ファイザーのコロナワクチンが承認、ワクチン株を売る!

はじめに

ファイザーのコロナワクチンがやっと正式的に承認された!
やっと世界が元に戻る。僕もアメリカに戻れるので、少しだけ安心しています。
しかし、素晴らしいニュースでも自分の感情は別としてワクチン株は下がると思います。
なので、ワクチン株はこれから売るべきだと思いますので、ここを皆さんにアップデートしたいです。
特にオプションの世界で変化がありましたので、その辺りにも注目してください。

ニュースを見る

まずは、ニュースを見ましょう。
ファイザーのコロナワクチン承認へということです。
これは大手製薬会社ファイザーなどが開発している新型コロナワクチンに対しての緊急承認をしたと発表が出ました。
これはもう期待されていました。
FTAの諮問委員会はちょうど昨日か一昨日に採決をして17対4で賛成が出ていて、このワクチンは緊急の使用に対して接種して大丈夫だというはもう可決していたので、ほぼ確定していたんです。
でもここでやっぱり一番重要なのはトラップ大統領がTwitterで述べたことは24時間以内に最初のワクチンの投与を始めるということです。
ここからもワクチンを受ける人たちがアメリカで増えて、アメリカの感染者数が減って、世界は変わるということです。

それだけではなく我ら日本人もこれからワクチンに対して投与できることになるということがニュースで出ました。

そして、いつ実際に我々は投与できるの?と思うかも知れませんが、僕が見た限り海外の新聞で一番良いタイムラインが出ていました。

このタイムラインによると、まず来週からファイザーの投与はアメリカの方で290万投与分が配布されるということです。
最も必要な人達に対してこれが投与されす
その後の17日にモデルナのワクチンについて、緊急使用の許可をまた同じ諮問委員会が採決をするということです。
ここは、ファイザーのところで本当に24時間くらいで決められたのでモデルナもたぶん同じくらいだと思います。
そして、次のタイムラインでは年末年始辺りで4つのグループに分けて投与を行います。
ここでだいたい、5000万人ぐらいが投与をできるということのようです。
その後に2月にまた5000万人くらいに投与できるということです。
そして、我々は2月から5月の間に投与ができることになると思います。
特に日本は多分オリンピックの前にこれをすごいと後押しすると思うので、その前にほとんどの日本人は摂取することができると思います。

これが今出されているタイムラインです。
この通りに来るかどうかはわかりませんが、時間の問題だと思います。

なぜ売れというのか?テクニカル分析する

次に、なんでワクチンに批判的なのか?
オプションの世界でかなり大きな出来事があったんだけど、まずはチャートを解説したいと思います。

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンド等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

ファイザーのチャートを分析する

ファイザーの株をまず見たいです。
今日は1.46%下がりました。
ウォール街のとても古いことわざがあるんだけど、いいニュースで株が下がるというのはヤバイ!
僕の下手な通訳ですが、こういうことが起こったんです。
3日間連続毎日下がっています。毎日良いニュースばかりなのに下がっているんです。
良いニュースが出て下がるのは良くないことです。
売り圧力が溜まっているということだと思います。

ファイザーをいざを見るとボリュームはそれほど大きくないんですが、売られているんです。
MACDもちょうど切るところです、とても近いです。
RSIは66なので、下向き方向にいくかなと思います。
まだ50は突破してないけど下の方向に向いているという感じが僕はします。

モメンタム的にはまだ完璧に下ではないです。

ボリンジャーバンドは幅の中です。しかも今は幅がちょっと広いです。
なので、5%下がってもまだボリンジャーバンドの幅の中だと思います。

バイオンテックのチャートを分析する

次にバイオンテックを見ると少し違う状況になっています。

ボリュームはそれほど大きくないですし、今日は下がりましたが昨日は上がっていました。
MACDはまだ切っていないです。
そして、RSIもほぼ横ばいで何も動いていないです。
ボリンジャーバンドも幅がちょっと狭いんです。
だから、ボラティリティーが低いんです。
つまり、僕がこれを見ると多分バイオンテックを取引してる大きな投資機関はあまりいないと思います。
たぶんほとんどはファイザーに注目をしているかなと思います。

モデルナのチャートを分析する

次にモデルナを見ると。

ここは出来高がかなり低いです。
MACDはもうこれ横切っています。下がっている傾向が始まっているということを示しています。
RSIの方も今は70です。過大評価でもないし、過小評価でもないです。少し、下がり傾向を始めているかなと思います。
ボリンジャーバンドも幅がすごく狭くなっています。
なので、ここもあんまり投資機関は注目しているかわからないです。
ボラティリティがほとんどないということなので、ボラティリティーがここから高まるかもしれない、それか、ただあまり注目がないというようなことが考えられ売ます。

