米政府が中国制裁で香港株価は転落!アメリカ株価に影響あるか?

はじめに

香港の株価がかなり動いているのでアップデートしたいです。

今日は1.5%くらい下がりました。
あまり株価が動いていない日に香港が動いていて変だなと思ったらやはりニュースが出ていました。
米中の対立のニュースが出ているということなので解説します。
そして、香港株をどのように運用するかも解説したいです。

どのようなニュースが出たのか?

まずは、どのような記事が出たのかを解説したいです。
アメリカ政府が中国当局の人に新しい制裁の準備をしているというニュースが出ています。
この理由は中国が民主派議員の資格剥奪をするという動きに対するものです。
少なくとも十数人に制裁を発動する用意をしているということです。
制裁の対象者には全人代の人物や共産党員らが含まれる見込みになっています。

実際の制裁の内容としては資産を凍結したりするということです。

テクニカル分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

チャートを見て分析する

2回大きな下落があったので、短期的に少し懸念を持つべきだと思います。
包みキャンドルは4日を包み損キャンドルになっているので短期的に下がる圧力が強まっているように思います。

ボリュームに関しては赤い売られている日の方が緑の買われている日のボリュームより大きくなっています。
そのため、売り圧力の方が買い圧力より大きいと読むことができます。

MACDは下落のトレンドを示しています。

RSIはまだ50を切っていませんが、今は56です。
これから下に向かう可能性があるかなと思います。

ボリンジャーバンドを見ると、今はかなり幅が狭いです。
なのであまり大きく動いていなくて、ボラティリティも低いので、これからボラティリティが急に上がる可能性もあるかなということが僕が見た感じです。

アメリカ株に対してどれくらい影響があるのか?

アメリカ株にどういう影響があるのかをもう少し分析したいです。
香港株がこれから下がるとしたらアメリカ株にどのような影響があるのか?
これを見る時には相関係数を見るべきかなと思います。

アメリカの先物と香港の先物を比べるのが良いと思います。

香港株とS&P500の相関係数

香港株の先物とS&P500の先物の相関係数を見ると。
今はだいたい相関係数が62%くらいです。
とても高いというわけではないですが、とても低いというわけでもないです。
だから、アメリカの株に少しは影響があると思います。

オプションの世界の分析

一応、アメリカのETFも見るべきだと思います。
なぜなら、アメリカの人たちが実際にニュースを見て取引をするのはアメリカドルで取引をされている香港のETFだからです。

FXIのインプライドボラティリティ

香港のETFで大きなものの1つはFXIです。
FXIの今のボラティリティはかなり低くく、コロナの前まで戻っています。
だから、これから上がる可能性はあります。ここからPutオプションを買う圧力は残っていると思います。

FXIのSKEW

FXIのSKEWを見てみると。
こちらも上がり始めているので、ここからまだまだ上がることができるかもしれません。

もう1つの香港のETFはEWHです。

EWHのインプライドボラティリティ

EWHのインプライドボラティリティもかなり低いです。
ここも上がることができます。

EWHのSKEW

EWHのSKEWも見てみると、今はかなり低いです。

オプションの世界でも少し警戒心を持つべきだと思います。

僕の意見

政治的にはどう思うか?

今回のニュースでトランプがやっていることに関して僕は賛成で良いことだと思います。
中国に対してタフな行動です。
そして、香港の人権問題も含めてタフにしないといけないことだと思います。
政治的には賛成です。

投資の観点でどう思うか?

長期的なおすすめ

長期的に僕は今までおすすめしていたものに関しては維持するべきだと思います。

長期投資

僕が皆さんに長期的積立に関しておすすめしていたものはFXIや2800です。
ここは今のまま維持して少しずつ買うことは問題ないと思います。

短期的なおすすめ

しかし、短期的な部分に関しては少し違う考えを持っています。
短期的には下がるかなという風に思っています。

2800のチャートを見てみると。
今の下がりのボリュームはかなり大きいです。
だから、香港の株に対しての売り圧力はまだ残っていると思います。

短期的に10月くらいにFXIに対して買うおすすめしていましたが、まだ持っている場合は売るべきだと思います。
他のポジションで香港株を持っている場合にもそのポジションを縮小するべきだと思います。
少し下がるかもしれません。

しかし、空売りのおすすめはできません。
これは僕の直感ですが、マーケットはワクチンが正式的に決定するまでは上がると思います。
ワクチンが来るという期待感があると思います。
そして、実際にワクチンが来た後に少し下がりがあるかもしれません。
なので、今のところワクチンの承認がされるまではマーケットの暴落はないと思うので、空売りはリスクが少し高い。
ただ、香港の株を縮小するのは短期的に良いことだと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

長期ポートフォリオの作り方について丁寧に教えてくださっている記事

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です