バイデンショック!! ゴールド、シルバー、プラチナをまた買う時?

はじめに

バイデンショック!
全部上がってる。なんでも上がっている!
今注目したいのは金、銀、プラチナです。

金の先物

金の先物を見ると5%くらいここ1週間くらいで上がっている。

銀の先物

銀の先物を見ると11%くらい上がっています。

今日アップデートしたいのはこれから買うのか?についてと長期的な展望。
それと、インプライドボラティリティについて解説したいです。

今日のテーマ

①長期的になぜ金、銀、プラチナを保有するべきか?
②テクニカル分析
③僕の意見

①長期的になぜ金、銀、プラチナを保有するべきか?

金、銀、プラチナは昔からおすすめしています。
なぜかというマネーサプライと一緒に価格が上がるものだからです。
なので、ぜひ長期投資のコモディティの部分で保有をしてください。

長期投資

マネーサプライというのは各国の中央銀行がコントロールしています。
これは中央銀行が金融緩和をするような時にマネー(お金)のサプライ(供給)が上がるんです。
経済が悪化した時に経済対策のために金融緩和をする必要がある時に、ほとんどの先進国の政府が新しく借金を発行します。その借金を中央銀行が買うことが多いんです。
このサイクルが繰り返されていて、今のところは特にアメリカドルのマネーサプライはこの40年間で急騰しています。

そして、歴史的に見るとアメリカドルのマネーサプライと金の価格は一緒に動いています。
なぜかというと、アメリカドルが世界で一番取引量の多い通貨だからです。歴史的に見るとイギリスポンドとかも一番多かったです。

金の価格とアメリカドルのマネーサプライ

金の価格とアメリカドルのマネーサプライを比べてみると、今は100年間で一番低い水準になっています。
なので、金の価格は長期的に上がる可能性が高いと何か月間も言っています。
そのため、ぜひ保有してください。

②テクニカル分析

短期投資について

長期的な口座とは別に短期的に投資もしてください。

短期

これを忘れないでください。
どれだけ金、銀、プラチナが大好きでもリーマンショックなどが起きた時には価格が落ちてしまうんです。
そのため、短期投資も行ってください。
長期投資と短期投資の両方をやることによってパフォーマンスは向上します。

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

金のテクニカル分析

金の先物

チャートを見て一番最初に気づいたのは、中期的な下落トレンドが終わっていると思います。
これは2日、3日前に初めて突破したので注目です。

金の先物

もう1つ注目してほしいのは黄色の移動平均線が紫とピンクの移動平均線を横切っています。
これは、実はゴールデンクロスではないです。誤解しないでください。
ゴールデンクロスとは2つの線が上向き方向になっている時に言います。
そのため、厳密には黄色い線とピンクの線はゴールデンクロスですが、黄色い線と紫の線はゴールデンクロスではありません。
ここは誤解しないでください。(※このような説明は新しい本でも解説しているそうです。詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。下にリンクを貼っています)

MACDは今上がっている方向です。
RSIも50以上になっているので今は上がっているトレンドになっています。

金の先物

ボリンジャーバンドを見てみると、今はワニの口になっていますがボリンジャーバンドの上はまだ突破していないので過大評価はされていないようです。

金のポジション

金のポジションはこの5年くらいの間で見ると少し過大評価されていると見ることができます。

銀のテクニカル分析

銀の先物

銀のチャートは金と似ています。
下落トレンドがちょうど終わったところかもしれません。

銀の先物

MACDもRSIも上がっていて、ボリンジャーバンドもバンドの上だけど突破はしていないです。

銀のポジション

銀のポジションも見てみると。今は少し過大評価されています。

プラチナのテクニカル分析

最後にプラチナです。

プラチナの先物

チャートを見ると金、銀と違うポイントがあります。それは移動平均です。
プラチナはピンクの線をまだ突破していないか少し通ったくらいです。100日移動平均からまだ離れていません。これは金、銀と大きく違うところです。
なので、プラチナは少し過小評価されているのかもしれません。
MACDもRSIも上がっています。

プラチナのポジション

プラチナのポジションを見ると、これも過小評価されています。

③僕の意見

皆さんに見てほしいのは銀のETFのインプライドボラティリティです。
個人ではETFを購入する人が多いです。
そして、銀のETFは早く動く傾向があります。そのため、金が上がるという傾向が出る時に銀のETF(SLV)を買う傾向が強く出ます。

SLVのインプライドボラティリティ

これは銀の価格が上がっていた時にもインプライドボラティリティが上がっていたんです。
インプライドボラティリティというのは時々恐怖指数とも言われ、Putオプションの購入力が上がる時にインプライドボラティリティが上がるという傾向が強いです。

銀の先物

急激に上がったため、こういう時にもインプライドボラティリティも上がる時もあるんです。
それを知ってください。
今のインプライドボラティリティは平均的なので過小評価も過大評価もされていません。

今の僕のおすすめはいつもの通りに長期的には保有し続けるべきです。
老後資金として保有し続けてください。

長期投資

短期的なポジションでは金、銀、プラチナは5日前くらいにほぼ売っています。
ギャンブルだったからです。
これから短期的な僕のおすすめはプラチナを少し買おうかなと思います。
経験がある人は先物でも良いですし、初心者はETFで良いと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

影武者の本記事まとめ

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の10月のニュース一覧

過去の10月のニュース一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。

電子書籍版

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 高橋ダン著

文庫版

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 高橋ダン著

僕がウォール街で学んだ勝利の投資術 億り人へのパスポート渡します 高橋ダン著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です