オプションの分析をする

これだけだと分析が足りないと思うので、オプションのところも分析したいです。
昨日のビデオ(NYダウが今は急激な下がり、なぜなのか?)では昨日DOW JONESが下がっていて、その後戻しました。
S&P500もほとんど戻しました。
でも、一応午前中は下がっていて午後の間に上がったんです。
つまり、欧州株の方では売り圧力がまだあったんです。
そして、ヨーロッパが閉まった後のアメリカ時間ではまだ買う圧力が少し残っているということなんです。
これが今起こっていることです。

しかし、ワクチン株の方ではもうほぼ全部下がっていたんです。
特にファイザーの方は下がっていた。
特に一番面白いのはオプションです。

ファイザーのインプライドボラティリティ

ファイザーを見ると、昨日と違います。
今日のオプションのボリュームは急に下がったんです。
しかもインプライドボラティリティが急に下がり始めたんです。
これは、オプションのCallオプションの買う圧力がなくなっているということを示しています。
なんでそんなに自信を持っているのだ!と思うかもしれませんが、これは論理的に考えればこれしかないです。
なぜかというとSKEWを見てみると。

ファイザーのSKEW

今はPut – Callで計算されるSKEWが下がっています。
これ下がっているということはPutが売られているかCallが買われているかのどっちかになります。
なぜ僕はCallが買われていると確信を持っているかと言うと、ファイザーのインプライドボラティリティを見ると上がっているからです。
インプライドボラティリティが上がるのは、オプション全体的に何かが大きく買われているという事なんです。
なので、2つの条件を見て論理的に考えればここの答えは1つしかないんです。
Callオプションが大購入されているいたということです。
なので、Callオプションがいっぱい買われていたので、今のところはCallオプションを買う圧力がなくなってきた。
Callオプションの自信過剰感がなくなってきたということは株価の自信過剰感もなくなってきたと思います。
ここが一番懸念するべきだと僕は思います。

モデルナの方を見てみると、それほど自信過剰感は強くなかったんです。

インプライドボラティリティも見てはそんなクレイジーにならなかったし、ボリュームも1日だけ増えましたがそれ以外だとそれほど大きくなかったです。
なので、一番過大評価されているのはファイザーだと思います。

空売り比率を分析する

空売り比率で見てみても。

ファイザーの空売り比率

ファイザーとかも見てみると全部今平均的なんです。今は14.84%です。

バイオンテックは18.82%です。

モデルナの空売り比率

モデルナを見てみると、20.27%です。

全部平均的であんまり空売りをしている投資機関があまりないと思います。
だからこそ、もっとこれから空売りする人たちが出る可能性が大きいと思います。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任です。

長期的にどうするべきか?

長期投資

長期的には、昔からずっと言っていますが、老後資金のためにはこんな株なんか
入れないでください。
ETFで十分だと思います。
もちろん、個別株も入れても良いとは思いますが、どういう風にワクチンがが変わるかわからないので、入れるべきじゃないと思います。

短期的にどうするべきか?

そして、短期投資だね。ここも別々の口座で運用してください。
短期投資も必要です。詳しくは新しい本を読んでください。(下にリンクを付けておきました)

短期

短期投資では、今はファイザー株を空売りするのが一番良いと思います。
もう少し経験が持っている方はCallオプションを売るというのも良いと思います。
なぜかというと、先ほど皆さんに示していたインプライドボラティリティが下がり始めてきたからです。
なので、今のところはオプションを売るといういい状況だと思います。
オプションを売る時はインプライドボラティリティが高いときに売ると大きなプレミアムも得ることができます。

経験を持っている人に対してはCallオプションを売るということがおすすめで、初心者・中級者の人たちは空売りをするのが僕のオススメです。

特に空売りをする時に怖かったら逆指値を今のところの最高のレベルぐらいで入れれば良いと思います。

例えば43.2とかに入れるんです。
逆指値をちょっとだけ最高値より上に入れるんです。
なぜかというとたぶん同じようなことをみんな考えているからです。
だから、そこに対して他の人より利点を作るために少しだけ離すんです。
みんなと同じような注文じゃなく、やる時には重ならないようになる少し上の方に逆指値を入れて、空売りを少しだけするのが僕のアイディアです。
1つのアイディアに上限として5%から10%の資金を入れることをおすすめしています。これは上限です。
なので、自分の資産に対して1%だけでもいいです。
ほんの少しだけやって空売りに慣れていくというのが僕のおすすめです。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です