ビットコイン暴騰が止まらない、いつ売るべきか?PivotPoint戦略を説明!

はじめに

ビットコイン!
また上がっています!上がりが止まりません。

BTC

スポットプライスを見ると今は17539ドルです。
どこまで上がるのか?どこで売る注文をするべきなのか?
これらについて解説をしたいです。

テクニカル分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

ビットコインのチャート分析

BTC

ビットコインはだいたい1か月くらいで34%くらい上がっています。
今のところボリュームを見ると面白いのは16000を突破した16日にはそれほどボリュームは大きくなかったんです。
でも次の日にボリュームが上がったんです。
これは、この16600や17200辺りに色々大きな抵抗レベルがあったんです。そして、その抵抗レベルは2017年に大きく上昇した時や2018年に下落したレベルでした。
この2つを突破した時に色々なストップ(逆指値注文)がトリガーされて買わないといけないようなことが起こったと思います。

BTC

MACDはまだまだ上がっている最中です。
今は12,26、9の設定を使っていますが綺麗に上がっているので適切だと思います。

RSIの方も見てみると今は81で過大評価でもなく上がっている傾向が続いています。

BTC

ボリンジャーバンドを見てみると今は上側を突破しています。
以前にボリンジャーバンドに触れて危険かなって言った(ビットコイン(BTC)暴騰、でもリップル(XRP)の方が面白い?)後は横に動いてから上がりました。
ちょうど今前と同じようにボリンジャーバンドの上を突破しようとしています。だから、今は5日ととても似ているように見えます。

週足のチャートでRSIを見てみると。

BTC

今の水準は2019年では一番高い水準でした。
しかし、2017年とか2018年だと90くらいまでいったことがあるのでまだ過大評価とは言えません。

BTC

MACDを見てみると、2019年の頂点の水準ですが、2017年の水準ではまだありません。

ピボットポイント(Pivot Point)分析

どこまで上がるのか?という分析をする時に、新しい分析を今日は教えたいと思います。
急上昇する時に使う分析で、ピボットポイントというものです。
はっきり言って僕はあまり信じないんですけど、急上昇する時にたまに使えます。

ピボットポイントの公式

※上の公式を読むために必要な訳
High = 高値
Low = 安値
Close = 終値

First Resistance(R1) = 1つ目の抵抗レベル
Second Resistance(R2) = 2つ目の抵抗レベル
First Support(S1) = 1つ目のサポートレベル
Second Support(S2) = 2つ目のサポートレベル

僕が信じているかどうかではなく、アルゴリズムなども使っているのであれば私たちも見ないといけないと思います。
そして、この公式に当てはめると最初の抵抗レベルは18,200ドル程度です。
次の抵抗レベルが18,700ドル程度です。
僕がチャートに入れている抵抗レベルは過去の抵抗レベルになったレベルです。

BTC

今は17730辺りの僕が引いた抵抗レベルの位置にいるので、ここを抜いたら次の抵抗レベルはピボットポイントの18200になるかもしれません。

心理的意見:どういうマインドセットを持つべきか?

ビットコインは今すごく急上昇していてエネルギーが高まっています。
つまり、感情が高まっています。
こういう時には感情で投資をしてしまう可能性が高まってしまいます。
感情で投資をするということはギャンブルです。
論理で客観的に投資をするべきなんです。
感情だけで何かに賭けるのはギャンブルです。
計画を立てて投資をしてください。
特に今はすごくリスクが高いです。ビットコインはすごく上がっているので気を付けてください。上がらないと言っているわけではなくて、気を付けてくださいと伝えたいです。
ビットコインは2017年もたぶん皆さん覚えていると思いますが、暴騰して
暴落しました。
上がっている時にお金をいっぱい稼いでいて自慢するような声の方が、お金を無くしたという声よりも大きいんです。

大損するような人は自慢しませんが、大きな利益を上げた人は自慢します。
なので、気を付けて下さい。

投資の意見:どういう風にお金を稼ぐのか?

いつもの通り、投資は自己責任です。

長期投資について

長期的には同じことをずっと言っています。

長期投資

コモディティの部分で仮想通貨を取り入れるのはすごく良いアイディアだと思います。
僕も毎月毎月投資をしています。

短期投資について

短期的な投資は長期とは全然違います。

短期

トレンドとして何をするのか?
今は僕が以前におすすめをしていたリップルよりビットコインの方が上がっていますね。
ビットコインはPaypalが対応するという時から40%くらい上がっています。
リップルをその時におすすめをしましたが、リップルは26%くらいしか上がっていません。
だから、ビットコインほど上がっているわけではないですが、リップルも上がっています。

僕は全然後悔していないです。
利益がどちらでも出ているということが1つです。
そして、論理的に考えるとリップルの方がまだ過小評価されているように思えます。
ビットコインの方がたしかに上がっていますが、リップルの方が過小評価されているのでリスクが低いんです。
投資はリスクとリワードの両方を見るんです。
ただ、リスクがいっぱいでリターンが大きいのはシャープ・レシオが低いんです。
リスクが低くてリターンが大きいのがシャープ・レシオが高いんです。
シャープ・レシオが高いのが良い投資で、これが僕の考え方です。
だから、まだリップルは短期的には大丈夫だと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です