JAL・ANA 航空株の下落は終わった!

はじめに

航空株!日本の航空株!
特にANAを見てみると、今年の初めから37%の下がりをしています。

ANA

JALを見てみると。今年の初めから47%も下がっています。

JAL

ここから航空株はどうなるのか?
上がるのか?上がるとしたらどのように投資するべきなのか解説したいと思います。

ニュースのアップデート

JALとANAは両方とも2,3週間前に決算発表をしました。
もちろんコロナの影響で両方とも赤字でした。
しかし、もっと重要なニュースは特にJALは11月6日に公募増資等で1680億円を調達することになったということです。
この1600億円のうちの1000億円を投資に回し、600億円を有利子負債の返済に充てるということでした。
ここはほとんど新株を発行して財政を強化しつつ、効率の高い航空機を導入し需要回復後を見据えた投資をするということです。
これは利益が出るかどうかが問題ではなく、航空株で懸念されているのはバランスシートが大丈夫かということです。
ここはANAの方でも赤字を抱えていて、借金が増えているということです。これに関してはぜひ僕の過去のビデオ(航空株を買うチャンス!長期的なポジションでリスク低い!)を見てください。

ただ、一番重要なファンダメンタルは僕の意見では自己資本比率です。
9月末時点の自己資本比率はJALでは3月末から8ポイント低下して44%となっています。そして、ANAは32%です。
特にJALの方はANAや欧米の会社より高い自己資本比率になっています。

はっきり言って僕は2つともの会社は倒産しないと思います。
バランスシートに対して懸念がありますし、エクイティファイナンスで株の供給を増やすということも悪いニュースです。
ただ、これらのニュースは全部もうマーケットに入っています。

そして今日もう1つニュースが出ていました。
ANAとJALはコロナに感染していないことを示すデジタル証明書の実証実験に乗り出すというニュースです。
これはアプリを使ったもので「コモンパス」を利用するプロジェクトに加わるということです。
これを使うことによって、往来が回復していくということを示していると思います。なので、これは良いニュースだと思います。
ファンダメンタルを少し話しましたが、もっと詳しいファンダメンタルはぜひ過去のビデオを見て下さい。

チャート分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

JALのチャート分析

JAL

先ほども言ったようにJALはコロナの前から47%くらい下がっています。

JAL

そして、公募増資を発表した11月6日に大きな出来高にバッて下がったんです。なのでそれはとてもネガティブです。
そして、すぐ次の市場が開いている日にはワクチンが開発されたニュースの影響で10日には上昇しています。
ただ、その上がった日のボリュームは下がった日のボリュームの半分くらいなんです。
だから、今のところ短期的に見てみるとJALの方では売り圧力の方が買い圧力より強いような感じです。

JAL

それ以外にもチャートを見てみると今のところはまだ下落トレンドが続いていると思います。
これは3点の頂点で線が引けます。

JAL

MACDを見てみると、これは全然クリアではないです。
一応、今のところは青い線が上向きに横切っているので上向き方向だということを示しているかもしれません。

JAL

RSIも下がりトレンドが最近の上昇で終わったような気がしますが、また46に下がってしまったので完全な上昇トレンドは始まっていないかもしれません。

JAL

ボリンジャーバンドを見てみると今は幅の中にいます。
大きなギャップダウンと上がりがあったので今はかなりボラティリティが大きくなっています。

ANAのチャート分析

次にはANAのチャートを見たいと思います。

ANA

ANAはコロナ前から37%くらい下がっています。
そして、ボリュームがとても重要なのですがANAの方はJALと違って大きなギャップダウンがなかったんです。

ANA

なぜかというと、JALの方で新しい公募増資をするというニュースがあったからです。
ANAの方ではもっと借金するというニュースは先月とかからもっと出ていたんです。
なのでANAでは大きなギャップアップだけありました。
そして大きなボリュームは上がった日だけにあったということでJALとは違うチャートになっています。

ANA

そしてMACDもJALと違ってかなりスムーズになっています。
今は上昇トレンドが始まっているように見えます。
RSIについては大きな上昇から大きな下落があり今は50以下の数字になっていますが、突破して一回下がって上向き方向になっているような感じになっています。

ANA

ボリンジャーバンドは今すごくボラティリティが上がっていますが、それほど懸念はしていません。

JALとANAは何に影響を受けているか?

何がANAとJALを後押ししているのかというのも全然違うんです。

ANAとS&P500の相関係数

S&P500とANAは0.58なのでまあまあ一緒に動いています。

ANAとJETSの相関係数

JETS(アメリカの航空株)とANAは0.64でここもだいたい一緒に動いています。

しかし、JALを見ると全然違うんです。

JALとS&P500の相関係数

JALとS&P500はほとんど0になっているんです。

JALとJETSの相関係数

JALとJETSは今はマイナスになっているんです。

なので結論から言うと、JALの方は全然アメリカの株と一緒に動いていなくてANAはアメリカの株と一緒に動いているということがわかります。

僕の意見

これを聞いて僕の意見は何なのか?
いつもの通り、投資は自己責任です。自己判断で行ってください。

長期投資のおすすめ

長期積立投資の方は少し航空株を持っても良いと思います。これはアメリカの航空株でもおすすめしましたが少し持っていて良いと思います。ただ、大きく持つ必要はないと思います。
長期的に利益は出にくくなっていくと思います。固定費用がとても高いというビジネスモデルだからです。

長期投資

短期投資のおすすめ

ただ、短期的にトレンドに乗る。そういう部分では、買いだと思います。今は2つとも上がると思います。

短期

ただ、特にANAの方が面白いと思います。なぜならJALは新しい公募増資をするというニュースを発表したばかりで売る圧力がまだ残っていると思うからです。
しかも、相関係数はアメリカの株と動いていない。
しかし、ANAの方がアメリカの株と一緒に動いていて、プラス、買い圧力はかなりあると思うのでもう少し上がる確率はあると思います。

ただ、両方上がると思うので両方とも買って少しだけANAの方だけ比率を大きくした方が良いと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画


影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の10月のニュース一覧

過去の10月のニュース一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です