ビットコイン(BTC)暴騰、でもリップル(XRP)の方が面白い?

はじめに

世界のニュースについてのまとめ記事を配信いたします。

今日のメインテーマはビットコインです。ビットコインが急上昇しています。

BTCUSD

10%くらい24時間で上がりました。
これからビットコインを買うのか?について解説したいと思います。

今日のテーマ

①ビットコインに関するニュースの解説
②チャート、ポジショニング分析
③僕の意見

①ビットコインに関するニュースの解説

シルクロードに関するニュースを覚えている人もいると思いますが、まずはそこに関するニュースを見たいです。
シルクロードとはダークウェブという違法取引のサイトのことです。2011年から2013年のビットコインが始まったばかりの時にシルクロードでビットコインがよく使われていたんです。
シルクロードは2013年にシャットダウンされ、2015年に創設者が犯罪者として扱われました。
ただ、その2015年に捕まった時にはビットコインは見つからなかったんです。これが今日見つかったようです。
だいたい1000億円くらいが見つかりました。
皆さんにはビットコインにはこういう経緯があって、7年前はこういう世界だったということを知ってほしいです。
今ははっきり言って違いますが、国際ニュースで今報道されているということです。

②チャート、ポジショニング分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

ビットコインは現物と先物のどちらを見るべきか

初めにまず言いたいのは、ビットコインには現物の価格と先物の価格があります。
それぞれには少し差があります。
そして、今は現物は$15465で、先物は$15600で先物が少し高くなっていますが、これは上がっている商品の場合普通です。
先物の価格は未来の価格を予測しているので、未来は今より高いことを先物が示すんです。
ビットコインでは何を見るのが適切か?
僕の意見だと現物だと思います。
なぜなら先物の世界だとヘッジファンドなどが使っているものですが、実際の長期投資家などが持っているのは現物です。

ビットコインのチャート分析

BTCUSD

ビットコインは10%くらい今日上がりました。
まずボリュームがとても大きかったです。これは10月21日と似ています。
MACDはまだ上方向を向いています。

BTCUSD

MACDが交差を始めたのはマウスの辺りです。
なので、9月くらいからずっと上がっている傾向です。

BTCUSD

RSIの方が面白くて82.4辺りにいます。
RSIは僕はモメンタムインディケーターとして使っています。
過大評価されているかどうかを見てみたいのですが、日足で判断するのは適切ではないと思います。
過大評価されているかどうかを判断するにはボリンジャーバンドを見る方が適切だと思います。

BTCUSD

そして、今日はボリンジャーバンドの設定をいじってみました。
普通は20日ですが、今日は10日に変えました。
なぜ10日に変えたかというと、11月5日と10月21日を比べたかったからです。

BTCUSD

細かい分析になりますが、前回はボリンジャーバンドから3%くらい突破して、今回は4%くらい上がっています。ほんの少しだけ前回より外れ値になっています。
なので、ここも分析の中に入れておきたいです。
少しだけ懸念します。ただ、前回もその後下がっていないです。
前回はPayPalのニュースがあって上昇しました。(前回のビデオ(ビットコイン暴騰、売るチャンスか?)
一応今のところを見てみると前回と似ていますが、今回の方が少し過大評価されていると思います。
RSIを今日は週足を使ってみてみたいと思います。なぜなら、RSIで過大評価か過小評価か見る時には週足で長期的になら見極めることができると思います。

BTCUSD

今は80くらいです。面白いのは2019年は80くらいが高水準でした。
80くらいに2回来てそこから下落していました。
その1回目に80をいった時にはまだ上がっている最中でした。ただ、2回目はそこから下がっています。

BTCUSD

そして過去に3000ドルから20000ドルくらいまでいった時は、80を何回も突破していました。
どちらの傾向を信じるかというと、最近の方が適切だと思います。

そして、先物のポジショニングも見てみると。

BTCのポジショニング

今はかなり高いです。

そして、もう1つ見たいのは相関率です。
ビットコインは時々NASDAQなどと相関率が高いんです。しかし、今面白いのは全然相関率が高くないんです。

BTCとNASDAQの相関係数

今はマイナスです。
最近はNASDAQが2週間下がって、5日間上がっている中でビットコインはずっと上がっているので相関率は低くなっています。

③僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任です。
僕はあなたに答えを与えようとしているわけではなく、考え方を教えようとしています。
あなたの資金は長期的と短期的に別々の口座に入れてください。

まずは長期的にはどうするべきか?

長期的には保有したままです。僕はビットコイン、イーサリアム、リップルを何十年も保有し続けるつもりです。
何も変わらないです。

短期的にどうするべきか?

短期の方では少し過大評価されているような気がします。
まだまだ上がる可能性はあります。

BTCUSD

しかし、僕が投資をするお金を振り分ける中でこれが一番良いのか?というともっと良い投資商品はあると思います。
ショートや空売りは危険です。
なので、ビットコインは何もしなくて良いと思います。
どうなるかわからないが、今は良いトレンドが見えないと思います。

何を買うかと言ったらリップルの方が僕は面白いと思います。
リップルの方を見てみると。

XRPUSD

リップルはまだまだ上がっていなくて、MACDもちょうどここから上がり始めるところです。
RSIもちょうど50を突破し始めるところです。

XRPUSD

しかも最近の8月のレベルまでまだ全然回復していません。

ETHUSD

イーサリアムは回復をしています。

BTCUSD

ビットコインは回復してそれ以上になっています。

なのでこの3つの中でリップルが一番上がる部分が残っていると思います。
なので、リップルは短期的に上がる確率が高いかなと思っています。

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の10月のニュース一覧

過去の10月のニュース一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。

電子書籍版

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 高橋ダン著

文庫版

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 高橋ダン著

僕がウォール街で学んだ勝利の投資術 億り人へのパスポート渡します 高橋ダン著

このブログについて

このブログは大きく2つのグループで構成されています。(それぞれのカテゴリをクリックすると記事一覧に飛びます)
ダンさんのYoutubeをフォローするための2つのカテゴリ
ニュースカテゴリ
投資情報カテゴリ

影武者自身が興味があることなどを発信する雑談カテゴリ
影武者通信カテゴリ

皆さんがお楽しみになれるように、色々なコンテンツを発信していきたいと思うのでよろしくお願いいたします。Twitterではブログ更新毎にメッセージを流しているので、Followよろしくおねがいします!

関連記事

暴落記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です