ファイザーワクチン、でもナスダック株価が転落!

はじめに

昨日のビデオ(新型コロナウイルスのワクチン開発!世界マーケット大暴騰!)ではマーケットが開く前にかなり上がっていたということを伝えました。
今日初めに気づいたのはDOW JONESではなく、NASDAQの動きです。

NASDAQは1.53%下がったんです。これが一番今日注目するべきだと思います。

なぜNASDAQが下がったのか?

ハイテクからのローテーション

最初にヨーロッパも見てみたいです。

ここで注目したいのはヨーロッパが閉まるのはアメリカ時間のお昼くらいなんです。
ヨーロッパが開いている時にはDOW JONESとかももっと上がっていたんです。しかし、ヨーロッパが閉まってからアメリカは下がり始めました。
どうやって下がったのか?
この答えはNASDAQです。

まず、DOW JONESを見てみると。DOW JONESは30の会社で時価総額ではなく、価格でウェイティングされています。

この中で下がっている企業はテックの会社が多いです。
大きな上がりは、銀行、金融、工業、自動車などが多いです。
今は明らかに傾向があります。テックが売られていて、伝統的な会社が買われているんです。
NASDAQのウェイティングを見ると状況は全然違います。

ここで注目してほしいのは、DOW JONESとNASDAQでどれくらいウェイティングが違うのかです。
今、グロースからバリューにローテーションが起こったというニュースがブルームバーグで言われています。

これはバリュー株(伝統株) – グロース株の%を表しています。
今は22年ぶりの大きなローテーションがあったんです。ハイテク株を売って、伝統株を買う人が多かったんです。
ぜひ、ここを見逃さないでください。

これからハイテク株はどうなるのか?

特によく下がった株(Amazon、Facebook、NVDIA、Nerflix)について見てみたいです。

FB

Facebookは下がりましたが、ボリュームが全然大きくないです。

AMZN

Amazonもそんなに大きなボリュームではないです。

NVDIA

NVDIAもそんなに大したボリュームではないです。

NFLX

Netflixは決算と比べたら大きくないですが、少し大きいです。

ただ、全体的に見るとボリュームはそれほど大きくありません。
だから、暴落時のような売り圧力がとても強いわけではない。けど、売り圧力はあるというような状況です。

ハイテクは色々な分析の仕方があります。
個別株、先物、ETFそれぞれを見る分析方法があります。

NASDAQ先物の純ポジション

NASDAQの先物の純ポジションを見ると、今は5年間の平均的な値です。
圧倒的に下がって上がったのは9月の時です。
これはソフトバンクがオプションをいっぱい買っていたというニュースです。
この時にはPutオプションが大量に買われて、ヘッジのために先物も大量に売られたと思います。
そして、ヘッジがいらなくなったので買戻しをしたんだと思います。

QQQ

チャートも9月は下がっていて、ヘッジを買い戻した時に上がったのかなと思います。
そして、11月にかけて下がっていた時には先物のポジションはそれほど動いていないので先物はそれほど関係ないと思います。
株が売られていて、たぶんETFの影響だと思います。
だから、皆さんに知っておいてほしいのはNASDAQが下がる時には個別株、先物、ETFのどこに発生点があるのかを考えることが重要です。
今回はETFの世界の話だと思います。

QQQのインプライドボラティリティ

QQQのインプライドボラティリティを見てみると、最近オプションが多く買われていて、株を空売りしていた人が多かったと思います。

QQQ

そして、今のところはバイデンが勝って、ねじれ国会になることになったのでショートしていた人が買戻しをしたんだと思います。
それによってインプライドボラティリティが下がったんです。

QQQのSKEW

QQQのSKEWはインプライドボラティリティよりもっと急に下がっていました。
なので、これが答えだと思います。
NASDAQが急に下がった理由はPutオプションが売られたことが原因だと思います。
それによってコロナ前の数字まで戻りました。

僕の意見

今回の急騰について何が起こったのか

なので、今回の急騰について僕の意見は個別株が空売りされていて、オプションも大量に買われていた。
しかし、その保険がいらなくなったので買戻しとオプションの破棄が行われたということだと思います。
そして、今はコロナが終わるかもということでハイテクが売られてローテーションが起こっているというのが今のストーリーだと思います。

投資について

最後に、これを聞いてどうしたら良いかです。
いつもの通り投資は自己責任です。

長期投資の部分に関しては赤い部分をもう少し多くしていました。

長期投資

これを元通りに戻します。
そして、緑の部分でハイテク株を売り、伝統株にローテートするのが良いと思います。

ただ、それだけじゃなくて短期戦略も必要です。

短期

短期の方では、今はほとんどポジションを減らしていました。少しだけハイテク株の売りポジションを持っていました。
これを持ち続けます。
コロナのワクチン開発がされました。しかし、チャートはチャートです。なので、これを維持します。
それプラス、銀行株、航空株を買ってスプレッドしようと思います。伝統株を買って、ハイテク株を売る。
これを短期ではやろうかなと思っています。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

影武者の本記事まとめ

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の10月のニュース一覧

過去の10月のニュース一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。

電子書籍版

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 高橋ダン著

文庫版

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 高橋ダン著

僕がウォール街で学んだ勝利の投資術 億り人へのパスポート渡します 高橋ダン著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です