2021年、日本株の大規模ローテーションが始まるぞ!

はじめに

日本株に大きなローテーションが2021年に起こるかもしれません!
ブルームバーグに面白い記事がありました。
実は先物のポジション、ETFのポジションなどを7年間で見てみると、外国の機関投資家はほとんど日本株を買っていなかったんです。
だから、もしかしたらあり得るかもしれません。
今日はそこについて解説したいです。

どのような記事があったのか?

日本株は2015年から売られている

外国の機関投資家が6年ぶりに日本株に帰ってくるという記事がありました。

この図は先物と株のポジションの合計では、外国の投資家は日本株を売っていました。水色がマイナスで黒色がプラスです。
買うより売りのボリュームの方が大きかったんです。
僕もここは知らなかったです。

この記事ではPBRのことも言っています。
TOPIXは特に低いです。
S&P500は4倍くらいになっています。

だから、もしバリュー株に投資が始まるとしたら日本株が有利になるということです。
今のところはバリュー株は避けられていました。グロースの方が買われていました。
そのため、バリュー株の時期になると日本が有利になるんだ!と僕は考え始めました。

日本株は最近注目されている

そして、もう1つ10月に出された記事ですが。
ウォーレンバフェットが日本の商社へ投資をしたということは世界的なニュースです。

そして、このグラフを見ると今年の9月10月から変わって来たんです。
ウォーレンバフェットの記事が出てから外国の機関投資家が日本株を買ってきたということです。

自分の目で記事の内容を確かめる

一番大きな日本株のETFのEWJを見る

実際に自分の目でも確かめてみたいです。
だいたい世界の機関投資家が買うとしたら日経平均の先物をマクロファンドが買います。
また、ニューヨークで上場しているドル建ての日本株の商品も買われるかもしれません。
だから、この2つを見てみたいです。そして面白い発見をしました。

ニューヨークで取引されている日本のETFで一番大きなものはEWJです。

EWJのインプライドボラティリティ

今はインプライドボラティリティは普通です。

EWJを実際のチャートで見てみると。

今はちょうど大きなレベルのところに差し掛かっています。
EWJは上場してからちょうど過去最大レベルをテストしているんです。
これは大きな出来事です。
我々日本人は円建てばかり見ていますが、外国人はドル建てで見ているんです。
これをブレイクしたら短期的にも長期的にも大きなシグナルになると思います。

先物のポジションを見る

それともう1つは先物の世界も見ないといけないと思います。
僕はいつも先物の世界を見る時に「純投機」とかを見てきました。
そして、見る時はここ数年を見ていました。7年間も見ようなんて思ったことがなかったです。
これを見たら驚いたのでこれも見せたいです。

Asset Managerの日経平均の先物のポジションを見てみると。
2014年や2015年の時は今よりずっとポジションが大きかったんです。かなり先物が買われていたんです。
そして、2015年からずっと下がってきています。
ここで面白いのはマクロファンドの機関投資家だと2015年くらいから日本株にあまり関心を示していなかったんです。
マクロファンドというのは非常に大きな投資機関です。
だから、最初に見たブルームバーグの記事のチャートと同じことを示しているんです。
なので、純投機のポジションも見てみました。

ここも2015年から下がってきています。
全然知らなかったです。

ここまでずっと日本株を売っていたのが強い傾向でした。

だからここまでをまとめると、ETFの方は特に今は傾向は示していないが強いレベルをテストしている。
先物の方はめちゃめちゃ売られています。

皆さん覚えていると思いますが、日経平均の先物は世界の3番目の取引量です。
日経平均の先物が機関投資家にとって日本への投資を一番やりやすいものです。
ここが売られていたので何か変わるかもしれないと僕も思い始めてきました。

僕の意見

今の考えに穴があるとしたらどこか?

まず、感情としては日本にローテートしてほしいです。
日本が好きだから、日本で生まれたから、家族が日本人だからというような理由です。
ただ、この気持ちは抜かないといけないと思います。

ここで考えないといけないのは穴があるかどうかです。

一番のリスクは昨日のビデオでも言った、日銀の点検結果を公表するということです。
ここで日銀が本当に新しいゴールを作って、世界の投資家が日本株への投資をまた試してみよう!となったら、お金の流れは来ると思います。

リーマンショックから世界の株価を動かしているのは中央銀行なんです。
だから、日銀が来年の3月に何を言うのかで決まると僕は思います。
なので本当に日銀は慎重に考えてほしいです。
物価指数のゴール、今やっている長期金利とか低金利政策とかETF購入とか色々やっています。
僕はゴールを変えた方が良いと思います。
2%を1%に下げてみるとか。他の物価指数をゴールとするとかです。じゃないと信頼を本当に失ってしまうと思います。

なぜなら、2015年から売られているという事実で信頼を失っていることがわかります。
2013年には世界中の投資機関が日本も2%の物価指数が来る!!!と感じていました。しかし、その後の2年間で失望をしました。
そして、2015年から売られています。
2年間で達成するって言ったのに全然達成しなかったんです。
彼らの信用を取り戻すためには日銀が点検で何を言うかがとても重要です。

実際にどういう風に投資をするのか?

ほとんどの日本人は日本株を持っていると思います。
そして、それは円建てだと思います。
僕は、ドル建てでも持った方が良いと思います。
外国人が日本株を買う時はEWJが一番影響があります。
たしかに、円建てのDXJというETFもあります。しかし、DXJはEWJより出来高が大きくないんです。

だから、出来高が一番大きいETFはEWJです。
そして、今はドルが安くなるかもしれないので、ドル建てで持つべきだと思います。
たしかに、ドルを円に戻したら利益が無くなってしまうかもしれませんが、これは老後資金のためです。
今はそれを考えないでください。

今はドルが下がるかもしれない、そして日本株に対して大きな買う圧力が来るかもしれません。
それを逃さないでください!
その圧力が来るとしたらEWJだと思います。それか、先物の世界です。
ただ、長期的に持つのに先物はあまり向かないと思います。経験者だったら先物を長期的に持っても良いですが、期限切れがいつもあるので僕だったらEWJとかのETFを長期積立投資に加えるべきだと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です