アメリカ株価が過去最高値を突破する?コロナワクチンとトランプ不正投票の影響?

はじめに

アメリカの株式市場は後ほんの少しで過去最大レベルを超えるところです。

S&P500

これが本当に起こるのか?
ここに対して今日はファンダメンタルとテクニカルの両方を分析して解説したいです。

ファンダメンタル分析

大きなファンダメンタルニュースは2つあります。

1.トランプ対バイデンがどうなるのか?
2.ワクチン開発は一体どうなるのか?

1.トランプ対バイデンがどうなるのか?

トランプ対バイデンは毎日色々なニュースが出ています。
情報に関しては中立的に見ようとしています。

中立なメディアとしてAllSides.comで評価されているRealClear Politicsというサイトで見てみると。

ここでは初めて昨日か一昨日にペンシルベニアを集計に含めてバイデンが勝ったとしました。
なので、中立的なメディアがこのように記したら確率的にバイデンが優勢と言うことが言えると思います。
不正についてなどのニュースも中立的なメディアを見ると、不正について述べられているものがありますが証拠がまだないということや以前にトランプの息子が言っていた不正に関する話も合っていませんでした。

もちろん不正投票があったとしたら客観的に報告したいですが、今のところそういう状況になっていなく株式市場に対する影響は少ないかなと思っています。

2.ワクチン開発は一体どうなるのか?

ファイザーの株は何で下がったの?と聞いてきている人が多くいます。僕は4日前くらいにビデオ(ファイザー株は危険!ワクチンニュースの分析!)で言っています。危ないよ!と。
なぜかというと、初め値の価格が一番高くて、終値が一番低かったのでこの動きは良くない動きでしか。

PFE

しかも、かなり期待レベルが既に高かった。それにプラス、競合がとても多い。
そのため、こんなニュースに飛びついてギャンブルするのは止めてくださいと皆さんに言いました。
なのでぜひ、そこも見てください。
ワクチンがこれから開発されるのかどうか。
ファイザーが下がってもアメリカ株に対してのリスクはそれほどないと思います。なぜなら、ファイザーは1つだけの会社です。
アストラゼネカ、モデルナ、イーライリリーなど他の多くの会社がワクチンを開発しているので、それほど大きな影響はないと思います。

チャート分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

過去最大レベルのポイントについて

S&P500は9月30日のレベルを超えれば過去最大になります。

DOW JONES

DOW JONESは少し違って、コロナの前の29600くらいを超えないといけないんです。
両方とも過去最大レベルが近いですが、それぞれ違うところにあるというところは認識しておいてください。

チャートを分析する

S&P500

今のチャートパターンは僕が大好きなチャートパターンです。Wです。
このWパターンは上がる傾向になることを示しています。だから今は上がる確率があると思います。

SPY

ボリュームを見てみると、コロナのワクチン開発のニュースが出て大きくなりましたが、その後の3日間はそれほど大きくないです。

MACDを見てみると今は短期的に上がっているトレンドが続いています。
RSIは50を突破して上向き方向に上がっています。

SPY

ボリンジャーバンドを見ると幅の中にいます。
特に何かクレイジーなことは何も示されていないです。

オプションを分析する

SPYのSKEW

SPYのSKEWを見てみると、今は平均的です。何も特別ではないです。

SPYのインプライドボラティリティ

インプライドボラティリティも普通です。

こういう、つまらないマーケットでボラティリティが極端じゃなくてポジションが極端じゃない時は上がりやすいと思う。だから、突破しやすいと思います。

ただ、トランプ対バイデンのニュースがリスクだと思います。そして、ワクチンのニュースも悪い情報が出たらそれはリスクです。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任です。最後は自分で判断してください。

長期と短期に関しては新しい本(下にリンクを付けています)でも紹介していますが、長期と短期を両方やることがおすすめです。
短期と長期では戦略が違います。
同じ商品でも違うやり方をすることがあるので、それによってあなたのポートフォリオのパフォーマンスを上げることができます。

長期積立について

長期投資

大統領選挙の前は少し赤い部分の比率を上げていましたが、今日の債権のビデオでも言いましたが、今は債権を売るのがおすすめです。
ここを売ってローテートするのがおすすめです。銀行とか工業とかの伝統株にローテートすることがおすすめです。

短期投資について

短期

短期的にも長期で買うのと同じような株を買うのが良いと思います。
矛盾していると思うかもしれませんが、別々の口座で同じ株を買うのが良いと思います。

これは全然違う考え方です。
老後資金のために定期的に買うのと、トレンドに乗るのとで違います。
なので、突破してどこまで行くかはわかりませんが、MACDが変わるまで短期的は保有して長期的な部分はトレンドが変わっても何もしないで維持するということです。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。

電子書籍版

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 高橋ダン著

文庫版

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 高橋ダン著

僕がウォール街で学んだ勝利の投資術 億り人へのパスポート渡します 高橋ダン著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です