テスラがS&P500に採用、株価が爆上げ!

はじめに

今日のビッグニュースはテスラに関するニュースです!
テスラがS&P500に採用されるというニュースが発表されました!
このニュースが出て市場は今は閉まっていますがアフターマーケットで13%上がっています。

テスラ

ここからテスラ株が長期的にどうなるのか?ここに関して解説したいと思います。

テスラがS&P500に採用されたというニュースについて

このニュースはアメリカ時間の16日のマーケットが閉まった時に出ました。テスラがS&P500に採用されるということです。
これは12月21日から採用されます。
S&P500に採用される時にはS&P500のTop10の時価総額になります。
また、記事の中では9月にもS&P500に採用される基準には達していましたがなぜか採用されなかったことに疑問がありましたが、その疑問は解消されるということも書かれていました。

テスラは皆さんもご存知だと思いますが、世界で一番大きなEVメーカーです。
イーロン・マスクというとても面白い人がCEOです。
テスラがS&P500に採用される条件は具体的なところもあれば、曖昧な部分もありました。
これがどういう意味かというと、採用されるための条件で定量的な部分は時価総額や4四半期連続で黒字とかです。定量的な条件はほとんど達成していたのですが、定量的な部分が達成していなかったとされています。
そのため、9月の時にはテスラ株は下がりました。

ここからどうなるのかについてですが、僕が思うにファンダメンタルはほとんど重要ではないと思います。
テスラは世界中でものすごくファンダメンタルを分析されている会社なので時間の無駄だと思います。
どのくらい車を製造するのかというような情報もほとんど株価に入っています。
色々と予測はあるので見るのは面白いと思いますが、あまり当てにならないと思います。

テスラについてはテクニカル分析、特に空売り比率が重要だと思うのでこれからテクニカル分析に入りましょう。

テスラのテクニカル分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

テスラのチャート分析

TSLA

チャートを見ると9月1日くらいからほとんど何も動いていないという状況です。
実は僕は8月の終わりから9月の始め頃から空売りをおすすめしていました。
その理由は株式分割とMACDが下がっていたからです。(テスラの株が暴落!売った方が良いのか?株式分割の嫌なデータ)

テスラに関する記事一覧

そして、その後は買戻しもしましたし、チャートも横に動いています。

TSLA

今のところで一番面白いのは出来高です。ボリュームが全然なくてとても低いんです。
株式分割とか決算が出ている時にボリュームが少ない、今回の決算もとてもボリュームが少ないというのは異例です。

TSLA

今はMACDは少し長めにしているんです。
いつもより少し長い中期的なトレンドを見てみると。

TSLA

今は9月4日くらいからの下落トレンドはまだ続いているということです。
RSIを見てみると、これは9月の中旬くらいからずっと50のままです。なのでトレンドが全然定まっていないように見えます。

TSLA

ボリンジャーバンドを見てみると今はすごく幅が狭いです。
全然変動率がないということです。今はどこにも向いていない状況です。

オプションの世界を分析する

テスラのインプライドボラティリティ

インプライドボラティリティは今は低いです。
これは今ボリンジャーバンドの幅が狭くて変動率が低いので一緒に動くのは当たり前だと思います。

テスラのSKEW

テスラのSKEWを見ると今は少しだけ高いという状況です。
だから、Putオプションの購入の方がCallオプションの購入力より強いということを示しています。

これはたぶん空売り比率と関係あると思います。

テスラの空売り比率

今はまだアップデートされていないのですが今の値は21なんです。先週ではすごく高かったのですが、今は下がっています。
なのでこの1年間で平均的です。
空売り比率は どれくらい空売りされているか / 全発行株式数 です。
空売り比率はテスラにとってはとても重要なんです。なぜなら、空売りする人がとても多いからです。
テスラはトランプと同じように大好きと大っ嫌いですごく分かれているんです。だから、感情がとても入っている株なんです。
空売り比率を見ると時々良いタイミングを見つけることができます。前回に空売り比率が高かった6月、7月辺りを見てみるとボトムだったんです。

TSLA

なので、この空売り比率が逆に低い時、例えば9月の始まりの時などは下がりやすいタイミングなんです。

今は平均的より少しだけ高いというレベルなのでここからまだ上がることができるかなと思っています。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任です。最後は自分で判断してください。

長期と短期はそれぞれやってください。それぞれ違う戦略でやるんです。

長期投資

長期的にはテスラを保有しても良いと思っています。
緑の部分に老後資金のために入れて良いと思います。なぜかというと、S&P500に採用されるとS&P500は特にアメリカ人のほとんどの老後資金と連動しているんです。
企業年金や401kとかはS&P500に連動している商品が多いんです。だから、テスラがS&P500に入るということはほとんどのアメリカ人がこれからテスラに自動的に投資をしてしまうということなので長期的に利益があると思います。

短期

短期的なトレンドはまだないと思います。
これから上がるかもしれませんが、上がったところを追いかけるよりほかの株を追いかけた方が良いかなと思います。
もっと良いアイディアがあると思います。テスラをわざわざ買う必要はないと思います。
空売りはしません。こういう大きなニュースが出ていて、空売り比率がそれほど低くないです。
だから、短期的にはノータッチです。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の10月のニュース一覧

過去の10月のニュース一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です