インドネシア株価、長期的に急上昇する!新興国投資は必要です

はじめに

インドネシア!
これは本当に日本の皆さん投資の対象として見なくちゃいけないんです。
これから、世界の経済の大きな部分になる国です。
インドネシアという国にどうやって投資するのか?
どうやって経済が動いてるか、どうやって社会を動いているのか解説をしたいと思います。

インドネシアという国について

個人的なインドネシアのこと

僕はニューヨークに初めに住んでいて、フィリピンや東南アジアへ行きました。旅行の本もこれから出すのでぜひそこも買って読んでください。(下にリンクを付けておきました)

色々な所へ行って、インドネシアに辿り着いたのが2016年、2017年くらいでした。
そこまでは色々な東南アジアを行っていて、インドネシアに行くのは遅れました。
最初からインドネシアに行くべきでした。これはとてつもなく大きな経済影響は世界にそれほどないです。しかも、日本から近いです。

そして、ジャカルタに行って色々な仕事をしました。

ジャカルタを目指したのは、経済成長がすごい、天然資源がすごい、人口成長がすごいという3つの大きな理由からです。

インドネシアの国の概要

インドネシアはバラバラな島国です。
だから、それぞれの島で文化と考え方が違うんです。
これが他の国とは違います。

インドネシアは島が1万8千くらいあります。無人島も6千くらいあって、島を買うことができるんです。

インドネシアで違うところは、宗教がほとんどイスラム教です。

イスラム教の服装や考え方はヨーロッパ、南アメリカ、日本などと比べても全然違います。
そして、中東のイスラム教とインドネシアのイスラム教の考え方も違います。
ここは良いショックだと思います。
ぜひ、皆さんも行ってみてください。

インドネシアの経済について

経済はものすごく発展しています。

ジャカルタとか見てみるとものすごく発展しています。
この大きな理由は人口が若いためです。

2013年のデータですが、この時の平均年齢が23歳で今は30歳くらいです。
平均年齢が若いということだけでなく、人口がこれから上昇するんです。
今のところ、インドネシアの人口は今世界で4番目です。

中国、インド、アメリカ、インドネシアです。

今は2.7億人の人口であと30年で3.3億人の人口になってしまうということです。
なので、大きな人口と違った文化を持つということです。

GDPを見てみると、かなり発展して上がっています。

25年で5倍くらいになっています。

そして、もう1つ見なくちゃいけないのがインフレ率です。

インフレ率はだんだん安定してきました。昔はクレイジーでした。

失業率はコロナの影響を受けていて今高いですが、その前を見ると安定して下がってきました。

そして、たぶん見ないといけないのはこれからのGDPの成長率の予測です。
ここを見るとショックだと思います。

2050年の予測ではインドネシアは4番目になるということです。
これほど経済が大きくて重要ということを認識してほしいです。

インドネシアの見るべき株式指数は?

ジャカルタ総合指数!

どうやってインドネシアに投資をするの?

投資をするためには、インドネシアの株式指数を知るべきです。
ジャカルタ総合指数というものがあります。

今のところインドネシアルピアで5938です。

このチャートを5年間で見てみると。

もちろんコロナと一緒に下がって、今はほとんど回復をしているということです。

週足のチャートですが、MACDは上がっています。
RSIも上がっている傾向です。

ボリンジャーバンドも見てみると、今は幅が少し広いですが全然幅は突破していないです。

順調に上がっていて、これからもずっと上がると僕は思います。

ジャカルタ総合指数を長期的に見てみると、16年くらいで10倍になっています。
なので、ものすごい成長率で不動産も株式指数も上がっています。

実際に投資をする時には何がおすすめ?

ETFのEIDOがおすすめ!

次に話したいのは、どういう風に投資をするべきかです。
僕はいつもETFをおすすめします。
インドネシアの株を買うこともできますが、買うことはできます。
しかし、できればETFがやりやすいと思います。
そして、インドネシアルピアよりアメリカドル建ての方がやりやすいと思います。
そうなると2つしかなくて、2つ目は少し小さすぎます。

だから1つ目のEIDOというものに集中するべきだと思います。

EIDOの中身を見てみると。

色々分散されています。
なので、ここを検討するべきです。

イールドは1.26%で管理費用も0.59%で低いです。

ここを長期的にあなたの投資資産の1つの部分に毎月投資するためにはEIDOが良いと思います。

長期投資

EIDOはたしかにアメリカドル建てですが、インドネシアルピア建てのジャカルタ総合指数との相関係数を見てみると。

EIDOとジャカルタ総合指数の相関係数

この2つの相関係数はとても高いです。
ドル建てですが、相関係数はちゃんと高いのでここを投資対象として検討してください。
この素晴らしい成長率の国に日本に住んでいても投資ができるということを知ってほしいです。
そして、ぜひ皆さんコロナが終わったら飛行機に乗ってインドネシアに行ってみてください。
記事で見ていてもわかりません。実際に五感で感じることが良いです。
なので、興味があれば僕の新しい本を読んで、行きたいところを決めて行ってみてください。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画


影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です