テスラ株いよいよS&P500採用、その後急落するか?

はじめに

テスラがS&P500にいよいよ採用されます!
そして、S&P500に採用のニュースが出てからテスラは50%以上上がっています。

1か月くらいで59%上がっています。

実際にS&P500に入れられるのは12月21日です。テスラへお金が流れるのは今日12/18日です。
ここで株価は急落すると思います。
それについて解説したいです。

テスラのニュースを見る

ニュースは1つだけ出ていました。
S&P500の社債に対するレーティング企業がテスラのレートを上げました。
なぜかというと、今は現金を多く持っているからです。
それ以外は採用される!というニュースばかりでした。
なので、テクニカル分析をしてみます。

テスラのテクニカル分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンドピボットポイント分析等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

テスラのチャート分析

テスラは1か月間で59%上がっています。
ボリュームはほとんど動いていないです。
採用されるというニュースが出てからずっと上がったままです。
これは良いサインです。急に下がっているわけではないので買う圧力は収まっているわけではないです。

MACDは少し下がる傾向が始まっています。

RSIは67なので、過大評価も過小評価もされていないです。

ボリンジャーバンドも幅の中なので過大評価も過小評価もされていないです。

なんで急落すると思うの?
ここからが本番の分析です。

テスラのオプションの世界を見る

テスラのSKEW

Putオプション – Callオプションを見てみると。
今は少しだけ上がっていますが、それほど動いているわけではないです。
Putが売られて、Callが莫大的に買われていて皆が自信過剰のようには感じません。

テスラのインプライドボラティリティ

インプライドボラティリティも平均的です。
しかも、オプションの出来高もS&P500に採用をされたというニュースがあった時は大きく上がりましたが、今はそれほどでもないので、前に説明したファイザーのような自信過剰感はこのオプションを見ても感じません。

テスラの空売り比率を見る

しかし、空売り比率を見ると。

テスラの空売り比率

今は急激に下がっています。
すごく低いです。空売りをしている投資家がほとんどいないんです。

テスラは空売り比率に対して株価は逆に動くんです。
僕はこの逆に動くということを信用しています。

だから、ここからは少し危ないと思います。

テスラのPivot Point分析を見る

ピボットポイント分析を見てみると。
1つ目のサポートが630なので、ここを抜けるとすぐに600くらいまで下がってしまうと思います。
だから、本当に気を付けないといけないと思います。

特に、S&P500にも影響があると思います。
なぜかというと12月21日にはテスラもS&P500に入ってしまうので。
テスラに買う圧力がなくなって下がっていくと、もしかしたらS&P500も下がり始めるかもしれません。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任です。

長期的なおすすめ

長期投資

長期的な部分に関しては大きな変化はないと思います。

短期的なおすすめ

短期

短期的にどうしたら良いかというと。
僕はテスラは空売りしても良いと思います。
今は短期的にテスラを買う圧力が無くなると思うので、テスラを保有していない場合は少し売っても良いと思います。

もしあなたがテスラを保有している場合は少しローテートしても良いかもしれません。
少し売って他の株に投資するのも良いと思います。
それか、空売りすることも良いと思います。

誤解しないでほしいのは空売りはすごくリスクがあってギャンブル!みたいなことを言っている人がいます。
それは違います。
そのように言っている人はたぶん空売りのことをあまりわかっていない人だと思います。
実際はしない方がもっとリスクがあります。
株価を買うだけだと一方通行です。
時々株が下がるということにも投資しないと分散した多様性のあるポートフォリオは作れません。

もちろん、いつもの通り1つの投資アイディアには資産の5%の上限を作るということも忘れないでください。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です