅が狭くなっています。
つまり、標準偏差がとても低いということです。標準偏差が低いということはボラティリティが低いということを示しています。
なので、ここから暴騰する、暴落するリスクはかなり少ないと思います。

アメリカの航空株の分析

そして、アメリカの航空株も少し見たいと思います。
航空株を見るときは、JETSというETFを見ています。

JETSの主な構成銘柄と構成比率 Yahoo! financeより引用

JETSというのは以前ウォーレン・バフェットが売っているという時に僕が買っていました。そこで色々と話題になりました。

JETS

レビューですがその時にJETSをなぜ買っていたかというと、MACDとボリュームが段々上がってきたというのが理由です。
ぜひ、ここに関しては過去のビデオを見てください。

JETS

JETSの今の部分を分析してみると、MACDは上向き傾向で、ボリュームは特別ではなくて、RSIは50以上になっています。
ただ、今はボリンジャーバンドを突破しています。
なので、20日の標準偏差を突破しているのでここ数日間で急に暴騰する確率は低いと思うので慌てて買う理由はないです。
このほとんどの理由はデルタ航空とかサウスウェスト航空とかがウェイトが大きいのでチャートが似ていると思います。

デルタ航空

やはり、チャートが似ています。
ボリンジャーバンドを突破しています。

サウスウェスト航空

サウスウェスト航空も似たようにボリンジャーバンドを突破しています。
なので、焦って買う必要が今のところはないです。

インプライドボラティリティを分析する

最後に見たいのはインプライドボラティリティです。
最近よく取り上げているので昨日のビデオ(ソフトバンクのボラティリティが上がる!マザーズと関係ある?)とか先週のビデオ(アメリカ株が下落、オプション市場で暴落の兆候!)とかを見てオプションについて復習してください。
どれだけの変動率が未来に予測されているかということがインプライドボラティリティを見るとわかります。

JETS

JETSのインプライドボラティリティを見てみると、全然高くありません。
ちなみに、僕が使っているサイトはmarket CHAMELEONというサイトです。そして僕が使っている道具は全部無料です。1円も払わなくても良いです。
話を戻すとJETSはインプライドボラティリティが全然戻っていないです。
そして、SKEWの方を見てみるとこれは25-Delta Put IV minus 25-Delta Call IVです。

JETS

コロナショックの時がクレイジーだっただけで今はほとんど動いていません。
ほとんど動いていないため、どうやって見通すかが難しいです。
だから、あまりマーケットは懸念は心配していないようにオプションの世界を見ると理解できます。

③僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任です。
僕のおすすめを見て、過去にお金を失ったという人もいると思います。投資は難しいです。しかし、諦めないでください!
ルールを守るというのが重要です。過去の動画も見て復習してください。

ほとんどのお金(7割から9割)は長期で以下のように分散させて運用するんです。

そして、残りの部分で短期をするんです。

短期と長期を両方するとシャープ・レシオが上がるんです。
ここを全部守ってやればあなたのポートフォリオがクラッシュする確率は低いです。

9201

今トレンドを見ると上がっています。
そして、JALの方が面白いと思います。

9202

ANAの方はまだちょっとよくわからないです。

そして、アメリカの株はまだ焦って買う必要はないです。なぜなら、ボリンジャーバンドの上の方にいるので。

だから、僕の意見では航空株は少しずつ買うといいと思います。
そして、買いたいと思っている部分の5分の1くらいです。
なんでそんなに小さい割合かというと、大統領選挙があるからです。
大統領選挙はマーケット全体が動きます。そして、どういう風に動くかはわかりません。
今はボラティリティが低いです。ボラティリティが低い時は懸念を持ちます。急にボラティリティが上がるリスクがあるからです。
だから、大統領選挙が終わるまではポジションを縮小して少しずつ投資をするのが良いと思います。
もしここから1,2週間で航空株が上がるチャンスを逃したくないと思うので会ったらほんの少しだけ買うのがおすすめです。
何もしなくても良いと思いますが、今は上がるトレンドになっています。
こういう大きなイベントがある時に調整するんです。チャンスは逃したくないけど、大きなイベントがある時はほんの少しだけ買うんです。
そうすると、バーッて上がっている時も買っているから問題なくて、下がった時も5分の1しか買っていないので大丈夫ということです。
これがメンタルコントロールです

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の10月のニュース一覧

過去の10月のニュース一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本を出版されます。興味のある方はぜひお手に取って見て下さい!

高橋ダン著:世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

このブログについて

このブログは大きく2つのグループで構成されています。(それぞれのカテゴリをクリックすると記事一覧に飛びます)
ダンさんのYoutubeをフォローするための2つのカテゴリ
ニュースカテゴリ
投資情報カテゴリ

影武者自身が興味があることなどを発信する雑談カテゴリ
影武者通信カテゴリ

皆さんがお楽しみになれるように、色々なコンテンツを発信していきたいと思うのでよろしくお願いいたします。Twitterではブログ更新毎にメッセージを流しているので、Followよろしくおねがいします!

関連記事

暴落記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です