アメリカ株価は危険?強欲指数が92%!

はじめに

今日記事を読んでいたらおもしろい記事が出てきました。
今は強欲指数というのが92%というとても高い値になっています。

これは一体どのような影響をもたらすのか?
アメリカ株は危険なのかについて解説したいです。

強欲指数、恐怖指数とは何なのか?

Fear & Greed Indexは注目するべき?

まずはこのFear & Greed Indexとは何なの?
これは重要なの?ということについて話したいです。

これはとても有名な指数です。
Fearが恐怖、Greedが強欲の指数になっています。
この指数の内訳には7つのインディケーターがあり、それぞれのインディケーターを同じ比率で作られている指数です。
一番左のExtreme Fearというのがとても恐怖が高い時で、Extreme Greedというのが強欲さが高いことを示しています。

歴史的にこの指数の推移を見るとだいたい株式市場と一緒に動きます。
2017年の3月はマーケットも底を打っていた時です。

S&P500

強欲さがとても高かったのは2020年の始まりでした。
そして、2018年の終わりのマーケットが下がっていた時も恐怖度合いが高いことをチャートは示しています。

なので、過去を見てみると当たっている比率も高いと思うので重視をするべきだと思います。

どういう風に計算されているのか?

この計算方法は各指標をすべて同じ比率で計算されています。

内訳1:Put/Call Ratio

これは5日移動平均のPut/Call Ratioを用いています。
S&P500に対してPut/Callの比率を示していて、今は下がっているということです。
そして、実際にこのチャートを僕も見ましたが合っていないと思います。
アップデートされていないと思います。

今は0.74なのでそんなに低いわけではないです。
しかも低いと言っても、歴史的にこのチャートは低い水準が多いんです。
なので、この計算はそれほど重要ではないかなと思います。
コロナとか大きな危機の時は急に上がるけど、それ以外の時は低いんです。
この計算の参入方法は1年間のデータを元に行うんです。なので、そこも覚えておいてください。

内訳2:安全投資の需要

アメリカの株式指数がアメリカの債権のパフォーマンスをどれほど上回っているかということです。
今はこれはかなり高いということです。

アメリカ国債10年債

10年債を見ると今は少し売られています。

アメリカ国債30年債

もっとよく売られているのがアメリカ国債の30年です。

この指標については当たっていると思います。
今は強欲度合いが高い。

内訳3:1年間でいくつの株が最低・最高価格を更新したか?

これは重要だと思います。

内訳4:取引所で上がっている株、下がっている株のボリューム

これは重要ですが、休日などによってボリュームは低くなったりするんです。
だから、今はたしかにボリュームが低くなっていて株式市場は上がっていますが、休日の影響もあると思うので、まあまあです。
重要ですが、それほど重要ではないという評価を僕はします。

内訳5:125日移動平均からどれほど離れているのか?

これは全然重要ではないと思います。
なぜ、125日を選んだのかもわからないです。

S&P500

今は9%離れていますが、コロナの前を見ても離れていても離れ続けるのが何か月も続く傾向があります。特に上がっているマーケットの時には。
だから、これはあまり重要ではなく無視しても良いかなと思います。

内訳6:社債のイールド – 株式のイールド

これもなんで入っているのかわかりません。全然重要ではありません。
今は低金利の世界です。
FRBだけでなく、それぞれの中央銀行がめちゃめちゃ債権を買っています。
投資家たちはイールドがないので今は変なのを探して買っています。
社債だけではなく、途上国のクレジットとか色々探して買っています。
今は低金利の世界なのでここが低いのは当たり前だと思います。
だから、ファインダメンタルの方がテクニカルより重要だと思うので、この指標は重要ではありません。

内訳7:ボラティリティ

これが一番重要だと思います。
変動率がどれくらいあるのか?
これは、今は1年間で見ると平均くらいなんです。

この今まで話した7つの指標を同じ比率で合わせたら今は92という値になるということです。
ただ、7つの内のPut / Call Ratio、125日移動平均とどれくらい離れているか、社債と株式市場のイールドの差の3つの指標に関しては重要ではないと思います。

