【コモディティ】農業商品はポートフォリオに必要、多様性と米ドル安を重視する

はじめに

農業商品!
これは一体何なのか?
農業商品についての解説をしたいです。

農業商品とは一体何なのか?

まず、農業商品とは世界中のどこでもあります。
今日飲んだコーヒー、食べたトウモロコシ、豚肉、牛肉など全部は農業商品です。

そして、世界の人口の20%くらいは農業と関係がある職業をしています。

世界の人口が増えるたびに農業の重要性は上がっています。

ここが基本的なところです。

農業商品にはどんな種類があるのか?

大きく6つの種類があります。

1.Cereal Grains(麦)
– 小麦、トウモロコシ、大麦、米など
 これらは、米以外のものはよく連動して動いています。米だけはちょっと違うように動いていることが多いです。

2.Oilseeds(油料種子)
– キャノーラ、コットン、パーム、大豆など

3.Meat(肉)
– 牛肉、豚肉など

4.Dairy(生乳)
– ミルク、バターなど
 ここに関してはあまり取引がありません。出来高がすごい低いので、それほど重要ではありません。

5.Other Soft Commodities(その他のソフトコモディティ)
– ココア、コーヒー、オレンジジュース、砂糖など
 僕が見る限りだとココアとコーヒーと砂糖は連動して動いています。オレンジジュースは違った動きをしています。

6.Miscellaneous Agricultural Commodities(その他の農産物)
– 木材、ゴム、羊毛
 これらは経済と一緒に動きます。株式市場と少し連動します。

この6つのグループを全部合わせて農業商品と言います。

なぜ、農業商品に投資をする必要があるのか?

DBAというETFがおすすめ

ここは相関係数の問題です。
ほとんどの日本人は今まで学んできた金融の知識と違うかもしれません。
過去のパフォーマンスは未来のパフォーマンスと関係ないです。
今まで過去を見ろ!と言われたかもしれないですが、過去は関係ないです。未来を見てください。

これから見るのはDBAというETFです。
DBAは僕がおすすめしている農業商品のETFでドル建てのETFです。

含まれているものを見ると6つの種類のほとんどが入っています。
なので、かなり多様化しているETFです。

DBAはS&P500とほとんど一緒に動かない

SPXとDBAの相関係数

このDBAはS&P500とほとんど一緒に動かないんです。
だからこそ投資をするんです。

ここがよく誤解されるんです。

S&P500は過去30年間、20年間上がってきたじゃん!
なんで連動しないものに投資をするの?

この答えは過去は関係ないからです。
これから絶対30年間ずっと上がるということはないんです。
これからはアメリカの経済が上がるかもしれませんが、中国やインドなどの方がもっと上がるかもしれません。

長期投資

だから、コモディティの部分として投資をすることが重要なんです。
ポートフォリオに多様性をもたらすことができるんです。

そして、DBAはドル指数(DXY)と逆に動いているんです。

DBAとDXYの相関係数

DXYとは強い逆相関があるんです。
だから、ドルが下がる時に上がりやすいということを示しています。

DBAはマーケットが下がる時にもそれほど下がらない

このDBAの良いところは、マーケット特にS&P500が下がる時にそれほど下がらないんです。
下がるんだけど、めちゃくちゃは下がらないんです。ここも重要だと思います。

DBAとSPXの相関係数

たぶん、この2つのチャートを見てまず言われるのは「DBAはこの20年間下がり続けてるじゃないか!」ということだと思います。

前にも言いましたが、過去と未来は関係ないんです。
時々関係あるけど、関係ないんです。

ここからドルが下がるとしたら持つべきです。ドルが下がり続ける世界は今までとは違う世界です。

DBAとSPXの相関係数

ここで見たいのはリーマンショックの時です。
S&P500はかなり暴落しました。
DBAも下がりましたが、それほどは下がらなかったんです。

DBAとSPXの相関係数

もっと注目してほしいのは最近のところです。
2018年の下がり、2019年の下がり、コロナショックの下がりの時にDBAも少しは下がりましたがそれほど下がっていないんです。

なので、時々マーケットが短期的に下がっている時にDBAは上がっていたりするんです。
だから、このDBAはポートフォリオのディフェンスの部分として考えるのが良いと思います。
あなたのポートフォリオの中で60%の緑の部分は経済が上がる時に上がっています。

長期投資

ただ、経済が上がっていない時こそ赤とか黄色が必要です。
赤の部分は緑と完全に逆に動きますが、黄色の部分は一緒に動いたり、逆に動いたり別の動きをするんです。
だからこそコモディティが重要です。

ポートフォリオを多様化するために農業商品を入れるべき!

なので、今日の一番重要なポイントは農業商品は特に他の商品とあまり連動しないんです。
エネルギーとかのコモディティは経済とよく連動します。
原油とかは株式市場と一緒に動きます。
そして、貴金属もよく株式市場と一緒に動いてしまうんです。
これはマーケットが上がっている時は良いんです。
でも、マーケットが下がっている時にどうするの?
だからこそ農業商品を入れるんです。
これから農業商品が上がる見込みがある、しかも来年はドルが安くなるかもしれない。
だからこそ、今はあなたのポートフォリオに農業商品を入れる良いタイミングだと僕は思います。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

「【コモディティ】農業商品はポートフォリオに必要、多様性と米ドル安を重視する」に2件のコメントがあります

    1. コメントありがとうございます!
      DBAを自分も1日ズレてみていますが、ダンさんだと「歴史的に見てみると、80とか90にもいったことがあるので、過大評価とは言えないですね」と言いそうな気がしますね。
      14日間のRSIで見て今は66程度でした。
      個人的にはMACDやボリンジャーバンドを見てもまだ大丈夫そうかな?と見ています。

      5chで宣伝していただいたんですね。
      ダンさんと多くの人が出会って皆が投資で稼げるようになると良いですね!
      そんな世界に貢献出来たら自分は幸せです。

      ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です