【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 保有銘柄の四半期決算のチェックを怠るな?

※こちらは影武者通信として、影武者自身が興味のあることを発信するカテゴリになっています。このブログのメインはニュースカテゴリ投資情報カテゴリです。影武者通信カテゴリは筆者の雑談カテゴリになっています。

はじめに

今回は今キャッチアップしている本を自分自身で使えるようにまとめたものです。

何をキャッチアップしようとしていて、なぜこの本を選んでいるのかはこの本の読書記録の初回をぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

この本で記されている投資の10か条

①営業キャッシュフローのよい会社を買え
②保有銘柄の四半期決算のチェックを怠るな
③業績・株価の動きが荒々しい銘柄と、おとなしい銘柄をうまく使い分けろ
④分散投資を心掛けろ
⑤投資スタイルをきちんと使い分けしろ
⑥長期投資と短期投資のルールを守れ
⑦マクロ経済がわかれば、投資家としての洗練度が格段に上がる
⑧市場のセンチメントを軽視する奴は儲けの効率が悪い
⑨安全ののり代をもて
⑩謙虚であれ(投資の勉強に終わりはない)

この10か条さえ励行すれば、投資で大失敗はしない。

今回は②保有銘柄の四半期決算のチェックを怠るなということについて読んで理解した内容をまとめて自分自身で次に使えるようにしたいと思います。
その内容をブログとして共有させていただきます。

②保有銘柄の四半期決算のチェックを怠るな

良い株とは?

良い株は、来る決算も来る決算も毎回きっちりと予想を上回る株のことを言います。

株を保有し続ける根拠は決算に置くべきで、最低限保有している株のチェックをする必要がある
それをしないのであれば、あなたは投資家ではなく信者です。

良い決算とは?

以下3点を以てして会社の決算が良かったといえる

1.EPSの数字がコンセンサス予想を上回ること
2.売上高の数字がコンセンサス予想を上回ること
3.ガイダンスが次の決算のEPSと売上高の予想を超えている

株価は絶え間なく未来を織り込みます。
そのため、現在の株価は既に未来のコンセンサス予想を反映していると考えられる。
そのため、売上高単体の+100%成長というような数字は良い決算を考える上では参考にならない。コンセンサス予想の売上高が+110%成長だとしたら、+100%というのは悪い結果として考えられる。
良い決算を考える際の基準になるのはコンセンサス予想です。
コンセンサス予想こそ投資家の期待であり、その期待は決算発表時に会社側が提示するガイダンスが元になって形成されます。

良い決算を判断するための数字を確認する方法

コンセンサス予想を調べる

Yahoo! finance英語版

Yahoo! financeの英語版のAnalysisタブを開きます。
そこにEarnings EstimateとRevenue Estimateがあります。
Earnings EstimateのAvg. EstimateというのがコンセンサスEPS予想を示していて、
Revenue EstimateのAvg. Estimateがコンセンサス売上高予想を示しています。

そのため、決算の時にはコンセンサスEPS予想と実際のEPSコンセンサス売上高予想と実際の売上高を比較して、良い決算かどうかを判断します。
そして、過去のコンセンサス予想は消えてしまうことが多いので、メモを取っておくことがおすすめです!

サンプルとしてGoogleのAnalysisページのリンクを貼っておきます。
GoogleのAnalysisページ

株を手放すタイミングとは?

2回連続で悪い決算だった場合には株を手放すべきという風に述べられています。

まとめ

保有している銘柄に関しては最低限決算を毎回チェックする!
そして、決算を見る時には以下のポイントを確認する

1.EPSの数字がコンセンサス予想を上回っているか?
2.売上高の数字がコンセンサス予想を上回っているか?
3.ガイダンスが次の決算のEPSと売上高の予想を超えているか?

今回学習している本をお手に取りたい方へ

電子書籍版

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法 [電子書籍版]

文庫版

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

この本の読書記録に関するバックナンバー

1.【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

2.本記事

もしご興味があればTwitterをフォローしてください!

今まで高橋ダンさんの動画を文字で確認できるようにするブログや高橋ダンさんから教わったテクニカル分析を自分なりに試してみた時にどう分析できるかを投稿していました。
今後はこの本で学んだ決算情報についても投稿してみようと思うのでご興味がある方はぜひフォローをお願いします!
一方的に発信をするのではなく、同じタイミングで学んでいる方々とお話をしながら投資について理解を深めていければと思っています。一緒に投資を学んでいきましょう!

ここまで見てくださった方はありがとうございます。
とても感謝しています。
今後ともよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です