そして、無視して良い3つが強欲を示しているので、実際の数値は92ではなくて、70か80くらいだと思います。

テクニカル分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

チャートを分析する

S&P500

S&P500は今は過去最高値を突破したばかりです。
だいたい過去最大レベルを突破したばかりという時はモメンタムがあります。
そして、ゴールデンクロスをしています。ゴールデンクロスについては新しい本に書いてあるのでぜひそこも読んでください。(下にリンクをつけています)

ボリュームは普通です。

MACDの設定

MACDに関しては今は設定を縮めています。

S&P500

ここを見ると最近は下がっていましたが、今はまた上がるかもしれないので少し複雑な状況になっています。

S&P500

RSIを見てみると。
今はそんなに高くないです。なのであまり過大評価の恐れはないと思います。

S&P500

オプションを確認する

ボリンジャーバンドも幅の中なので全然恐れるべきではないと思います。

SPYのSKEW

ポジションを確認する

SPYのSKEWを見るとまだコロナ前の水準までは戻っていません。

S&P500の先物のポジション

先物のポジションを見ると、今は平均的です。

S&P500の先物のポジション

Legacy Reportの方も見ると、ここも平均的です。
コロナの前までは上がっていますが、その前の2018年のところまでは上がっていないので、それほど恐れることはないと思います。

なので、これらの情報を全部集めると、それほど過大評価されているのかな?というような感じがします。

僕の意見

色々なインディケーターがありますが、実際に何を見れば良いのか?

僕が見て重要だと思う2つのインディケーターがあります。

重要だと思うインディケーター1:VVIX/VIX

1つはボラティリティに関係があります。

VIX

VIXは今は20.8ですが、コロナの前の12とかの水準までは戻っていません。
20というのは普通ではない水準なんです。

それに比べて、VVIX / VIXはVIXが高いので低くなっています。

VVIX / VIX

まだこれもコロナの前の水準までは戻っていません。
そして、これは先行指標だと思っています。実はこれも新しい本に入っています。
ここも一応株式市場の底を打った時も株式市場が底を打つ前にこのチャートが底を打ちました。
これはだいたい株式事情と一緒に動くんです。
だから、ここを見ると今のところはまだまだ上がれると思います。

VVIX/VIXとS&P500の相関係数

S&P500は一緒に動いています。
もっと長期で見てみても。

VVIX/VIXとS&P500の相関係数

いつもではないですが、だいたい一緒に動いています。

このVVIX/VIXが見るべきものだと思います。

重要だと思うインディケーター2:空売り比率

S&P500のETFのSPYの空売り比率は今27.31ですごい高いです。

SPYの空売り比率

これは実は前も少し高くて今も高いです。
何を示しているかと言うとS&P500を空売りしている投資家がいるということを示しています。
そして、これは良いことだと思います。
なぜかというと空売り比率が高いということは空売りしている人が多いということです。
空売りしている人は買戻しをしなくちゃいけないんです。
買戻しをしなくちゃいけないということは買う圧力になると思うので良いことだと思います。

今の状況で何をおすすめするか?

長期的にはこのニュースは無視して良いと思います。

長期投資

短期的にはどうするのか?

短期

今のところ短期的には、少し上級レベルになりますが。

今はVIXがまだ少し高いです。

VIX

ということはオプションの世界がまだ株に対して高いんです。
オプションの計算をする時に一番重要な部分の1つがインプライドボラティリティなんです。
だから、ボラティリティがプレミアム費用を決める重要な要素なんです。
そのため、ヘッジをする時に今はオプションを使ってヘッジをするというのは良くないということです。
だから、ヘッジとしてPutオプションを買いたくない。
そして、ETFも空売り比率が高いので空売りはしたくないです。

だからもし、「強欲指数が高いな!」だから、安心感がほしいなと思ってヘッジをするとしたら先物を空売りするのが良いと思います。
初心者にはおすすめしないです。
しかし、もし経験者がヘッジをするとしたら先物をヘッジとして空売りするのが一番良いかなと思います。
それか、ヘッジとしてTech株を空売りすると思います。Tech株と言えば僕が前のビデオ(ナスダック最高値更新、GAFAハイテク株価の急騰始まる?)で説明したAppleとかを空売りするのが良いと思います。
今はオプションは高いし、空売り比率も高いのでヘッジをするとしたら選ばないといけないです。
なので、そこが僕の全体的な感想です。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です