日本の銀行株、やっと買う時が来た!

はじめに

銀行株!
やっとまたタイミングが来ました。
ライオンがずっと待っていてやっとタイミングが来たと思っているので今日は日本の銀行株について紹介します。

ニュースについて

まずは、決算についてのニュースです。
日本の大手銀行株5社は決算を発表しました。
特によく報道されていますがコロナウイルスの影響で連結純利益が11年ぶりの低水準だったということです。
11年ぶりの低水準だったのですが、政府の支援策によって企業倒産が抑えられたことによって不良債権処理費用は想定以下に収まったということです。
この不良債権処理費用の部分がもっと重要です。
なぜなら、決算の方はそれほど良くなかったですが、三菱UFJとみずほは上方修正をしたんです。三井住友は上方修正しませんでした。
しかし、長い間日本の銀行を見ていてわかるのは注意深く決算発表をしているので三井住友も上方修正をすることができたと思います。
なぜかというと、三井住友は今年の目標の3分の2を達成しているんです。だから、たぶん上方修正できたんですがしなかったんだと認識しています。
そのため、それほど決算は悪くなかったんです。
不良債権の部分が重要だといいましたが、不良債権とは銀行から誰かにお金を貸してそのお金が返ってこない時に不良債権と言います。この部分が想定よりかなり下だったので、良いことだと思います。

テクニカル分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

チャート分析

まずは1615のチャートを見ます。これは、日本の銀行株のETFです。

1615

この1週間の間で圧倒的に上がった日はコロナのワクチンが開発されたというニュースがあった時です。
それで、一気に上がってこの2日間で下がりました。
僕は実はこの下がりを待っていたんです。
そして今は下がったところです

1615

そして、ボリュームがとても重要なんです。
急激に上がった時にはボリュームが大きくて、下がっている時にはそれほどボリュームが大きくないんです。
つまり、売り圧力は買う圧力よりそれほど大きくないということを示しています。
ここが重要ですよ。新しい本(下にリンクを付けておきました)でも書いてありますけど、ボリュームの見極めがとてもとても重要なんです。
これは上級レベルでも初心者でも誰でも使えるチャートの分析なので皆さん覚えておいてください。
なので、これは良いシグナルだと思います。

1615

MACDは上がるトレンドになっています。
RSIもまだ上がっているトレンドの最中です。

1615

ボリンジャーバンドも見てみると、今はボラティリティが上がっていて幅が広くなっています。これはワニの口と見て危なく感じるかもしれませんが、それほど危なくないです。
なぜかというと、今はマーケット全体のボラティリティが上がっていてこの1615だけのボラティリティが上がっているわけではないからです。
だから、マクロの影響でボラティリティが上がっているので僕はそれほど懸念を持つべきではないと思います。

銀行株に対して何が影響を与えているか?

銀行株に対して何が強く影響しているのかを確認するために相関係数を見たいです。
相関係数は2つの商品がどれだけ一緒に動いているのか、どれだけ一緒に変動しているのかを表しています。

日経平均と1615の相関係数

日経平均と1615の相関係数は0.86くらいです。まあ、一緒に動いています。
10月の間はほとんど一緒に動いていなかったのはおもしろいですね。でも、今は一緒に動いています。

TOPIXと1615の相関係数

TOPIXを見てみると全然違います。
日経平均は10月の間は相関が0でした。しかし、TOPIXの場合はずっとほとんどプラスだったんです。
だから、TOPIXと1615の変動率はだいたい一緒です。日経平均と1615は時々一緒に動いて、時々一緒に動かないということです。日経平均への影響は先物、ソフトバンク、Techがもっと大きいためです。
TOPIXの話題に戻るとTOPIXと1615の相関係数は0.97になっています。とても高いですね。
だから、かなり銀行株はTOPIXの買いの圧力の影響を受けていると思います。

XLFと1615の相関係数

XLFと1615の相関係数を見てみると、今は一緒に動いていて、10月は一緒に動いていなかったです。
これもマーケットの影響だと思います。
アメリカ株と日本株は10月の間はあまり一緒に動いていませんでした。アメリカ株は大統領選挙への不安感が大きかったので下がっていたんです。
しかし、日本の株はあまり下がっていなかったのでこれもマクロの影響だと思います。
このマイクロ的なのか(銀行株だけなのか)、マクロ的なのか(マーケットの影響なのか)ここを見極めることが分析をする上でとても重要だと思います。
だから、今はアメリカ株とも一緒に動いているのでここの影響も見てみる必要があると思います。
今はXLFは6月辺りの高値を更新しているので、良いチャートに見えます。

空売り比率やオプションの世界を確認する

XLFの空売り比率

XLFの空売り比率も見てみると。今は平均的だから何も懸念する必要はないです。

XLFのインプライドボラティリティ

XLFのインプライドボラティリティも特に何か懸念するべきこともないですし。

XLFのSKEW

XLFのSKEWも特に何も起きていないです。

なので、順調に上がっているかなと感じています。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任です。自分で自己判断してください。

長期投資について

長期投資

長期的には銀行株はまだ上がると思います。
なので、老後資金のための積立投資に銀行株は緑の部分に含めた方が良いと思います。

短期投資について

短期

短期投資も長期投資とは別口座で必要です。コロナショックの時のような時は長期投資は全部下落します。その時にチャートを使ってトレンドに乗る。

ここの方も短期的に僕は好きです。
今はちょっとだけ一時的に下がったのでこれを買うというのは良いアイディアだと思います。
たぶん、ここから400日移動平均線レベルまでいくかなと思います。

1615

特に金曜日にアメリカ株は過去最大レベルをまた突破したと思ったので今は上がっている傾向なので短期的にも買って、長期的にも積立投資をする。
長期投資の部分は特にチャートは見る必要はないと思います。目をつぶってただ投資をし続ける。この辺りは新しい本にも書いてあります。
短期的にもチャートがとても良いので今は銀行株は良いかなと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者独自分析!

銀行株ETFをおススメされたけど、個別株では何を買うべき?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の10月のニュース一覧

過去の10月のニュース一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です