ビットコインどこまで下がる、有名機関投資家が100億円を投資

はじめに

ビットコイン!
最近話していませんでしたが、ニュースが出ています。
今日大きなニュースが2つ出ているのでそこに対して皆さんにアップデートしたいです。
また、ビットコインの見通しについてのアップデートもしたいと思います。

ニュースは何が出たのか?

新しいニュースは何なのか?
1つ目のニュースは、MassMutualという保険会社は伝統的な機関投資家なんです。
そこがビットコインを買い始めた!
100億円ぐらいビットコインを買ったということです。
これが大きなニュースになっています。
ポートフォリオに対してとても小さな割合でしたが、最初の一歩ということな
ので今は100億円を買って、もっと買うということを言っています。
このような伝統的な機関投資家が買うということは、これからビットコインは色々な機関投資家たちや保険会社の人たちが買うということを示しているので、とてもポジティブな印だと思います。

もう1つ出たニュースはシンガポールからのニュースです。
DBS銀行が銀行の中では初めて取引所を作るといったニュースです。
シンガポールはフィンテックハブなんです。
僕もシンガポールに住んだことありますが、フィンテックのような企業がいっぱいあります。
仮想通貨を取引してる投資家たちがいっぱいいます。
なので、僕にとってはそれほどこのニュースはサプライズじゃないです。
もちろんこれは良いニュースです。
国からDBSは一番大きなシンガポールの銀行でシンガポール人だけが使っているわけではなく、東南アジアの人たちや東南アジアのお金持ちの人たちはよくDBSを使っているんです。
とてもステータスが高いんです。
ここで一応ここの取引所で仮想通貨も使えるようになったということは、また新しい需要が出ると思います。
この新しいニュースが2つ出ました。

テクニカル分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

ビットコインのチャート分析

次にチャートを見てみたいです。
ビットコインは少し下がっている傾向です。
今は少しちょっと危ないかなって僕も思います。
ビットコインを最初に見てみると。

ビットコインの現物の価格は今17837ドルです。
ここを見ると1回の下がりがあって回復があり、また2回目の下がりが今来ているところです。
そして、今はMの形をしています。なのでここは懸念を持つべきです。

ボリュームを見てみると最近は少ないです。
だから、今はショックということではないし、大きい売り圧力もないと思うけど、売られています。

MACDを見てみると、ここは下がっている傾向で、途中で上がる傾向になる
かなって思ったけど上がり傾向にならずに今のところはまだ下がっています。

RSIは50を突破してしまいました。今は48です。
モメンタムが今下がっています。RSIが示しているのは下がっている傾向です。

ボリンジャーバンドを見てみると。今は幅の中です。
そして、最近ボリンジャーバンドは当たっているのでもしかしたら、ビットコインはちょっとだけ上がるかもしれない。
ボリンジャーバンドから一時的に出れもすぐ幅の中にまた戻るのでたぶんビットコインのアルゴリズムには色々なものが使われているけど、ボリンジャーバンドもよく世界的に使われているのかなと思っています。

イーサリアムのチャート分析

次はイーサリアムを見てみましょう。
イーサリアムは今のところ価格が541ドルです。
ここも同じようなMの形のパターンのように見えます。
そこは少し懸念を持つべきです。

ボリュームを見てみると、この1週間は少し低いということです。
MACDも見ると今のところはまだまだ下がっている傾向です。
RSIを見ると今のところは50を切っています。
そのため、今はMACDとRSIの両方で下がるトレンドを示しています。
ボリンジャーバンドはまだ幅の中でここはまだ過小評価はされていないかなと思います。

リップルのチャート分析

最後にリップルです。
ここはちょっとパターンが違います。
Mの形にはなっていないです。
Mの形というより、逆さまのLのパターンです。
これも良くないパターンなんですが、
少し下がっている傾向です。
ボリュームも少ないです。
今仮想通貨の世界は全部ボリュームが少ないようです。
MACDは明らかに下がっています。
RSIもまだ50より上だけど、これから50を突破してしまうような気がします。

ボリンジャーバンドは今は、幅の中です。何も過小評価も過大評価されていないということです。

どこまで下がるのか?

ビットコインはどこまで下がるのか?

もう少しだけ分析してみましょう。
ここからどこまで下がるのか?

ビットコインは目安になるのは50日移動平均かなと思います。
なので、16500というレベルは大きいと思います。
他にはpivot point 分析で見てみると。

ビットコインのPivot Point分析

1万7500はちょっと近すぎるね。
そこ以外はあんまり pivot point 分析でサポートレベルがあまりないです。
なので、手動的にチャートを見ると。
やはり50日移動平均線というのが一番大きく見えます。

そして、線を引いた辺りのところに前のボトムもあるし、ブレイクアウトのポイントもあるので、何か大きなレベルだと思います。
この紫の線を目指して、ここを切ったら買う圧力が出てくるかなと僕は思います。

イーサリアムはどこまで下がるのか?

イーサリアムを見てみると似ている状況なので、青い線がブレイクアウトのポイント + サポートのレベル + 50日移動平均線があります。
なので480レベルぐらいから買う圧力が出てくるかもしれない。

リップルはどこまで下がるのか?

最後にXRPです。
ここはちょっと難しいんです。
50日移動平均線までいかないと思うけど、ブレイクアウト + サポートレベルを見てみると今のところ45セントくらいから0.45ドルぐらいがサポートレベルかなと思います。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任です。

長期的なおすすめ

長期的にはずっと保有するべきだと思います。

長期投資

短期的なおすすめ

ただ、短期的には今は買うおすすめをできないです。

短期

危ないです。
はっきり言ってこれはショートしたい感じがします。
特に今はドルが下がっているのに、仮想通貨も一緒に下がっているので、だいたいの相関係数は今のところは、ドルが下がっているときはビットコインは上がっていたはずなんです。
今までのこの何ヶ月間かそういうようなパターンだったんです。
なのに、今のところはドルが下がっていて、ビットコインの買う圧力が出てくるはずなのに、それでも上がることができていないです。
なので、ここが僕は一番懸念している理由です。
ドルがせっかく下がっているのにビットコインが上がれないので、僕はここを少し空売りしてもいいかなと思います。
空売りをするとすれば、ここは先物を使うか、それともETFを使うのもいいかもしれません。
特に、今は有名になっているのがグレースケールのGBTCです。
今はビットコインとの相関係数がほとんど1です。

なので、ここをショートするのが初心者に対してはいいかもしれないです。
それかビットコインの先物を売るというのがいいかもしれないです。
短期的にはこれから下がる傾向は1週間くらいはまだ続くかなと思っているので、空売りをしても安全だと僕は思います。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です