ビットコインはここで売る、チャートが過大評価

はじめに

ビットコインは急上昇している!
僕は今少し売ります。
長期的にはまだ上がると思いますが、短期的には過大評価されているという強いシグナルが出ているので解説したいと思います。

ビットコインのレビュー

レビューすると。
ビットコインは10月中旬くらいから上がり始めました。
これはPaypalという大きな送金会社がこれから仮想通貨に対応するということを発表したからです。
その後に機関投資家などがビットコインを支持するということを言って買う圧力が増えてきました。

そして、最近急上昇した理由はテクニカルだと思います。
20000ドルを突破した時に急に上昇したのは逆指値という注文がいっぱいあったからです。
僕の経験だと0がいっぱいつくような価格のところにはたくさん注文が並んでいるんです。
その理由は、ショートしていた人たちがビットコインは下がると思っているけど損切りをどこにするかというと20000より上にいったらやばいなということで、20000より少し上のところに逆指値を入れていたような投資家がいっぱいいると思います。
実際に、20000より上にいったところで急上昇したということはそこで買戻しをした投資家が多かったということだと思います。
これに関しては昨日のビデオ(ビットコイン22000ドル突破、もうすぐアルトコインも急上昇!)でもレビューしました。
そして、今のところは23000ドルくらいのレベルということです。

なぜ今売るのか?

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンドピボットポイント分析等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

チャート分析

ボリュームを見るとこの2日間はとても大きかったです。
つまり、買う圧力がとても強かったということを示していると思います。
これが新規の購入力か空売りの人の損切りなのかはわかりません。
しかし、僕は2番目の空売りの人の損切りだと思います。
僕はこういうパターンを何回も見たことがあります。

MACDも今は上昇トレンドになっています。

RSIも今のところは77なので、最近と比べるとそれほど過大評価はされていません。

ここを見て、「なんだよ!」「なんでこれが過大評価されているの?」と思うかもしれません。

理由はボリンジャーバンドです。
今は、幅の上の方を2回突破しているんです。
ボリンジャーバンドは過去にも説明しましたが、標準偏差を利用して計算したものです。
幅からはあまりでないんです。
特にビットコインはボリンジャーバンドを使っている人が多いような気がします。

ビットコインだとほとんど出ないですし、出てもすぐに戻ります。
これは何回も同じようなことが起きています。
そして、過去を見ると上側の幅を突破したことが1日だとありますが、2日続けてというのはここ3か月とか4か月ではほとんどないんです。

だから、過大評価されていると思います。
そのため、僕は売ります。
短期的な方で売ります。
なぜなら、今は売って数日待っても同じ価格かもっと低い価格で買うことができるかなと思っているからです。

今売って次はいつ買うの?

これはアートで僕の意見ですが。
ここはピボットポイント分析を使うべきだと思います。

ビットコインの先物のPivot Point分析

70%RSIの22161とか、1つ目のサポートの21500とかで買戻しができると思います。

マーケットというのは普通買うチャンスを1回以上は与えてくれるんです。
だから、焦らないでください。
だから、僕は今は一回売って短期的に先ほど言った70%RSIやサポートのレベルに行ったら買戻しをしようと思います。

僕の意見

長期的なおすすめ

ただ、皆さんに誤解しないでほしいのは。

長期投資

長期的な方ではノータッチです。
リバランスをする時やウェイトを変えるような時だけタッチします。この辺りについて詳しくは新しい本を読んでください。(下にリンクを付けておきました)

短期的なおすすめ

短期

短期投資の方も重要です。
1回で100%のパフォーマンスを出すより、10回10%のパフォーマンスを出す方がやりやすいんです。
だから、短期投資も必要です。

こちらでは今のところビットコインを売っています。
ここが誤解してほしくないことです。

ドル安の世界はどうなる?

今はドル安の世界です。
ここも誤解してほしくないですが、ドル安というのはドルが分母の商品が上昇するということです。
・仮想通貨
・貴金属
・コモディティ
・時々、アメリカ株
・途上国株

特に、歴史的にドルに逆変動するものは上がります。これは、仮想通貨や貴金属です。
なので、自分の口座の商品をドル建てにするか円建てにするか心配しているかもしれませんが、元本がどれくらい上がるのかの方がもっと重要です。
だから、ドル安の方がドルが分母の商品は上がりやすい。
ここを皆さん覚えておいてください。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です