ビットコイン過去最高値更新!30万ドルまで上がるのか?今後の仮想通貨への影響は?

はじめに

ビットコイン!
またまた、過去最高レベルを突破しました。
19864ドルという高値を突破しました。
ここに対して、なぜ上がっているのか?
来年末までどこまで上がるのか色々と予測が出ています。
1億というものもあれば、3000万という予測もあります。
短期的と長期的を分析して僕の意見を述べたいと思います。

ニュースについて

大きな回復をした理由は何か?

なぜこの2日くらいで大きな回復をしたのか?
Coin Deskの記事によると5つの理由があると言っています。

1つ目は機関投資家の方でビットコインの大きなETFを買い始めているということを言っています。
ここは11月20日からJPモルガンのレポートで出ていたので、少し遅れている情報なのでここが原因ではないと僕は思っています。

2つ目はヘッジファンドマネージャーが長期的にビットコインは上がると言ったということが影響しているということを言っています。
ただ、これも少し古いニュースです。

3つ目は631億ドルの投資資金を持っている投資ファンドがビットコインを支持しているということが言われています。
これも少し遅れています。

4つ目はPayPalの影響だと言われています。
これは絶対に遅れています。
10月21日に出たニュースですが、ここから3.46億の新しい口座がビットコインを使えるようになるというニュースです。
ここはもう10月から出ていたので遅いと思います。

5つ目はOKExという取引所でビットコインの引き出しがあったということも言われています。
そこで大きな供給があって価格が下がったというようなことも言われています。
これも大きなディールではないと思います。

僕はこれを見て、正しい理由じゃないと思います。
元々あったようなニュースが多くて、この48時間のニュースではないものが多いです。

長期的な予測のニュース

Bloombergから出た記事です。
今はビットコインが急上昇していて、金が売られているということを言っています。

グリーンのビットコインが上昇していて、赤い金のETFの方は売られています。
こういう記事はとても興奮しやすい記事です。
ここで言っていることは、先ほどと同じようにビットコインのETFを買っている機関投資家がいるということ。
そして、ビットコインは金の時価総額に比べて3.1%だということです。
これが5%までいけば、31300ドルにいくということです。
少し疑問を持つことは、ビットコインだけを見るとそうかもしれませんが、全部の仮想通貨を合わせないといけないと思います。
すべてを合わせると1.5倍くらいになるので金の価格の時価総額と比べると仮想通貨全体の時価総額は4.5%くらいだと思います。
僕は10%までいけると思います。
だから、この簡単な計算をすると5万ドルくらいまではいけるかなと僕は思っています。

また、すごく話題になっている予測はシティグループの記事です。
そこでは来年の終わりまでに31万8千ドルまでいくという予測を出していたり、6万5千ドルまでいくと予測を出したりしています。
というような色々な予測はありますが、実際にチャートを見てみましょう。

チャートを分析する

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

ビットコインのチャートを分析する

BTC

チャートを見ると今は過去最大レベルになっています。
ただ、上がっているところのボリュームが少ないのは気になるところです。

BTC

MACDは下がっている傾向です。
そして、これは今は合っていると思います。

RSIも今は70くらいなので過大評価は特にされていないです。

ボリンジャーバンドは幅の中を良く動いているような感じがします。

イーサリアムのチャートを分析する

ETH

イーサリアムも最近のレベルを少しだけ突破しています。
ボリュームはすごく小さいです。
MACDは一応上がっています。
RSIもまだ50以上です。
そして、ボリンジャーバンドも幅の中です。

リップルのチャートを分析する

XRP

XRPも上がる時のボリュームが小さいです。
MACDは上がっていて、RSIは70くらいです。
ボリンジャーバンドの内側にいます。

Pivot Point分析をする

イーサリアムのPivot Point分析

ETH

今は608ドルで、抵抗レベルは離れています。
短期的には10%くらいは上がることができるかもしれません。

リップルのPivot Point分析

XRP

リップルは今は0.66ドルでだいたい前のトップのレベルが抵抗レベルになっていると思います。

ビットコインのPivot Point分析

BTC

ビットコインの1つ目の抵抗レベルを見ると、5%から10%くらいは上がれるような感じがしています。
イーサリアムと同じような感じです。

僕の意見

長期的に30万ドルにいくのか?

これは正直宣伝のために言っていると思います。
わざわざ来年までの予測で皆が予測しているものより高い予測を出しているというのは、シティグループの人は自分に注目を集めたいためにやっていると僕は思います。
圧倒的に他の予測より高いので、ただ有名になるためにやっているような気がします。
だから、この予測は信じにくいです。

僕が信じられるのは、金と比べるものだと思います。
金の時価総額の10%にはなれると思うので、今の価格の2倍くらいにはなることができると思います。
だから、4万ドルまではいけると思います。
これは長期的にです。
来年の年末までの予測をするとしたら、4万ドル辺りが関心を持つレベルです。
予測するのは難しいです。

どう投資をするべきか?

長期口座ではずっとビットコインや仮想通貨を持ち続けます。

長期投資

短期的な方でどうするのか?

チャートをそれぞれ見るとボリュームがどれもないので、モメンタムは強くないような気がします。
下がる時のボリュームの方がまだ大きかったです。
なので、短期的には下がるモメンタムの方がまだ強いのかな?と思います。
短期的とはこの1週間くらいのことを指しています。
だから、短期的には買えない。
けど、空売りもちょっとしたくないかな。
最高レベルを更新したというのはとても強いことなので、Do Nothing!だと思います。

そして、僕は皆さんにETFは好きではないと言っていましたが1つだけ良いETFがあると思います。
僕は皆さんへの一番のおすすめは長期的にはデジタルウォレットを使うことです。
でも、一応ETFの方を使いたければ、機関投資家も使っているのでGBTCというETFを紹介します。

GBTC

こういうETFもあるということを覚えておいてください。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です