最高裁がテキサス州の訴えを棄却、トランプ次の手はまだある?

はじめに

アメリカの大統領選挙に対してのアップデートです。
連邦最高裁の方でトランプ氏応援の訴えを退けたというニュースが出ています。
テキサスに対してこの訴え退けました。
ここがどのような影響をもたらすのかということと、トランプの次の手は何なのか?
この辺りを解説したいと思います。

ニュースは何があったのか?

まずはニュースについて話したいと思います。
大統領選挙2020年のニュースです。
連邦最高裁は11日にジョージア、ミシガン、ペンシルベニア、ウィスコンシンの4つの激戦州で不正があったとした選挙結果を覆そうとした前例のない訴えを退けたということです。
この4州はいずれも野党の民主党のバイデンが勝っています。
トランプの大統領を応援するこの訴訟をトランプ氏自身も支持していました。
トランプ自身だけでなく、これを支持していたのは18州の司法長官や共和党員も支持していました。

ここ歴史的にとてもあの異例な出来事です。
この訴えを始めたのはテキサスの司法長官がこの訴えをスタートしたということです。
そして、今のところ拒否されていて、ここからどうなるのかということが気になっていると思います。

3つのポイント

僕がコメントしたいことが3つあります。

大統領任命まで残り1か月

1つ目は、今のところ選挙人が集まって結果を正式に発表するのは来週になると思います。
そして、実際にバイデンが任命されるのは1月の半ばなので、まだ可能性は低いですが、戦いはまだ完全には終わっていないと思います。
ただ、可能性は低くなっているという状況が事実だと思います。

ジョージア州の上院選挙の結果に注目

2つ目は、もっと重要なのは、アメリカの上院選挙の結果です。
ジョージア州だけはまだ2つ枠が残っているんです。
これが1月5日に選挙があるんです。
この2つを民主党がこの2つを獲得してしまったら、上院は50人ずつ半分ずつになってしまうんです民主党と共和党で半分ずつになるんです。
いわゆるブルーウェーブが生まれます。
つまり上院と下院と大統領が全て民主党になってしまい、ブルーウェーブになります。

ブルウェーブになると、株価だけではなくビジネスに対してもかなり心配です。
これは良くないと思います。
1つの党がパワーを取ってしまうことはとても良くないことだと思います。
そして、今のところは民主党がリードを奪っています。

このサイトは前回の大統領選挙と上院選とか下院選も見ていましたが、全部当たったわけではないけどほぼ50%以上は当たっていたんです。
なので、今のところの世論調査も当たっているかもしれません。
今この差はとても小さいんですが、ここを今注目するべきかなと思います。

2024年の大統領選挙にトランプが出馬する?

3つ目は2024年の選挙に対してです。
今のところは噂がいっぱい出ていますが、実はここはツイッターで報道されている内容によると、トランプ自身がもう言っています。
ホワイトハウスのクリスマスパーティーで12月2日に発言したことなんです。
こういうことを言ってました。
「今までの4年間はありがとうございます。これからの4年間も期待しています。ただ、それが叶わなかったらまた4年後に帰ってきます」と言っています。
なので、もう2024年も選挙に出ると言っています。
今までも裁判や不正に関してのことを言っていました。
しかし、今トランプの一番の選択肢は今の状況だと共和党の中のトランプに対する支持はかなり強いんです。
だから、今のところは新しい大統領の立候補者としてそのポジションを今獲得して、今ポジションを取って、今からこの4年間ずっと選挙活動をしてメディアの前に出て影響力を維持するということが彼の考えいている一番の選択肢だと思います。

これからどうなるか?
もちろん、今の選挙に対してもわかりません。
バイデンが正式的に任命されるまで1か月くらい残っています。
しかし、今のところの事実を見るとテキサス州の結果を見てみると、トランプが大統領になるという可能性は低くなっているというところです。

なので、今のところは先ほど言ったように、ジョージアの方本当に注目するべきだと思います。
ブルーウェーブになったら良くないと思います。
また、2024年に対しての選挙活動のトランプの発言はここから1週間から2週間の間で何か出ると思いますぜひみなさんそこにも注目してください。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

https://www.youtube.com/watch?v=mad6K6Ipqsc

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です