ゴールド、シルバー、プラチナ【今は売る】

はじめに

世界のニュースについてのまとめ記事を配信いたします。

今日のトップニュースは金です!

金の価格がここ数か月間で10%くらい下がっています。
ここで買うのか?
金はだいたい株式市場が暴落するときには安全資産として認識されています。
僕は買うのではなく、売りだと思っています
ここについて解説をしたいと思います。

いつもの通り、解説をする前に株式市場、経済ニュース、社会ニュースを見たいです。

世界の株式市場

株式市場をまず最初に見るのはニュースは株価に入っているからです!

一通り見ると、アジアがやっとキャッチアップしているようです。ここに関してはもう1つのビデオ(ハロウィンショック!日経平均がNYダウに追いつく?)日経平均はこれからショックが起こるかもしれないのでそこに関して解説をします。

経済ニュース

日本の新規住宅指数が発表された

前年比で9.9%の減少と発表されました。マーケットの予測の8.6%の減少を下回ったので悪いニュースと認識しています。

日本の工業生産指数が発表された

前月比で4%の上昇でした。
なのでここは工業の方では回復を示しています。

オーストラリアで企業物価指数が発表された

第三四半期で0.4%の上昇と発表されました。

社会ニュース

世界のコロナ状況

コロナの数字を見るとOh My God!という感じです。

世界のコロナ新規感染者数

今日は545,945人です。

世界のコロナ新規死者数

死者数は7,116人です。

国別に分析してみると。

国別コロナ感染状況
世界のコロナ感染状況

世界中で波及しています。

AppleとAmazonの決算が発表された

このニュースは翌日のビデオで解説したいと思います。
僕はAppleの決算はかなりやばいと思っています。

カリフォルニアで室内の集まりも禁止する指令が出た

カリフォルニアの知事が自粛制度だけでなく、室内での集まりも辞めてくださいと指令を出したというニュースがあります。
これはクレイジーです!
ThanksGiving Dayに家族で集まりもしてはいけないという指令を出したんです。ThanksGiving Dayは日本の正月みたいなもので家族で集まるのが普通です。それをしてはいけないと言っているのでクレイジーです。これは政治的な自殺です。次の選挙に勝てるかわかりません。

大統領選挙について

フロリダなどではトランプがかなり巻き返しています。そのため、フロリダとオハイオではどっちが勝つかわからない状態が続いています。

メインテーマ:金について

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

テクニカル分析

金の先物

金はここ数か月間で10%くらい下がっています。
金は歴史的に安全資産と言ってたじゃん!なんで売れっていうの?
ここは誤解しないでください。
今分析しているのは短期分析です。長期ではないです。
チャートを見てみると青い線が引けるように中期的な下がりトレンドがあります。
6点の頂点で線が作られているので強い下がりトレンドです。
ボリュームはあまり特別ではないです。

金の先物

チャート自体は50日移動平均線と100日移動平均線の真ん中辺りにいます。
MACDは下がる傾向です。

金の先物

RSIも見てみると。下がる傾向で、50を切っています。

銀の方を見てみると。

銀の先物

金とほとんど同じです。
同じ分析を繰り返す必要はないので、プラチナを見ます。

プラチナの先物

プラチナを見ると少しだけ違います。
100日移動平均を突破しているんです。なので、プラチナの方が金と銀と比べて過小評価されています。
ボリュームとMACDとRSIはほぼ同じです。

3つともボリンジャーバンドの幅がかなり狭いんです。
だから、これは急な変動を懸念するべきかもしれないです。

銀の先物

ポジションを分析する

金のポジション

金の方ではだいたい5年間の平均です。

銀のポジション

銀のポジションは少し過大評価です。

プラチナのポジション

プラチナは少し過小評価されています。

相関率を分析する

金とS&P500の相関係数

金とS&P500の相関率は高いです。

銀とS&P500の相関係数

銀とS&P500の相関率も高いです。

プラチナとS&P500の相関係数

プラチナとS&P500の相関率はそれほど高くないですが、ポジティブです。

だから、これからアメリカの株式市場が短期的に下がり続けるとしたら(下がると思っているのでぜひ昨日のビデオ(アメリカ株価の大暴落、また始まった?)を見てください)
下がり続けている間に、金・銀・プラチナは相関率がポジティブなので一緒に下がる可能性が高いので売る必要があると思います。

まとめ

皆さん、ここを誤解しないでください。
長期積立と短期投資です。
2つとも必要ですよ!

長期積立は短期投資の口座と別の口座で金と銀とプラチナは保有を続けます。
老後資金のためにずっと保有を続けるし、金が5000ドルくらいにいくまで時々リバランスはしますが、保有するつもりです。

ただ、別の短期投資用の口座で今は売っています。
特に僕が買っていたのはプラチナです。

プラチナの先物

プラチナを買ったのはちょうどMACDを突き抜けた時です。
なので今の価格とほぼ同じか今の価格の方が少し下なくらいです。だから小さな損です。
これはぜひ損切りのビデオ(損切りの3つ秘密!利益を出すための基本を教えます)を見てください。
損は何回しても大丈夫なんです。投資は当たりと外れの確率が重要ではないんです。
重要なのは損をいっぱいする時に小さくするんです。
だから、今プラチナは切るんです。
僕の意見ではリスクが高すぎます。マーケットが下がっていて相関率がポジティブで全部チャートも下向きです。だから、短期的な口座では切るんです。
今はもっと良い投資があります。空売りをしているんです。
だからこそ長期用の口座と短期用の口座の両方が必要なんです。
別々の口座を見ると、クラッシュが起きるような時は長期的な口座は全部下がりますが、短期的な口座ではお金を作りやすくなるんです。
だからこそ2つの口座を用意するんです。費用は多少かかりますが、パフォーマンスの方が重要です。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください!

おわりに

英語動画

元動画

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の10月のニュース一覧

過去の10月のニュース一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本を出版が関連する書籍になります。

電子書籍版

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 高橋ダン著

文庫版

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 高橋ダン著

僕がウォール街で学んだ勝利の投資術 億り人へのパスポート渡します 高橋ダン著

このブログについて

このブログは大きく2つのグループで構成されています。(それぞれのカテゴリをクリックすると記事一覧に飛びます)
ダンさんのYoutubeをフォローするための2つのカテゴリ
ニュースカテゴリ
投資情報カテゴリ

影武者自身が興味があることなどを発信する雑談カテゴリ
影武者通信カテゴリ

皆さんがお楽しみになれるように、色々なコンテンツを発信していきたいと思うのでよろしくお願いいたします。Twitterではブログ更新毎にメッセージを流しているので、Followよろしくおねがいします!

関連記事

暴落記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です