S&P500とNYダウ株価が過去最高値、いつ売るのか?

はじめに

アメリカ株が過去最高値をやっと更新しました!

S&P500

S&P500を見ると今は3626ドルです。

DOW JONES

DOW JONESも今は29950ドルです。
コロナの前の価格も突破しました。

ここで一番大きな質問はどこまで上がるのか?アメリカ株式市場は世界の株式市場を動かす大きな影響があります。
どこまで上がるのかをテクニカル分析をします。
また、長期投資のためにどんなメンタルでいれば良いのかを解説したいです。

ニュースについて

DOW JONESが30年ぶりに早い回復をしているというニュースです。
Bear-Marketとはだいたい20%の下がりがある時にBear-Marketと言うんです。
Bull-Marketというのは20%の上がりを言います。

MarketWatchより引用

これはBear-Marketでの過去の平均的な回復日数は取引日数で1483日かかるということです。
しかし、今回はたったの193日だけかかったということです。これは29年ぶりの早さで回復をしたということです。
1991年では191日かかったそうです。
このデータには色々穴があると思います。
まず、S&P500の方が重要です。DOW JONESはたったの30株だけ。
S&P500は500株でもっと株式市場全体になっています。S&P500は8月時点で既に回復していました。
なので、これはもしかしたら過去1番早い早さでの回復かもしれません。

S&P500

テクニカル分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

はじめに

僕が今日見るのはS&P500です。S&P500に対しての色々な恐怖指数やオプション指数や貪欲指数なども見てみたいです。

S&P500のチャート分析

S&P500

チャートを見ると今は順調に上がっているというような感じです。
今はWの形をしています。Win、勝つ形です!これは上がる時のパターンです。
MACDも順調に上がっていて、RSIも順調に上がっていて全然過大評価もされていないレベルです。

S&P500

ボリンジャーバンドも幅の中です。
何も懸念することはないです。

恐怖と貪欲指数について

僕が最近見ているのはCNNのFear & Gread Indexです。これは恐怖と貪欲指数といってマーケットの恐怖度合いと貪欲度合いを見ることができるものです。
僕は全部には重要だとは思いませんが、この中で使っている指標を少し紹介します。
・S&P500が100日移動平均線とどれくらい離れているか(少し重要)
・株と債券のパフォーマンスの違い(それほど重要ではない、FRBの買う圧力が強いため)
・Putオプション、Callオプションの比率(重要)
・不良社債と適格社債のイールドの差(重要かどうか言及なし)
・ボリューム(とても重要)
・VIX(とても重要)
・平均と比べて高い株と低い株(重要)

上の項目をすべて見てみると今は70から80程度です。

ただ、もう少し低いと思います。特に株と債券のパフォーマンスの違いなどはあまり必要ではないし、不良社債と適格社債のイールドの差もあまり重要ではないと思います。
FRBは不良社債も社債も買っています。なので、株式に対してその比率を測るのは適切じゃないと思います。
だから、もう少し低いかなと思います。なので全然過大評価の心配はないと思っています。

S&P500のポジションを見る

S&P500の先物のポジションはたしかにコロナの前より上がっているけど、2018年ではもっと高かったです。

S&P500のオプションの世界を見る

SPYのSKEW

S&P500のETFでオプションの世界を見てみると、Put – Callだとかなり下がっているのでPutオプションを買っている人はそれほどいないということです。

SPYのインプライドボラティリティ

SPYのインプライドボラティリティはまだまだ下がることができます。
まあ、SPYのインプライドボラティリティはだいたいVIX指数と同じなのでまだまだ下がることができると思います。

VIX

先ほどのFear & Gread Indexの中で一番重要だと思うのはVIXです。まだ22.45なのでコロナの前では13とか14だったのでまだまだ下がることができると思います。

どこまで上がるのか?ということを測るためには色々な道具があるんです。
フィボナッチ、一目、MACDなど。ただ、モメンタムインディケーターは同じように動いていると思うので1つだけ使えば大丈夫だと思います。
フィボナッチも良いんだけど、20年、30年前くらいだとあまり使っている人がいなくて利点があったと思いますが、今だと皆が見ています。
見ている人数が多すぎるのであまり当てにならないような気がします。一目も同じような感じがします。
モメンタム的に過大評価を表すとしたらRSIかな?RSIを見てS&P500がどこまで行くのかを見てみたのですが。

RSIが70までいくとしたら3684、RSIが80までいくとしたら3958です。
だから、この2つのレベルがとても重要だと思います。

S&P500

S&P500を見てみると今は3626で3684だとだいたい1.5%くらい上昇したら達成します。
これはたぶん年末までには達成すると思います。RSI70はたぶん行きそうです。
もっと大きなレベルが3958です。RSI80というレベルも実は可能なんです。

S&P500を

9月の時に80まで行っていました。だから、かなり高い水準だと思うかもしれませんが可能だと思います。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任です。最後は自分で判断してください。

長期投資の考え方や投資のスタンスについて

今日は長期的な積立の考え方についてです。
特に今は株価がすごく上がっている。
どこまで上がるかわからない!追いかけたくない!チャンスをミスした!
こういう考え方は×です!

客観的に考えないといけないんです。論理と客観で感情を抜くべきです。
感情を他のところで抜けと言っているわけではなくて、投資に関してです。

長期投資

特に皆さんに注意してほしいことは、長期積立する時に株価が急上昇して全体の資産に対して90%の割合になっていたらリバランスということをしてください。
これは8月とか9月の金が急騰していた時にも同じようなことを言っていました。

リバランスについて言及しているビデオ(記事)はこちら

急上昇や急減少するような時にリバランスをすることが重要です。
割合を守るようにしてください。
特に今は大きな動きがあるのでここを覚えておいてください。

そして、追いかけるのは無駄だとは思わないでください。
はっきり言ってこれはもっと上がると思います。DOW JONESがちょうど30000ドルを突破するところです。
これを突破したらメディアが色々と大騒ぎすると思います。
そしたら、アメリカ人とかヨーロッパとか英語が読める人が株を買わないといけない!!とまた大騒ぎになるのでまた買う圧力が出ると思います。
特に株にあまり投資していない人が目覚めて久しぶりに株を買おう!と思い始めるので、まだまだここは上がることができると僕は思います。
なので、全然ミスしたと思わないでください。

セクターを見て、特に航空株、金融株、エネルギー株、工業株というような株に関してはまだまだ上がる確率があると思うので、そこは覚えておいてください。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の10月のニュース一覧

過去の10月のニュース一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

「S&P500とNYダウ株価が過去最高値、いつ売るのか?」に6件のコメントがあります

  1. 最新のSp500の記事。
    投稿が早くて助かりました。
    動画は見返すのが面倒で、文字の方が見やすいです。

    1. コメントありがとうございます。
      アメリカ市場全体に関わるものに関してはアメリカ市場が開く前に書き上げられたらと考えています。
      今日ですと、モデルナのビデオとプラチナのビデオは文字に起こさない予定なので恐縮ですがそちらは直接ご覧いただけると幸いです。

    1. 紛らわしくて申し訳ないです。ロンドン時間になっているかもしれません。
      まだまだワードプレスを使いこなせていないので、ご容赦ください。

      ご指摘いただきありがたいです。
      調べてみて時間について直せるようにしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です